10/30(Fri)

今日の生放送

つぼたにくにお

坪谷邦生

株式会社壺中天 代表取締役

1999年、立命館大学理工学部を卒業後、エンジニアとしてIT企業(SIer)に就職。2001年、疲弊した現場をどうにかするため人事部門へ異動、人事担当者、人事マネジャーを経験する。2008年、リクルート社で人事コンサルタントとなり50社以上の人事制度を構築、組織開発を支援する。2016年、急成長中のアカツキ社で人事企画室を立ち上げる。2020年、「人事の意志を形にする」ことを目的として壺中天を設立。 20年間、人事領域を専門分野としてきた実践経験を活かし、人事制度設計、組織開発支援、人事顧問、人材マネジメント講座などによって、企業の人材マネジメントを支援している。 主な著作『人材マネジメントの壺』(2018)、『図解 人材マネジメント入門』(2020)など。

坪谷邦生

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

この授業で、著者や編集者の意図や書籍の内容を深堀し、自分だけの書籍の魅力を見つけていきましょう。     出版社は毎月多様な書籍を発刊し、書店には様々なジャンルの書籍が並んでいます。読者は、著者や帯、題名、POPなどを基に自分あった書籍を探します。 特に、ビジネスパーソンの中には、自身の仕事に活用したいビジネス書を求めて探すものの、何を読んで良いのかわからなくて悩む方も多いのではないでしょうか。また、実際に気になった書籍を読んでも書籍の意図や仕事に活きなかったりと読者にとっての悩みはつきません。 また、特に都心では、コロナ禍において書店に赴くビジネスパーソンが少なくなってきており、読者と書籍のマッチングが上手くいかなくなってきております。   そこで、この授業では、 出版関係者が自編だけでなく他編の書籍も紹介し、 「著者の執筆時の背景や意図」から「編集者の企画に対する見立てや仕立て」など当時の企画書などを公開しながら、紹介書籍の魅力を発信していきます。 この授業を通して、自分が本当に読みたい書籍や自分だけが知っている魅力を探していきましょう。

皆さんは「人材マネジメント」という言葉を知っていますか。   人事担当の方やマネジャーでなければ聴き馴染みのない言葉かもしれません。 しかし、これから会社での人事やビジネスパーソンとしての働く在り方、今後のキャリアを考える上では押えておかなくてはならない概念だと思います。 また、「人材マネジメント」について考え組織に働きかけることで、会社をよりよくできると思います。 先行きの見えないこの時代だからこそ、人事担当者やマネジャーがどのように自分を評価しマネジメントしているのかを知ることで成果を出すことができるのではないでしょうか。 また、組織をより良くするためにマネジメントについて知ることで、組織に働きかける持論の素材となるのではないでしょうか。   この授業では、『図解 人材マネジメント入門』の著者である坪谷邦生さんをお招きして、 人事担当者やマネジャーだけでなく多くの人が「押さえるべき」人材マネジメントの"ツボ"をご紹介し、   ⚫︎人事がどのように評価を行っているのか ⚫︎マネジャーが組織に対してどのようなマネジメントをすべきなのか   などを「人材マネジメントの概念」や「人事評価」、「働きがい」や「キャリア」の領域から解説していきます。   人事やマネジャーの視座に立ち、会社で活躍できる人材へと成長していきましょう。   ■講師紹介 坪谷邦生 先生(株式会社壺中天 代表取締役) 1999年、立命館大学理工学部を卒業後、エンジニアとしてIT企業(SIer)に就職。2001年、疲弊した現場をどうにかするため人事部門へ異動、人事担当者、人事マネジャーを経験する。2008年、リクルート社で人事コンサルタントとなり50社以上の人事制度を構築、組織開発を支援する。2016年、急成長中のアカツキ社で人事企画室を立ち上げる。2020年、「人事の意志を形にする」ことを目的として壺中天を設立。 20年間、人事領域を専門分野としてきた実践経験を活かし、人事制度設計、組織開発支援、人事顧問、人材マネジメント講座などによって、企業の人材マネジメントを支援している。 主な著作『人材マネジメントの壺』(2018)、『図解 人材マネジメント入門』(2020)など。   ■書籍紹介 『図解 人材マネジメント入門 人事の基礎をゼロからおさえておきたい人のための「理論と実践」100のツボ』坪谷邦生・著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

担当の授業一覧 全2授業

『図解 人材マネジメント入門』編集者:林拓馬さん・著者:坪谷邦生さん

第1回 『図解 人材マネジメント入門』編集者:林拓馬さん・著者:坪谷邦生さん(60分)

2020年8月21日放送

今回は、『図解 人材マネジメント入門』をご紹介いたします。 ゲストに担当編集者の林拓馬さんと著者の坪谷邦生さんをお呼びして授業を開講いたします。 「坪谷さんがどんなきっかけや意図で書籍を執筆したのか」「林さんがどんな見立てや仕立てで書籍を編集したのか」をこの授業で知り、今回扱う書籍の内容を深く追求していきましょう。 ■授業アジェンダ 書籍紹介 他の書籍との対比・アピールポイント 著者や編集者の制作の裏側 ■書籍紹介 『図解 人材マネジメント 入門 人事の基礎をゼロからおさえておきたい人のための「理論と実践」100のツボ』坪谷邦生・著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)   ◎noteでも無料公開中 https://note.com/discover21/m/mee676cefe0e9   ■ゲスト紹介 ●著者 坪谷邦生 先生(株式会社壺中天 代表取締役) 1999年、立命館大学理工学部を卒業後、エンジニアとしてIT企業(SIer)に就職。2001年、疲弊した現場をどうにかするため人事部門へ異動、人事担当者、人事マネジャーを経験する。2008年、リクルート社で人事コンサルタントとなり50社以上の人事制度を構築、組織開発を支援する。2016年、急成長中のアカツキ社で人事企画室を立ち上げる。2020年、「人事の意志を形にする」ことを目的として壺中天を設立。 20年間、人事領域を専門分野としてきた実践経験を活かし、人事制度設計、組織開発支援、人事顧問、人材マネジメント講座などによって、企業の人材マネジメントを支援している。 主な著作『人材マネジメントの壺』(2018)、『図解 人材マネジメント入門』(2020)など。   ●編集者 林拓馬 先生(書籍編集者) 1989年生まれ。富山県出身。大学卒業後、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンに入社。書店営業部にて東北・北陸・関東エリアを担当後、2014年に社内初となる「フィクション事業部」を立ち上げる。2016年より書籍編集部に異動。現在はビジネス書を中心に新書・実用書・小説などを担当している。 最近の担当作は『ジブリ美術館ものがたり』『ぜんぶ、すてれば』『図解 人材マネジメント入門』など。 担当作一覧:booklog.jp/users/hayashi-t Twitter:@hayashi_tkm