11/12(Tue)

今日の生放送

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方【ジャパンタイムズ特別コース】

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方〜1限目【ジャパンタイムズ特別コース】

第1回:2015年4月24日公開

60min

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方〜1限目【ジャパンタイムズ特別コース】

おためし受講する(5分)

コース概要

本クラスでは、インターナショナルに活躍したいビジネスパーソンに向けて、英語読解力を高める英字新聞の読み方を学びます。

教材は、日本の経済ニュースを発信する英字新聞『The Japan Times』。

英語を学ぶだけでなく、英語で情報を収集するためのニュースの読み方や、専門用語の解説などを通して、「英語で経済ニュースに触れる」習慣を付けられるようにしましょう。

こんな人にオススメ

英字新聞・英語ニュースを読めるようになりたい方、将来的に海外で仕事をしたい方

担当の先生

パーソナリティ

  • 鈴木 顕照

    鈴木 顕照

    スクー放送部

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

  • 青島 莉子

    青島 莉子

    スクー放送部

参加したい受講生 : 2490

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方〜1限目【ジャパンタイムズ特別コース】

2015年4月24日公開

60min.

本クラスでは、インターナショナルに活躍したいビジネスパーソンに向けて、英語読解力を高める英字新聞の読み方を学びます。教材は、日本の経済ニュースを発信する英字新聞『The Japan Times』。英語を学ぶだけでなく、英語で情報を収集するためのニュースの読み方や、専門用語の解説などを通して、「英語で経済ニュースに触れる」習慣を付けられるようにしましょう。

※第1回目の今回は、4月21日(火)発売の記事を使用する予定ですので、お手元にご用意できる方はぜひお持ちの上授業にご参加ください。授業で使用する新聞(6回分又は 定期購読/ 有料)をご希望の方は、下記のアドレスからお申し込みください。

http://jtimes.jp/schoojt

■第1回目の記事

※余裕がある方は、授業前に読んでおいてください

  As part of efforts to give its younger workers an incentive to acquire skills that will benefit their future careers at the company, Sony Corp. said Friday it will allow its junior employees to study abroad for two years.
  The stepped-up assistance for employees’ overseas study represents the centerpiece of the struggling electronics giant’s move to overhaul its personnel system for the first time in a decade.
  The new system, which came into effect this month, will allow Sony employees interested in pursuing education abroad to realize their goal, and will include partial subsidies of up to \500,000 for study-related travel.

  The initiative is technically available to all full-time employees, but it mainly targets junior staff, said Sony spokesman Haruka Kitagawa.“We hope our employees will make the best use of what they learned while studying overseas once they come back to Japan — which I think will help invigorate the entire workforce,”Kitagawa said.
  He also said the move, which essentially allows employeesto balance work and education more effectively, will hopefullyhelp participants to stay motivated, retain their loyalty to the company and raise their productivity.

  To qualify, applicants need to convince the company that they would gain from studying overseas, such as in terms of skills or qualifications that would be useful in their future careers. They won’t be eligible if their study plan is deemed unrelated to their careers, or if their motive is solely for political or religious purposes.
  The same assistance is available to employees who wish to return to study full-time in Japan. To better motivate its younger ranks, starting this month the firm has also ditched its traditional seniority-based salary system, paving the way for more promotions based on individual competence rather than age or experience.

First published in The Japan Times on April 18.

 

 

 

「英字新聞の読み方」を学び、実践で身に付ける

授業ではその他にも、ジャパンタイムズ元編集局長・岡田恵介氏が編集した「一番新しい英字新聞の読み方」を参考にしながら、毎回、英字新聞の読み方のポイントをマスターしていきます。

〜「一番新しい英字新聞の読み方」より一部抜粋〜
===============================================
「英字新聞」は「世界基準」準拠、グローバルスタンダードであり、日本の邦字紙の方がローカルスタンダードで、欧米のスタンダードからすると異質ということになるかもしれない。いわゆる「ガラパゴス」状態だ。これはどちらが正しいということではなく、日本の英字新聞の立ち位置がそうであると述べているに過ぎない。初回から理屈っぽい話になってしまったが、これは今の時代、英字新聞を読むことの意義とも深く関連している。つまり、英字新聞を活用し、英文コンテンツを読みこなすコツさえ身に付ければ、紙であれネットであれ、グローバルかつ無尽蔵に広がる英文情報に自由にアクセスできる。
===============================================

■授業アウトライン(予定)
・ウォーミングアップ
・記事を読む際のポイントチェック 
・第1パラグラフを読解
・重要単語解説
・リアルタイム音読
・記事の要約
・記事タイトルの発想
※上記は予告なく変更されれる可能性がございます


全6回の授業を通して英字新聞の読み方をマスターし、英語の情報に抵抗なく触れられるビジネスパーソンへとステップアップしましょう。

スライド資料

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方〜2限目【ジャパンタイムズ特別コース】

2015年5月8日公開

60min.

本クラスでは、インターナショナルに活躍したいビジネスパーソンに向けて、英語読解力を高める英字新聞の読み方を学びます。教材は、日本の経済ニュースを発信する英字新聞『The Japan Times』。英語を学ぶだけでなく、英語で情報を収集するためのニュースの読み方や、専門用語の解説などを通して、「英語で経済ニュースに触れる」習慣を付けられるようにしましょう。

※第2回目の今回は、4月28日(火)発売の記事を使用する予定ですので、お手元にご用意できる方はぜひお持ちの上授業にご参加ください。授業で使用する新聞(6回分又は 定期購読/ 有料)をご希望の方は、下記のアドレスからお申し込みください。

http://jtimes.jp/schoojt

■第2回目の記事

※余裕がある方は、授業前に読んでおいてください

 U.S. fast food chain Taco Bell Corp. made a much-hyped re-entry into the Japanese market on Tuesday, opening a store in Tokyo’s Shibuya Ward through Asrapport Dining Co., a Japanese operator of restaurant franchises.
 The U.S. restaurant chain, known for its Mexican-inspired menu, operated restaurants in Japan in the late 1980s but later pulled out, with the exception of outlets at U.S. military bases.

 On Tuesday morning, Taco Bell aficionados were out in force, lining up before the doors opened. At 10 a.m., as bells rang, an English-speaking staffer and the mascot, named Taco Man, led customers in one by one.
 The chain’s foray into Japan comes at a time when a handful of U.S. dining chains, including Carl’s Jr. and Shake Shack, are planning to enter the Japanese market, aiming to attract not just domestic customers but also increasing numbers of foreign visitors ahead of the 2020 Tokyo Olympics.

 Melissa Lora, president of Taco Bell International, is optimistic that the firm’s second crack at the nation’s ¥24 trillion restaurant market will succeed, stressing the market environment is better than in the late 1980s.
 “The world has changed,” Lora said. “Back then, no one took pictures of the food. With social media and all the focus on new, interesting foods that are in the world today, we feel now is the perfect time to come into Japan.”
 Unfortunately, prices will also be Japanese-style: Most dishes cost ¥500 or ¥600, with the cheapest taco on the menu — a beef crunchy taco — priced at ¥270.

 Asrapport Dining official Mike Morizumi said the higher prices were inevitable due to the yen’s rapid depreciation over the past two years and because the restaurant chain sees little benefit from economies of scale in Japan at the moment, with just one location. The firm aims to open 15 outlets nationwide within five years, he said.

 Some customers said the prices might be too stiff.
“Taco Bell in America is famous for cheap tacos,” a customer said. “If they cost ¥200 or ¥300, it would be (the same as) a regular restaurant.”

First published in The Japan Times on April 22.

 

「英字新聞の読み方」を学び、実践で身に付ける

授業ではその他にも、ジャパンタイムズ元編集局長・岡田恵介氏が編集した「一番新しい英字新聞の読み方」を参考にしながら、毎回、英字新聞の読み方のポイントをマスターしていきます。

〜「一番新しい英字新聞の読み方」より一部抜粋〜
===============================================
「英字新聞」は「世界基準」準拠、グローバルスタンダードであり、日本の邦字紙の方がローカルスタンダードで、欧米のスタンダードからすると異質ということになるかもしれない。いわゆる「ガラパゴス」状態だ。これはどちらが正しいということではなく、日本の英字新聞の立ち位置がそうであると述べているに過ぎない。初回から理屈っぽい話になってしまったが、これは今の時代、英字新聞を読むことの意義とも深く関連している。つまり、英字新聞を活用し、英文コンテンツを読みこなすコツさえ身に付ければ、紙であれネットであれ、グローバルかつ無尽蔵に広がる英文情報に自由にアクセスできる。
===============================================

■授業アウトライン(予定)
・ウォーミングアップ
・記事を読む際のポイントチェック 
・第1パラグラフを読解
・重要単語解説
・リアルタイム音読
・記事の要約
・記事タイトルの発想
※上記は予告なく変更されれる可能性がございます


全6回の授業を通して英字新聞の読み方をマスターし、英語の情報に抵抗なく触れられるビジネスパーソンへとステップアップしましょう。

スライド資料

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方〜3限目【ジャパンタイムズ特別コース】

2015年5月22日公開

60min.

本クラスでは、インターナショナルに活躍したいビジネスパーソンに向けて、英語読解力を高める英字新聞の読み方を学びます。教材は、日本の経済ニュースを発信する英字新聞『The Japan Times』。英語を学ぶだけでなく、英語で情報を収集するためのニュースの読み方や、専門用語の解説などを通して、「英語で経済ニュースに触れる」習慣を付けられるようにしましょう。

※第3回目の今回は、5月26日(火)発売予定の記事を使用する予定ですので、以下より記事内容をご確認ください。授業で使用する新聞(6回分又は 定期購読/ 有料)をご希望の方は、下記のアドレスからお申し込みください。

http://jtimes.jp/schoojt

■第3回目の記事

※余裕がある方は、授業前に読んでおいてください

 As the city of Osaka prepares for Sunday’s unprecedented referendum on the merger plan being championed by Osaka Mayor Toru Hashimoto, most media polls show those opposed to the plan.

The referendum asks voters if they want to  merge the current 24 districts, all of which have representatives in the city assembly. The merger would create five semiautonomous wards, each with its own elected head and assembly.

Hashimoto calls it the only way the city and Osaka Prefecture can eliminate redundant projects, improve efficiency, and spur the city’s economic growth.

 Hashimoto and his local party, Osaka Ishin no Kai, also expect the new wards to be able to compete more efficiently with Tokyo, especially in luring new businesses. They believe the new system will mean increased local democracy.

But Hashimoto’s message has been greeted with confusion, skepticism or both.

Asked about what would happen if, after the merger, the prefecture wants to create a casino resort in one of the wards and the assembly says no, Hashimoto suggested the prefecture could overrule the ward.

 A merger also creates questions about who pays for current and future transportation infrastructure projects. Hashimoto and the pro-merger camp want, essentially, to spread the costs around, especially since many of the projects funded by the city benefit residents who live outside of it.

A poll by the Mainichi Broadcasting System showed opposition to be particularly strong among women. This reflects concern over how social welfare services for children and the elderly would be affected. Those living in less-affluent areas are worried services might decline from a lack of funding from the current city as a whole.

Tokyo is watching events carefully.

First published in The Japan Times on May 16.

「英字新聞の読み方」を学び、実践で身に付ける

授業ではその他にも、ジャパンタイムズ元編集局長・岡田恵介氏が編集した「一番新しい英字新聞の読み方」を参考にしながら、毎回、英字新聞の読み方のポイントをマスターしていきます。

〜「一番新しい英字新聞の読み方」より一部抜粋〜

===============================================
「英字新聞」は「世界基準」準拠、グローバルスタンダードであり、日本の邦字紙の方がローカルスタンダードで、欧米のスタンダードからすると異質ということになるかもしれない。いわゆる「ガラパゴス」状態だ。これはどちらが正しいということではなく、日本の英字新聞の立ち位置がそうであると述べているに過ぎない。初回から理屈っぽい話になってしまったが、これは今の時代、英字新聞を読むことの意義とも深く関連している。つまり、英字新聞を活用し、英文コンテンツを読みこなすコツさえ身に付ければ、紙であれネットであれ、グローバルかつ無尽蔵に広がる英文情報に自由にアクセスできる。
===============================================

■授業アウトライン(予定)
・ウォーミングアップ
・記事を読む際のポイントチェック 
・第1パラグラフを読解
・重要単語解説
・リアルタイム音読
・記事の要約
・記事タイトルの発想
※上記は予告なく変更されれる可能性がございます

全6回の授業を通して英字新聞の読み方をマスターし、英語の情報に抵抗なく触れられるビジネスパーソンへとステップアップしましょう。

スライド資料

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方〜4限目【ジャパンタイムズ特別コース】

2015年6月5日公開

60min.

本クラスでは、インターナショナルに活躍したいビジネスパーソンに向けて、英語読解力を高める英字新聞の読み方を学びます。教材は、日本の経済ニュースを発信する英字新聞『The Japan Times』。英語を学ぶだけでなく、英語で情報を収集するためのニュースの読み方や、専門用語の解説などを通して、「英語で経済ニュースに触れる」習慣を付けられるようにしましょう。

※第3回目の今回は、5月26日(火)発売予定の記事を使用する予定ですので、以下より記事内容をご確認ください。授業で使用する新聞(6回分又は 定期購読/ 有料)をご希望の方は、下記のアドレスからお申し込みください。

http://jtimes.jp/schoojt

■第3回目の記事

※余裕がある方は、授業前に読んでおいてください

 Despite a spate of headlines showing drone users to be reckless attention-seekers or outright dangerous, the industry believes the sky is the limit for demand for unmanned copters.

Representatives attending Japan’s first major industry exhibition said they expect the market for unmanned multirotor aerial vehicles to soar in years ahead.

Participants at the International Drone Expo at Makuhari Messe, also said proper regulations are needed for both the industry and users. They welcome the fact that the government is now trying to develop rules for drone use.

“I understand that there is some criticism, but drones will be more widely used without a doubt.” said Masaya Kikuchi, an engineer with Chuo Electronics Co.

 The Tokyo-based company makes systems that enable drones to fly without human control.

He predicts that the market will develop around businesses rather than consumers. For example, construction companies can use drones to examine the condition of bridges in instances where it would be difficult for a human to reach, and security firms can operate them for surveillance.

The fact that drones have made media headlines recently might have stirred interest.

An unmanned quadcopter carrying a radioactive payload was found on the roof of Prime Minister Shinzo Abe’s office on April 22.

 Other incidents include flying a drone by mistake into the grounds of the British Embassy in April, and another flown by a 15-year-old boy falling at Zenkoji Temple in Nagano.

The radioactive drone case prompted the government to set about drafting rules. It is reportedly considering requiring people to register their names and addresses when purchasing one. It also plans to ban overflights at facilities such as the prime minister’s office, the Imperial Palace and the Diet.

Currently, people are basically free to fly drones anywhere at altitudes below 250 meters, except near airports and some parks.

 First published in The Japan Times on May 21.

「英字新聞の読み方」を学び、実践で身に付ける

授業ではその他にも、ジャパンタイムズ元編集局長・岡田恵介氏が編集した「一番新しい英字新聞の読み方」を参考にしながら、毎回、英字新聞の読み方のポイントをマスターしていきます。

〜「一番新しい英字新聞の読み方」より一部抜粋〜
===============================================
「英字新聞」は「世界基準」準拠、グローバルスタンダードであり、日本の邦字紙の方がローカルスタンダードで、欧米のスタンダードからすると異質ということになるかもしれない。いわゆる「ガラパゴス」状態だ。これはどちらが正しいということではなく、日本の英字新聞の立ち位置がそうであると述べているに過ぎない。初回から理屈っぽい話になってしまったが、これは今の時代、英字新聞を読むことの意義とも深く関連している。つまり、英字新聞を活用し、英文コンテンツを読みこなすコツさえ身に付ければ、紙であれネットであれ、グローバルかつ無尽蔵に広がる英文情報に自由にアクセスできる。
===============================================

全6回の授業を通して英字新聞の読み方をマスターし、英語の情報に抵抗なく触れられるビジネスパーソンへとステップアップしましょう。

スライド資料

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方〜5限目【ジャパンタイムズ特別コース】

2015年6月19日公開

60min.

本クラスでは、インターナショナルに活躍したいビジネスパーソンに向けて、英語読解力を高める英字新聞の読み方を学びます。教材は、日本の経済ニュースを発信する英字新聞『The Japan Times』。英語を学ぶだけでなく、英語で情報を収集するためのニュースの読み方や、専門用語の解説などを通して、「英語で経済ニュースに触れる」習慣を付けられるようにしましょう。

※第5回目の今回は、6月16日(火)発売の記事を使用する予定ですので、お手元にご用意できる方はぜひお持ちの上授業にご参加ください。また、今回よりジャパンタイムズデジタル版にて授業に使用する記事を閲覧できるようになりましたので、以下URLよりデジタル版をご購読いただき閲覧してみてください。

http://jtimes.jp/schoojtdl

 

■第5回目の記事

※余裕がある方は、授業前に読んでおいてください

 For high school student Aine Suzuki, the Lower House’s move on Thursday to pass legislation that would reduce the voting age to 18 from the current 20 was akin to a dream come true.
“I hope the lowered voting age will encourage more young people to pay attention to politics and make efforts to get their messages across,” said Suzuki.
The move to lower the voting age ‐ the first in 70 years ‐ gives an estimated 2.4 million people aged 18 and 19 suffrage at both the national and municipal level. They will get their first chance to vote next summer, when an Upper House election is slated to take place.

 In a nation where the voices of the elderly tend to be prioritized by politicians over those of young voters, politically active students like Suzuki herald an opportunity to empower youths in society. 
But not everyone who may benefit is thrilled about the move, as found in a poll of passers-by on the streets of Tokyo’s pop-culture mecca in Shibuya.
Tensei Takashima, a 17-year-old high school student, said he was taken aback, saying the move to lower the voting age was too abrupt. To him, it does not seem real that he will be able to vote next year.

 

 Political apathy among youths is nothing new in Japan. Turnout among voters in their 20s for a Lower House election in December, for example, hit a record-low 32.58 percent, the lowest among all age groups, an internal affairs ministry survey shows.
In order to break the status quo, Daisuke Hayashi, an assistant professor at Toyo University who specializes in citizenship education studies, said the impending drop in the voting  age points to the greater need to overhaul social issues education in school, which prioritizes book-learning and memorization of facts

 First published in The Japan Times on June 5.

「英字新聞の読み方」を学び、実践で身に付ける

授業ではその他にも、ジャパンタイムズ元編集局長・岡田恵介氏が編集した「一番新しい英字新聞の読み方」を参考にしながら、毎回、英字新聞の読み方のポイントをマスターしていきます。

〜「一番新しい英字新聞の読み方」より一部抜粋〜
===============================================
「英字新聞」は「世界基準」準拠、グローバルスタンダードであり、日本の邦字紙の方がローカルスタンダードで、欧米のスタンダードからすると異質ということになるかもしれない。いわゆる「ガラパゴス」状態だ。これはどちらが正しいということではなく、日本の英字新聞の立ち位置がそうであると述べているに過ぎない。初回から理屈っぽい話になってしまったが、これは今の時代、英字新聞を読むことの意義とも深く関連している。つまり、英字新聞を活用し、英文コンテンツを読みこなすコツさえ身に付ければ、紙であれネットであれ、グローバルかつ無尽蔵に広がる英文情報に自由にアクセスできる。
===============================================

全6回の授業を通して英字新聞の読み方をマスターし、英語の情報に抵抗なく触れられるビジネスパーソンへとステップアップしましょう。

ジャパンタイムズ・オンライン(デジタル版)に掲載開始

ジャパンタイムズ特別コースで取り上げてきた「朝英語の会」の記事が、デジタル版でも掲載されることになりました。デジタル版には、紙面と同様に「記事に対する質問項目」「重要単語」「日本語要約文」を掲載。各授業詳細ページに掲載している英文記事の第1パラグラフをコピーペーストして入力・検索をしていただければ閲覧が可能です。

料金プラン: ライトプラン(1ヶ月/900円)
記事閲覧本数: 50本まで/月
申し込み方法: 下記アドレスより申し込み可能(英語画面からJapanese/ 日本語ページを選択)
支払い方法: クレジット払い

▼デジタル版お申し込み▼
http://jtimes.jp/schoojtdl

スライド資料

英語の読解力を高める英字新聞・ニュースの読み方〜6限目【ジャパンタイムズ特別コース】

2015年7月3日公開

60min.

本クラスでは、インターナショナルに活躍したいビジネスパーソンに向けて、英語読解力を高める英字新聞の読み方を学びます。教材は、日本の経済ニュースを発信する英字新聞『The Japan Times』。英語を学ぶだけでなく、英語で情報を収集するためのニュースの読み方や、専門用語の解説などを通して、「英語で経済ニュースに触れる」習慣を付けられるようにしましょう。

※第6回目の今回は、6月30日(火)発売の記事を使用する予定ですので、お手元にご用意できる方はぜひお持ちの上授業にご参加ください。また、今回よりジャパンタイムズデジタル版にて授業に使用する記事を閲覧できるようになりましたので、以下URLよりデジタル版をご購読いただき閲覧してみてください。

http://jtimes.jp/schoojtdl

 

■第6回目の記事

※余裕がある方は、授業前に読んでおいてください

 All households in Japan that possess a TV set are legally obliged to pay subscription fees to NHK regardless of whether they watch the public broadcaster’s programs. An engineering professor at Tsukuba University is now challenging that, with a device that filters out NHK’s broadcast signal.

Around 130 of the devices have been sold so far, mostly through online retailers, according to Hideki Kakeya, an associate professor of systems engineering at Tsukuba University in Ibaraki Prefecture. 

 The device filters out NHK signals only, thereby giving users the option of legally refusing to pay the subscription fee, he said. The filter for terrestrial broadcasting, which measures 7.5 cm by 2.1 cm, costs ¥7,965, while one designed for BS programs, 6 cm by 2.1 cm, costs ¥7,587.

Article 64 of the Broadcast Law stipulates that “a person who has installed equipment capable of receiving NHK broadcasts is mandated to reach a subscription contract (with NHK),” giving the broadcaster a legal basis for charging the monthly fees of ¥1,225 for terrestrial broadcasting programs and ¥2,170 for BS programs.

 NHK said in a written statement to The Japan Times that the broadcaster is aware of Kakeya’s filter,      but people using it are still mandated to pay subscription fees.

“The Ministry of Internal Affairs and Communications has said that TV sets that have been altered so as not to receive NHK signals will be subject to  contracts (with NHK) if they can be restored to the original state,” NHK said. “TV sets that have their antennas removed and have temporarily lost access to NHK broadcasts also need to have a contract, because access will return if the antennas are re-connected. Therefore, it’s our position that (people using) an antenna that is capable of cutting NHK signals need to subscribe.”

 First published in The Japan Times on June 15.

「英字新聞の読み方」を学び、実践で身に付ける

授業ではその他にも、ジャパンタイムズ元編集局長・岡田恵介氏が編集した「一番新しい英字新聞の読み方」を参考にしながら、毎回、英字新聞の読み方のポイントをマスターしていきます。

〜「一番新しい英字新聞の読み方」より一部抜粋〜
===============================================
「英字新聞」は「世界基準」準拠、グローバルスタンダードであり、日本の邦字紙の方がローカルスタンダードで、欧米のスタンダードからすると異質ということになるかもしれない。いわゆる「ガラパゴス」状態だ。これはどちらが正しいということではなく、日本の英字新聞の立ち位置がそうであると述べているに過ぎない。初回から理屈っぽい話になってしまったが、これは今の時代、英字新聞を読むことの意義とも深く関連している。つまり、英字新聞を活用し、英文コンテンツを読みこなすコツさえ身に付ければ、紙であれネットであれ、グローバルかつ無尽蔵に広がる英文情報に自由にアクセスできる。
===============================================

全6回の授業を通して英字新聞の読み方をマスターし、英語の情報に抵抗なく触れられるビジネスパーソンへとステップアップしましょう。

ジャパンタイムズ・オンライン(デジタル版)に掲載開始

ジャパンタイムズ特別コースで取り上げてきた「朝英語の会」の記事が、デジタル版でも掲載されることになりました。デジタル版には、紙面と同様に「記事に対する質問項目」「重要単語」「日本語要約文」を掲載。各授業詳細ページに掲載している英文記事の第1パラグラフをコピーペーストして入力・検索をしていただければ閲覧が可能です。

料金プラン: ライトプラン(1ヶ月/900円)
記事閲覧本数: 50本まで/月
申し込み方法: 下記アドレスより申し込み可能(英語画面からJapanese/ 日本語ページを選択)
支払い方法: クレジット払い

▼デジタル版お申し込み▼
http://jtimes.jp/schoojtdl

スライド資料

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ