6/24(Mon)

今日の生放送

うの つねひろ

宇野 常寛

評論家・PLANETS編集長

1978年生。批評誌〈PLANETS〉〈モノノメ〉編集長。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『遅いインターネット』(幻冬舎)。石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)など多數。立教大学社会学部兼任講師。 2022年5月に新刊『水曜日は働かない』(ホーム社)発売。

宇野 常寛

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

1日をご機嫌で過ごすためには「朝」の時間の使い方が大切です。 私たちはそれを「ご機嫌ファーストな考え方」として提唱します。 日本最大級の朝活コミュニティ朝渋を運営する5時こーじさんがSchooで出張授業を行います。 出張授業は「ご機嫌に生活していくこと」を目的として ・朝は何に時間を充てるのか、 ・ご機嫌ニストたちは1日のスケジュールをどのように組んでいるのか 視覚的にわかるように時間割を発表していただきます。 時間割の中にあらわれるその人だけの特徴やルーティーンを5時こーじさんと一緒に掘り下げ、それぞれのご機嫌ルールを学ぶ...。 この学びによって、機嫌よく1日を過ごす、つまりいきいきと幸せに生きる方法を、手に入れることを目指すコースです。 「今日も充実した日を過ごせたぞ」と思いながら1日を終えられるように、改めて朝の時間の使い方や生活習慣を見直してみませんか?   ▼早起きを楽しむ朝活コミュニティ『朝渋』 https://asa-shibu.tokyo/

担当の授業一覧 全1授業

水曜日は働かない「宇野常寛さん」の時間割

第2回 水曜日は働かない「宇野常寛さん」の時間割(45分)

2022年6月6日放送

今回のキーパーソンは「宇野常寛さん」です。 ゲストプロフィール 宇野常寛 1978年生。批評誌〈PLANETS〉〈モノノメ〉編集長。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『遅いインターネット』(幻冬舎)。石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)など多數。立教大学社会学部兼任講師。 2022年5月に新刊『水曜日は働かない』(ホーム社)発売。   著書:水曜日は働かない(ホーム社) 〜〜表紙より 水曜日が休みになると1年365日がすべて休日に隣接するーーその真実に気づいた「僕」は「急ぎすぎ」で「がんばりすぎ」なこの国の人々に提案する。「水曜日は働かない」べきなのだと。毎週水曜日を「自分を大切にするための時間」に充てることにした著者の日常を綴った、笑えてそして思わず考えさられるエッセイ集。 ■当日の授業アジェンダ(予定) ・宇野常寛さんと朝活の関係 ・宇野常寛さんの時間割 ・宇野常寛さんのご機嫌習慣 ・みなさんがご機嫌習慣としてやってみたいこと ぜひみなさんの「ご機嫌習慣」もコメント欄から教えてくださいね。