10/7(Fri)

今日の生放送

しゅずい ゆか

守隨 佑果

グラフィックレコーダー

幼稚園教諭、絵本出版社、保育所運営会社を経て、フリーランスに。趣味の学び場にてグラフィックレコーディングと出会い、2018年より活動を開始。会社退職後、独立。イベント、カンファレンス、地上波テレビやライブ動画番組、トークイベントなど実績多数。ソーシャル経済メディアNewsPicksの水曜放送のライブ動画番組「WEEKLY OCHIAI」にグラフィックレコーダーとして出演他、テレビ東京、flier社、Adobe社、などで、グラフィックレコーディング、ビジュアルレポート、スケッチノート、イラスト作成などを行う。優しい雰囲気のビジュアルが得意。保育士、絵本専門士として絵本の啓蒙活動も実施。愛知県出身。

守隨 佑果

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

様々なサービス・プロダクトがコモディティ化し、差別化を図りづらいこの時代、独自のブランドを確立し、消費者の信頼やマインドシェアを獲得ことが求められます。しかし、ブランド戦略・ブランディングを学ぶにあたって、何から始めればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。   本授業では、ブランドを確立し競争優位性を得られているブランドがどのようなブランド戦略をとっているのか、先生独自のフレームワークを活用しながら分析をしていきます。まずは私たちの身近にあるブランドを理解し、引き出しを増やし、ブランド戦略やブランディングを学ぶ上でのはじめの一歩となる授業を目指します。   黒澤先生考案のワークシートを活用しながら、ブランド特徴、ブランドビジョン、ブランド提供価値、ブランドパーソナリティ、トーン&マナー、ブランドターゲット、ポジショニング、タッチポイントといった視点から分析していくことで、ブランド戦略のアウトラインを掴んでいきます。さらに分析を踏まえ、時代を捉えたリブランディングをするなら、どのようなターゲットに、どのように訴求していくかのアイデア出しも行っていきます。   ▼黒澤先生考案のワークシートはこちらをご覧ください https://note.com/tomokikurosawa/n/na0b10fc53780   【学習ゴール】 ブランド戦略を分析する上での思考の型(思考プロセス)を身につける より専門的にブランド戦略やブランディングを学ぶ際、理解を深められるような基礎知識を身につける      

担当の授業一覧 全2授業