9/20(Thu)

今日の生放送

まやま じん

真山 仁

小説家

1962年大阪府生まれ。小説家。新聞記者、フリーライターを経て、2004年『ハゲタカ』でデビュー。2007年に『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』を原作とするNHK土曜ドラマが放映され話題になる。最新作は、リーマンショック前後の金融業界を舞台に人間の〝強欲〟を描いた、「ハゲタカ」シリーズ第四弾となる『グリード』(2013年10月29日刊、講談社)。その他の著書に、『ベイジン』『プライド』『コラプティオ』『黙示』など。

真山 仁

登壇している授業のカテゴリ

担当のコース

その正しさに根拠はあるだろうか――。 日々の生活の中で、そんな風に感じたことはありませんか。特に「東日本大震災」以降、私たちは何が正しくて、何が間違いなのかに迷い始めています。 今回は、このところ何かと話題の“農業”を取り上げます。TPPから食の安全、そして、私たちが未来に備える覚悟など。小説の取材と執筆の過程で鮮明になってきた“正しさ”の意味と含めてお話しできればと思います。

小説家、真山仁が国際金融小説『グリード』を書く際に思考したプロセスを、ディスカッションを通じて、受講者と追体験していきたいと考えております。 学べること、金融のみならず、今なお世界の未来を大きく左右しているにもかかわらず、専門家ですら正しく理解している人が少ないリーマンショックの本質を、分かりやすく解説します。さらに、小説のテーマでもある「お金は人を幸せにするのか」について受講生と一緒に考えていきたいと思います。

担当の授業一覧 全2授業