真山 仁
まやま じん

真山 仁

小説家

1962年大阪府生まれ。小説家。新聞記者、フリーライターを経て、2004年『ハゲタカ』でデビュー。2007年に『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』を原作とするNHK土曜ドラマが放映され話題になる。最新作は、リーマンショック前後の金融業界を舞台に人間の〝強欲〟を描いた、「ハゲタカ」シリーズ第四弾となる『グリード』(2013年10月29日刊、講談社)。その他の著書に、『ベイジン』『プライド』『コラプティオ』『黙示』など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加