9/18(Wed)

今日の生放送

つねおか こうすけ

常岡浩介

フリー記者

1969年長崎県生まれ48歳。早大卒。NBC長崎放送の報道記者を経て98年からフリー。タリバン、イスラム国など武装組織の幹部や、ロシアの元諜報機関幹部のリトビネンコ氏といった反体制派を取材する姿勢から、各国の体制側に危険視、敵視され、ロシア、アフガニスタンなどで現地諜報機関や政府系組織に拉致、誘拐された経験がある。 著書に「ロシア 語られない戦争 チェチェンゲリラ従軍記(KADOKAWA 2008年)」、イスラム国に三度入って取材した「イスラム国とは何か(旬報社 2015年)」や、アフガニスタンで拘束され5ヶ月間人質生活を送った体験をマンガ化した「常岡さん、人質になる。(KADOKAWA 2011年)」も。

常岡浩介

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

私たちが知らないことが世界では起きているーー 日本という国に住む私たちがメディアで見聞きするものは世界で起きていることの氷山の一角でしかありません。日々、消費されるようにサラリと消えていくニュースの裏側には、歴史・宗教・人間模様が複雑に入り組んでいます。 本授業は、メディアでは深く取り上げきれない“世界の片隅”で起きた・起きていることの細部にフォーカスします。レギュラーモデレーターとして、フリー記者・常岡浩介先生をお招きし、戦場を駆ける方々の身を挺した体験を語っていただきます。 今回は、常岡先生ご自身の強烈な体験をもとに、戦争について、ジャーナリズムについて語っていただきます。日本では知ることのできない“世界の今”を学んでいきましょう。

担当の授業一覧 全4授業