1/23(Sat)

今日の生放送

すがわら だいすけ

菅原 大介

リサーチャー

リサーチャー。上智大学文学部新聞学科卒業。 マーケティングリサーチのリーディングカンパニー「マクロミル」で、外資系コンサル・大手広告代理店・シンクタンクチームに所属し、月次500点以上のファクトデータを収集するリサーチ業務に携わる。 現在は国内通信最大手のグループ企業にて、中期経営計画・ブランド策定など会社の意思決定に関わるロジックデータを手がけ、企画立案のために作成する資料は年間1,000ページ超に及ぶ。 数字と言葉を駆使するプロフェッショナル職として、箇条書きを駆使した情報収集・情報発信に定評があり、アンケート・データ分析・資料作成などのテーマで書くnoteや講習会が好評を得ている。 著書に『新・箇条書き思考』『売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全』(以上、明日香出版社)などがある。

菅原 大介

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

皆さんは、議事録や資料作成、メールやチャットなどテキストベースで記入するものに対して、どのくらい時間を割いていますか?   相手に伝わるかどうかを気にするあまり、考え込んでしまいなかなか仕事が進まず、アウトプットの出来・不出来が出てしまいます。 作業は早く、発信内容は的確にするためには、「箇条書き」を上手く使うことが大切です。   本授業では、アウトプットの精度を高くするための「“実態を表す”情報」(ファクト)と「“共感を呼ぶ”論拠」(ロジック)を意識した「箇条書き」について学びます。   今回、『新・箇条書き思考』(明日香出版社)の著者で、マクロミルで外資系コンサル・大手広告代理店・シンクタンクチームに所属し、月次500点以上のファクトデータを収集するリサーチ業務に携わってきた、菅原大介先生をお迎えして、SNS・チャット・メールで、速く、的確に伝わる箇条書きの極意を学びます。   授業を通して、「ファクト」と「ロジック」を駆使して的確に速く相手に伝わる「箇条書き」の方法を知りトレーニングを心がけていきましょう。 ■登壇講師 菅原 大介 先生 リサーチャー リサーチャー。上智大学文学部新聞学科卒業。 マーケティングリサーチのリーディングカンパニー「マクロミル」で、外資系コンサル・大手広告代理店・シンクタンクチームに所属し、月次500点以上のファクトデータを収集するリサーチ業務に携わる。 現在は国内通信最大手のグループ企業にて、中期経営計画・ブランド策定など会社の意思決定に関わるロジックデータを手がけ、企画立案のために作成する資料は年間1,000ページ超に及ぶ。 数字と言葉を駆使するプロフェッショナル職として、箇条書きを駆使した情報収集・情報発信に定評があり、アンケート・データ分析・資料作成などのテーマで書くnoteや講習会が好評を得ている。 著書に『新・箇条書き思考』『売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全』(以上、明日香出版社)などがある。   ■書籍 『新・箇条書き思考』菅原大介・著 (明日香出版社)

担当の授業一覧 全1授業