9/25(Tue)

今日の生放送

ささき だいすけ

佐々木 大輔

freee株式会社 代表取締役

一橋大学商学部卒。博報堂、CLSAキャピタルパートナーズ、ALBERT(CFO兼レコメンドエンジン開発責任者)を経てGoogleにてアジア・パシフィック地域の中小企業向けマーケティングチームを統括。2012年7月freee株式会社設立。

佐々木 大輔

登壇している授業のカテゴリ

担当のコース

対象:企業検討中の方、企業間もない方 目的:シード/シリーズA ラウンドの資金調達を終えるまでに freee が直面した課題や学びをシェア freee は 2012年7月に創業。僕のマンションの居間で、2人でコーディングに没頭しベータ版をつくりあげました。 その後、2013年3月にようやく全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」を本格リリースし、2014年1月現在で 25,000 を超える事業所が既に登録をしているサービスに成長しました。 この間、freee は 3億円以上の資金調達を行いましたが、プロダクトのマイルストーンと、ファイナンスのマイルストーンをあわせると大きく5つくらいのフェーズがあるので、これらそれぞれのフェーズでの課題や学びを共有します。 ・2012.7 創業にいたるまで ・2012.11 ベータテスト開始までの開発の苦悩 ・2012.12 シードラウンド 5,000万円を調達 ・2013.3 リリースに向けた課題 ・2013.7 リリースからシリーズAで2億7,000万円調達までの成長カーブ 開発に際しては、僕自身もコーディングをしてきたので、Webサービスの開発においての課題などについても話していきます。 最後に、今後目指していくところをシェアしします。

全ての産業にインターネットが溶け込む未来。 私達の周りでは、誰もが考えるより早く進化が起こり、新しい技術が生まれています。 長い歴史をもつ産業も、決して例外ではありません。 インターネットは、巨大産業に何を生み出そうとしているのか。 それは、人の生活をどのように変えていくのか。 私達は、どんな準備と覚悟を持つべきなのか。 巨大産業をインターネットで変えるべく奮闘する“トップランナー”に、モデレータとしてGLOBIS CAPITAL PARTNERSの高宮慎一が迫ります。

人生100年時代が来るらしい。 大人もずっと学び続けないといけないらしい。 でも、何を学べば、自分の努力は無駄にならないのだろう?   学び続けることで自分らしい生き方を切り開く20人に、 スクーアナウンサー中田有香と受講生が直接問う30分の授業です。 主体的に学ぶことの大切さ、 経験を元にした学ぶべきこと、 学びが明るい未来をつくりだすことを知る。 そして、スクーの双方向システムを活用することで“対話”が生む “ここだけの納得”を一緒に作り出していきましょう。   ■今回のゲスト freee株式会社 代表取締役 佐々木大輔 氏 一橋大学商学部卒。博報堂、CLSAキャピタルパートナーズ、ALBERT(CFO兼レコメンドエンジン開発責任者)を経てGoogleにてアジア・パシフィック地域の中小企業向けマーケティングチームを統括。2012年7月freee株式会社設立。   ■中小企業庁が提供する学習サービス「ビジログ」 なにまなをご覧いただき、さらに深い学習をしたい方は、ビジログで社会人基礎力や専門知識を身につけていきましょう。   ビジログ(https://busilog.go.jp)とは... 中小企業で働く方々が、将来、社内の中核的な人材に成長できるよう育成するため、社会人基礎力や「人手不足解消術」「生産性向上術」を始めとした専門知識などのカリキュラムを、いつでも、どこでも学ぶことができ、かつ学習履歴や成果を可視化できる人材育成のプラットフォームです。   ※「なにまな」は中小企業庁とのタイアップ番組です

担当の授業一覧 全3授業

freeeから学ぶ、シリーズAを調達するまでの5つのフェーズ

第1回 freeeから学ぶ、シリーズAを調達するまでの5つのフェーズ(60分)

2014年2月4日放送

対象:企業検討中の方、企業間もない方 目的:シード/シリーズA ラウンドの資金調達を終えるまでに freee が直面した課題や学びをシェア freee は 2012年7月に創業。僕のマンションの居間で、2人でコーディングに没頭しベータ版をつくりあげました。 その後、2013年3月にようやく全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」を本格リリースし、2014年1月現在で 25,000 を超える事業所が既に登録をしているサービスに成長しました。 この間、freee は 3億円以上の資金調達を行いましたが、プロダクトのマイルストーンと、ファイナンスのマイルストーンをあわせると大きく5つくらいのフェーズがあるので、これらそれぞれのフェーズでの課題や学びを共有します。 ・2012.7 創業にいたるまで ・2012.11 ベータテスト開始までの開発の苦悩 ・2012.12 シードラウンド 5,000万円を調達 ・2013.3 リリースに向けた課題 ・2013.7 リリースからシリーズAで2億7,000万円調達までの成長カーブ 開発に際しては、僕自身もコーディングをしてきたので、Webサービスの開発においての課題などについても話していきます。 最後に、今後目指していくところをシェアしします。