1/29(Sun)

今日の生放送

とくがわ じろうざぶろう みなもとのあそん いえやす

徳川 次郎三郎 源朝臣 家康

江戸幕府 初代征夷大将軍 (名古屋おもてなし武将隊)

過去に築いた260年の平和な世は、人類最長記録。 現世にてギネス記録やノーベル平和賞の受賞報告がそろそろ参っても良き頃であろう。 蘇りはや12年目。伴天連語(英語)堪能。 語る歴史学(特に戦国史)や、平和学に定評あり。 NYコロンビア大学での語り『Patience/泰平の世のつくりかた』、 愛知淑徳大学での英語授業『紐育より持ち帰りし宝』、 小・中・高校にて自分のことを語る『徳川家康の歴史講座』等。 趣味は健康管理、平和維持。好きな食べ物は天ぷら、味噌など。

徳川 次郎三郎 源朝臣 家康

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

この世の平和から好きな食べ物まで、自由に質問せよ 本授業は、四百年の時を越えて現代日本に蘇った徳川家康公が、みなさんの質問にお答えになる生放送です。加えて授業の冒頭では、殿ご本人の口からご自身の生涯と教訓に関する講義もありますので、歴史が苦手なアナタも安心してご受講ください。   ■最近の家康公 普段は「名古屋おもてなし武将隊」として名古屋市を盛り上げるべく、日々奔走なさっている家康公ですが、今回は電子網状の学び舎であるSchooから講義いただきます。 また最近の殿は、英語が堪能でいらっしゃることからNYコロンビア大学で、平和に関するプレゼンテーションをされたり、小・中・高校にてご自身の生涯を語る講義をなさっていたりと、授業もお手の物でいらっしゃいます。 この世の平和から好きな食べ物まで、気になることをどんどん質問してみましょう。現代で生きる私たちが普段気付くことのできない、新しい視点を得られるはずです。   ■登壇する将軍 徳川 次郎三郎 源朝臣 家康 江戸幕府 初代征夷大将軍 (名古屋おもてなし武将隊) 過去に築いた260年の平和な世は、人類最長記録。 現世にてギネス記録やノーベル平和賞の受賞報告がそろそろ参っても良き頃であろう。 蘇りはや9年目。伴天連語(英語)堪能。 語る歴史学(特に戦国史)や、平和学に定評あり。 NYコロンビア大学での語り『Patience/泰平の世のつくりかた』、 愛知淑徳大学での英語授業『紐育より持ち帰りし宝』、 小・中・高校にて自分のことを語る『徳川家康の歴史講座』等。 趣味は健康管理、平和維持。好きな食べ物は天ぷら、味噌など。

この授業は... 天下統一を果たした徳川家康と一緒に、現代の覇権を握る企業について学ぶ生放送です。   去る四百年前、江戸幕府 初代征夷大将軍として多くの家臣に囲まれ、先端知識の中心点だった徳川家康。 時を越えて現代日本に蘇りし今、電子網の力で世界中の知恵を結集し、集合知を武器に理想の世を創らんと野望を果たします。   授業内容 世界の覇権を握る企業 / 地域をテーマに設定し、家康公が思う「共有するに値する知」に切り込みます。大事なことは、その後あなた達の行動です。知をいかように捉え、そして応用するかが今回の目的です。 本放送は、家康公が江戸幕府統治時代に培った知識と経験の観点から、名だたる企業 / 創業者の成功の本質を紐解いていきます。 もちろん家康公は現世に蘇って10年ですので、未だ理解できない現代社会の現象もあります。そこで家臣である皆様の知見をタイムラインに投稿し、知を共有して下さい。家康公と家臣が一体となって、未来の選択に活きる集合知を創り上げましょう。   開講予定 第1回:GAFA (Google / Amazon / Facebook / Apple) 第2回:Softbank 第3回:BATH (Baidu / Alibaba / Tencent / Huawei) 第4回:SpaceX / Tesla 第5回:シリコンバレー / 深セン 第6回:Microsoft   学べること ・扱う企業 / 創業者 / 地域にまつわる歴史 / エピソード ・テーマに関連して家康公が持つ歴史的知見 ・現代企業と戦国時代の共通点   登壇する将軍 徳川 次郎三郎 源朝臣 家康 江戸幕府 初代征夷大将軍 (名古屋おもてなし武将隊) 過去に築いた260年の平和な世は、人類最長記録。 現世にてギネス記録やノーベル平和賞の受賞報告がそろそろ参っても良き頃であろう。 蘇りはや9年目。伴天連語(英語)堪能。 語る歴史学(特に戦国史)や、平和学に定評あり。 NYコロンビア大学での語り『Patience/泰平の世のつくりかた』、 愛知淑徳大学での英語授業『紐育より持ち帰りし宝』、 小・中・高校にて自分のことを語る『徳川家康の歴史講座』等。 趣味は健康管理、平和維持。好きな食べ物は天ぷら、味噌など。

本番組は、トップランナーたちの学習ログを集めながら「ちょっと未来の社会人は何を学んでいそう?」かを予測する生放送研究番組です。 そこで毎回さまざまなトップランナーをゲストにお招きし、その人の学習ログを過去から未来に至るまで引き出していきます。インタビュアーは受講生のみなさんです。受講生みんなでゲストに生放送で根掘り葉掘りインタビューすることで、未来の人類が学ぶべきことを予測しましょう。     研究対象 徳川 次郎三郎 源朝臣 家康丨江戸幕府 初代征夷大将軍 (名古屋おもてなし武将隊) 過去に築いた260年の平和な世は、人類最長記録。 現世にてギネス記録やノーベル平和賞の受賞報告がそろそろ参っても良き頃であろう。 蘇りはや12年目。伴天連語(英語)堪能。 語る歴史学(特に戦国史)や、平和学に定評あり。 NYコロンビア大学での語り『Patience/泰平の世のつくりかた』、 愛知淑徳大学での英語授業『紐育より持ち帰りし宝』、 小・中・高校にて自分のことを語る『徳川家康の歴史講座』等。 趣味は健康管理、平和維持。好きな食べ物は天ぷら、味噌など。 名古屋おもてなし武将隊のYouTubeはこちら!   研究内容 今回の研究対象は、400年前より現世に蘇った徳川家康公です。家臣とともに学び、戦から学び、知を重んじた家康公は、現世で何を学んでいるのでしょうか。 家康公は事前の軍議にて、「この世には逆算できることと、できぬことがある」そして「どうなるかということを予測することはできぬが、思い描くように未来は作れる」と仰っていました。本放送では、過去の歴史から最新のテクノロジーやハイプ・サイクルの理論まで、時を越えた議論を予定しております。 400年前と現世、時の進み方が異なる時代を生きた唯一の存在とも言える殿の学びを研究することで、この不確実な時代においても、自分が未来に向けて何を学ぶべきか考えましょう。本番組は、受講生のみなさまからの質問ありきで進行致します。今宵は無礼講、何なりと質問してみてください。   研究ラインナップ     ちょっと未来の社会人は「社会とIT」を学んでいそう ∟ 研究対象:小川 貴史丨(株)秤 代表取締役社長 未来の社会人は、多様性のある社会で働くためにコミュ力を鍛えてそう ∟ 研究対象:シオリーヌ丨助産師/性教育YouTube 予測なぞできぬ、今宵はおぬしらと未来を描きたいのじゃ ∟ 研究対象:徳川 家康丨江戸幕府 初代征夷大将軍 (名古屋おもてなし武将隊) ちょっと未来の社会人は今と変わらず怠けてる ∟ 研究対象:原宿丨オモコロ 編集長

ものが生まれるプロセスから、創造の手法を学ぶ これからは誰もが新しい価値づくりに携わる時代です。新しい会社を立ち上げたり、サービスや商品をつくったり、お客様への提供方法や社内のやりかたを発明したり、ありとあらゆるところに創造性が求められます。世の中や社内に正解がない何かをつくるとき、何から始めたらいいのでしょうか。そこで本番組は、ものが生まれたプロセスを通じて、創造の手法について学びます。     「名古屋おもてなし武将隊®」について 2009年(平成21年)11月3日、名古屋市の観光PR隊として6人の武将、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、前田利家、加藤清正、前田慶次と4人の陣笠が戦国の世から現世に甦った。その名も、「名古屋おもてなし武将隊®」。名古屋を世界一の観光都市にするために、日々の「おもてなし」からイベント、メディア出演まで、東奔西走、世界中を駆け巡っている。(公式サイト「名古屋おもてなし武将隊®の軌跡」より引用)     徳川家康が語る、経済効果210億円の観光PR隊はどのようにして生まれたのか 2009年創設時より、名古屋おもてなし武将隊®の一員である家康公にお越しいただき、創設の背景から経済波及効果210億円(※1)を生むに至った本質についてお話いただきます。およそ200万人(※2)の観光客数を呼び込むなど、大きな効果を生み出した武将隊の一員として家康公が現世で何を見聞きし、考え、行動していったのか、創造の手法に迫ります。 ※1)2009年~2019年「名古屋おもてなし武将隊」経済波及効果。(三菱UFJリサーチ&コンサルティング調べ) ※2)「名古屋おもてなし武将隊」の活動によって増加した名古屋の観光客数。(2009年~2018年度/三菱UFJリサーチ&コンサルティング調べ)     担当する将軍 徳川 次郎三郎 源朝臣 家康丨江戸幕府 初代征夷大将軍 (名古屋おもてなし武将隊) 過去に築いた260年の平和な世は、人類最長記録。 現世にてギネス記録やノーベル平和賞の受賞報告がそろそろ参っても良き頃であろう。 蘇りはや12年目。伴天連語(英語)堪能。 語る歴史学(特に戦国史)や、平和学に定評あり。 NYコロンビア大学での語り『Patience/泰平の世のつくりかた』、 愛知淑徳大学での英語授業『紐育より持ち帰りし宝』、 小・中・高校にて自分のことを語る『徳川家康の歴史講座』等。 趣味は健康管理、平和維持。好きな食べ物は天ぷら、味噌など。 名古屋おもてなし武将隊のYouTubeはこちら!

担当の授業一覧 全14授業

徳川家康が語る、経済効果210億円の観光PR隊はどのようにして生まれたのか

第1回 徳川家康が語る、経済効果210億円の観光PR隊はどのようにして生まれたのか(60分)

2021年9月28日放送

「名古屋おもてなし武将隊®」について 2009年(平成21年)11月3日、名古屋市の観光PR隊として6人の武将、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、前田利家、加藤清正、前田慶次と4人の陣笠が戦国の世から現世に甦った。その名も、「名古屋おもてなし武将隊®」。名古屋を世界一の観光都市にするために、日々の「おもてなし」からイベント、メディア出演まで、東奔西走、世界中を駆け巡っている。(公式サイト「名古屋おもてなし武将隊®の軌跡」より引用)     徳川家康が語る、経済効果210億円の観光PR隊はどのようにして生まれたのか 2009年創設時より、名古屋おもてなし武将隊®の一員である家康公にお越しいただき、創設の背景から経済波及効果210億円(※1)を生むに至った本質についてお話いただきます。およそ200万人(※2)の観光客数を呼び込むなど、大きな効果を生み出した武将隊の一員として家康公が現世で何を見聞きし、考え、行動していったのか、創造の手法に迫ります。 ※1)2009年~2019年「名古屋おもてなし武将隊」経済波及効果。(三菱UFJリサーチ&コンサルティング調べ) ※2)「名古屋おもてなし武将隊」の活動によって増加した名古屋の観光客数。(2009年~2018年度/三菱UFJリサーチ&コンサルティング調べ)     担当する将軍 徳川 次郎三郎 源朝臣 家康丨江戸幕府 初代征夷大将軍 (名古屋おもてなし武将隊) 過去に築いた260年の平和な世は、人類最長記録。 現世にてギネス記録やノーベル平和賞の受賞報告がそろそろ参っても良き頃であろう。 蘇りはや12年目。伴天連語(英語)堪能。 語る歴史学(特に戦国史)や、平和学に定評あり。 NYコロンビア大学での語り『Patience/泰平の世のつくりかた』、 愛知淑徳大学での英語授業『紐育より持ち帰りし宝』、 小・中・高校にて自分のことを語る『徳川家康の歴史講座』等。 趣味は健康管理、平和維持。好きな食べ物は天ぷら、味噌など。 名古屋おもてなし武将隊のYouTubeはこちら!

予測なぞできぬ、今宵はおぬしらと未来を描きたいのじゃ by 徳川 家康

第1回 予測なぞできぬ、今宵はおぬしらと未来を描きたいのじゃ by 徳川 家康(60分)

2021年5月24日放送

     今回の研究対象は、400年前より現世に蘇った徳川家康公です。家臣とともに学び、戦から学び、知を重んじた家康公は、現世で何を学んでいるのでしょうか。400年前と現世、時の進み方が異なる時代を生きた唯一の存在とも言える殿の学びを研究することで、この不確実な時代においても、自分が未来に向けて何を学ぶべきか考えましょう。本番組は、受講生のみなさまからの質問ありきで進行致します。今宵は無礼講、何なりと質問してみてください。   研究対象 徳川 次郎三郎 源朝臣 家康丨江戸幕府 初代征夷大将軍 (名古屋おもてなし武将隊) 過去に築いた260年の平和な世は、人類最長記録。 現世にてギネス記録やノーベル平和賞の受賞報告がそろそろ参っても良き頃であろう。 蘇りはや9年目。伴天連語(英語)堪能。 語る歴史学(特に戦国史)や、平和学に定評あり。 NYコロンビア大学での語り『Patience/泰平の世のつくりかた』、 愛知淑徳大学での英語授業『紐育より持ち帰りし宝』、 小・中・高校にて自分のことを語る『徳川家康の歴史講座』等。 趣味は健康管理、平和維持。好きな食べ物は天ぷら、味噌など。