12/6(Fri)

今日の生放送

よこた ひさや

横田 尚哉

株式会社ファンクショナル・アプローチ研究所代表取締役社長

顧客サービスを最大化させる経営コンサルタント。世界最大企業・GE(ゼネラル・エレクトリック)の手法を取り入れ10年間で総額1兆円の事業改善に乗り出し、コスト縮減総額2000億円を実現させる。 「30年後の子供たちのために、輝く未来を遺したい」という信念のもと、そのノウハウを潔く公開するスタイルは各種メディアの注目の的。人間ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(毎日放送)にも出演し大きな反響を巻き起こす。 全国から取材や講演依頼が殺到し、コンサルティングサービスは約6ヶ月待ち。「形にとらわれるな、本質をとらえろ」という一貫したメッセージから生み出されるダイナミックな問題解決の手法は、企業経営にも功を奏することから「チームデザイン」の手法としても注目が高まっている。 著書に『問題解決のためのファンクショナル・アプローチ入門』『ワンランク上の問題解決の技術《実践編》』(ディスカヴァー刊)『ビジネススキル・イノベーション』(プレジデント社刊)『第三世代の経営力』《致知出版社刊)『「誰のため?」「何のため?」から考えよう』(ディスカヴァー刊)などがある。

横田 尚哉

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

私たちには、1日につき24時間と言う時間が与えられています。それは例外なく、全ての人に平等です。 ところが、多くの人は時間管理に悩みます。時間が足りなくなるのです。 ■ 予定通り進まない。 ■ 期日が迫ってくる。 ■ 深夜、休日、家族との時間までもが取られてしまう。 ■ 遊びに行く時間を犠牲にしなければならない。 そんな、状態に陥ります。あなたは、大丈夫ですか? 実は、時間との付き合い方をちょっと変えるだけで、一気に解消するのです。あなたのスケジュールは、予定どおりすすみ、仕事がはかどるのです。仕事の質も上がり、新しい価値を生み出すことができるのです。 そこで、今回お伝えしたいのは、時間管理のためのキー・ポイントです。そして、すぐに試していただける、簡単なテクニックもご紹介いたします。私自身が使い、効果を上げてきたテクニックを、あなたにも使っていただきたいと思います。

人が眼鏡を欲しがるのは、眼鏡という「モノ」が欲しいからではなく、眼鏡が果たす役割(ファンクション)を求めるから。 固定観念や先入観にとらわれず、新たな切り口で発想する術を学ぼう。 受講生の皆さんはファンクショナル・アプローチ(Functional Approach)という問題解決手法を聞いたことがありますか? ファンクショナル・アプローチとは、1947年には世界最大級の電機メーカー、GE社で考案され、全世界に広まった思考法です。 課題に対して「どのようにすればできるのか?」という手段から考えるのではなく、「何のためにするのか?」「それは何のためにあるものなのか?」という『目的』や『機能』という視点で分析し、問題の本質を導き出していきます。 講師としてお招きするのは、日本におけるファンクショナル・アプローチの第一人者、横田尚哉先生。先生は、10年間で1兆円を超える公共事業を扱い、ファンクショナル・アプローチにより2千億円以上のコスト削減策を導き出されてきた方です。 日々、問題解決で悩んでいる方、より具体的な問題解決の導き出し方を学びたい方にオススメの授業です。 【講師プロフィール】 ■横田 尚哉 株式会社ファンクショナル・アプローチ研究所 代表取締役社長 顧客サービスを最大化させる経営コンサルタント。世界最大企業・GE(ゼネラル・エレクトリック)の手法を取り入れ10年間で総額1兆円の事業改善に乗り出し、コスト縮減総額2000億円を実現させる。 「30年後の子供たちのために、輝く未来を遺したい」という信念のもと、そのノウハウを潔く公開するスタイルは各種メディアの注目の的。人間ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(毎日放送)にも出演し大きな反響を巻き起こす。 全国から取材や講演依頼が殺到し、コンサルティングサービスは約6ヶ月待ち。「形にとらわれるな、本質をとらえろ」という一貫したメッセージから生み出されるダイナミックな問題解決の手法は、企業経営にも功を奏することから「チームデザイン」の手法としても注目が高まっている。 著書に『問題解決のためのファンクショナル・アプローチ入門』『ワンランク上の問題解決の技術《実践編》』(ディスカヴァー刊)『ビジネススキル・イノベーション』(プレジデント社刊)『第三世代の経営力』《致知出版社刊)『「誰のため?」「何のため?」から考えよう』(ディスカヴァー刊)などがある。  

この授業を一言で表すと... 「ファンクショナル・アプローチという思考メソッドを使って、問題解決の訓練をする授業です。」 ファンクショナル・アプローチはアメリカのGE社で誕生した問題解決の思考メソッドで、問題に対して手段からではなく、「何のためにするのか?」「それは誰のためにあるものなのか?」というファンクション(機能)の視点から考えて問題を解決する技術です。   講師は、日本におけるファンクショナル・アプローチの第一人者である横田 尚哉先生。10年間で1兆円を超える公共事業を扱い、ファンクショナル・アプローチにより2千億円以上のコスト削減策を導き出された方です。 著書『「誰のため?」「何のため?」から考えよう』   ファンクショナル・アプローチの基礎については下記授業をご受講ください。 ファンクショナル・アプローチ -モノの本質を見極め、創造的思考を引き出す思考テクニック-     この授業のゴール ・過去の固定観念や先入観による仮説を捨て、問題の本質から解決策を導けるようになる ・ファンクショナル・アプローチの理解を深めて、実践できるようになる     こんな人にオススメ ・問題解決できずに悩んでいる方 ・独立を考えていて、(企業のブランド力や資金力がなくても)問題解決できる力を身につけたい方    

担当の授業一覧 全6授業