6/13(Sun)

今日の生放送

カリキュラム

グラフィックデザイナー 初級

対象者:Adobeツール(Illustrator/Photoshop)の基本操作ができる方
修了レベル:バナー制作や写真加工ができる

19授業/7コース

26時間

目標:5週間

200人が受講中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このカリキュラムを受講開始(登録無料)
Photoshopでパーツ制作・画像加工
パーツの作成方法、レイヤーを組み合わせてた画像合成を学びます。
1: Photoshop特訓 フライヤー制作 コース

■必要なもの

PhotoshopとBridge(授業ではCCで解説)
※インストールされたPCをご用意いただくか、下記URLから無料体験版をインストールしてください。

・Photoshop
https://creative.adobe.com/ja/products/download/photoshop

・Bridge
https://creative.adobe.com/ja/products/download/bridge

<注意>

■旧バージョンの場合、CCと異なる箇所があります(特にオプションバー)。授業中にバージョンの違いを細かに解説することは、進行上、割愛しますので、ご了承ください。

■2つのソフトを同時に立ち上げると、PCによっては、動作が遅くなることがあります。その場合は、Photoshopのみをお使いください。

●任意DL http://bit.ly/1zXQJJ8
こちらは完成例のため、レイヤーの構造上重くなっております。授業後の確認用としてご使用ください。

当授業での学習目的以外の使用を 禁じます

■12月の6本の授業を受けることでフライヤーが一つ完成します

IllustratorとPhotoshopを組み合わせて、map、ポストカード、フライヤーのイメージ画像、フライヤーと順番につくっていきましょう。

実践つくりながら楽しくマスターIllustrator特訓【MAP編】
実践つくりながら楽しくマスターIllustrator特訓【ポストカード編】
・実践 つくりながら楽しくマスターPhotoshop特訓【フライヤーのイメージ画像/前編】
実践 つくりながら楽しくマスターPhotoshop特訓【フライヤーのイメージ画像/後編】
実践 つくりながら楽しくマスターIllustrator&Photoshop特訓【フライヤー/前編】
実践 つくりながら楽しくマスターIllustrator&Photoshop特訓【フライヤー/後編】

2: Photoshop特訓 ショップメニュー/POP用画像制作 コース

この授業では、Photoshopの使い方をショップのメニューやPOPを作ることで学べます。使ったことはあるけど、具体的な制作物をつくったことがない方は、メニュー・POP用の画像を準備しながら、Photoshopを実践的に使えるようになりましょう。

■必要なもの

PhotoshopとBridge(授業ではCCで解説)
※インストールされたPCをご用意いただくか、下記URLから無料体験版をインストールしてください。
・Photoshop
https://creative.adobe.com/ja/products/download/photoshop
・Bridge
https://creative.adobe.com/ja/products/download/bridge

<注意>
■旧バージョンの場合、CCと異なる箇所があります(特にオプションバー)。授業中にバージョンの違いを細かに解説することは、進行上、割愛しますので、ご了承ください。
■2つのソフトを同時に立ち上げると、PCによっては、動作が遅くなることがあります。その場合は、Photoshopのみをお使いください。
3: Photoshop実践 〜テクスチャ・氷結&炎・タグ〜 コース

この授業では、Photoshopで実践的にテクスチャ・氷結&炎・タグを作ります。

まきの先生と一緒に作ることで、Photoshopのスキルアップが出来る授業です。

■必要なもの

Photoshop(授業ではCC2014で解説)
※インストールされたPCをご用意いただくか、下記URLから無料体験版をインストールしてください。
・Photoshop
https://creative.adobe.com/ja/products/download/photoshop

Illustratorで名刺制作、形を表現
Illustratornoのパスや変形パネルを使って制作物をつくることで知識の定着をはかります。
1: Illustratorで名刺制作 コース

この授業は、Illustrator初心者の方を対象とした、Illustratorを使った名刺の作り方を学べる授業です。

ソフトの使い方から、実際の制作物を仕上げるまでを学んでいきます。

この授業の受講には「Adobe Creative Cloud IllustratorCC」が必要です。

インストールされたPCをご用意いただくか、下記URLから無料体験版をインストールしてください。

また、授業は「Adobe Creative Cloud IllustratorCC」で実施いたしますが、別バージョンのIllustratorでも受講可能です。

※また、授業中に「名刺制作用台紙」「Illustrator便利ツール」を利用しますので、事前にダウンロードしていただいていると、スムーズに受講できます。

▼Adobe Creative Cloud IllustratorCC(体験版ダウンロード)

https://creative.adobe.com/products/illustrator

▼名刺制作用台紙

http://bit.ly/19MFd9Q

▼Illustrator便利ツール

http://bit.ly/173Z2Ew

 

・授業開講から5年以上経過しております。アプリケーションの操作やデータなど異なる場合がございます。

・1回目の授業内で紹介しております授業データはご利用いただけません。

 

2: Illustrator特訓 〜具体的なカタチを表現〜 コース

この授業は、Illustratorを使ったことはあるけど、具体的なカタチを表現できない方に向けた、Illustrator特訓授業です。

まきの先生が実際にキャラクター、ポロライド風写真、表組みを制作するのを見ながら、一緒につくってステップアップする事が出来ます。

■必要なもの

Illustrator(講習ではCC2014で解説)
※インストールされたPCをご用意いただくか、下記URLから無料体験版をインストールしてください。
https://creative.adobe.com/ja/products/download/illustrator

DTPとInDesignの基礎
版下データの印刷から納品まで、紙面設計や横組みの紙面制作をつくりながら学びます。
1: DTPの基礎とInDesign特訓 コース

■「まきのゆみのABCレッスン」2時間集中!

DTP(Desk Top Publishing)とは、コンピューターで印刷物を作成することです。コンピューター登場前は、印刷物の版下作成は、とても大掛かりなものでした。今では、版下をデジタルデータで作成できるようになったのです。このような印刷・DTPの歴史を知ることで、現在主流になっている印刷物の作成方法の理解が深まります。

また、印刷物作成のワークフローを見直すことで、何気なく使っているIllustratorやPhotoshopなどのソフトの役割の理解も深まります。ソフトを使って、版下データを作成できるだけでなく、そのデータを的確に印刷業者に入稿し、印刷して納品するまでの一連の流れを理解することが重要です。

インフォグラフィク基礎
インフォグラフィックの制作プロセス、制作手法などについて学びます。
1: インフォグラフィックスの現在 コース

この授業では、美しくわかりやすいインフォグラフィックスはどうすれば作れるのか?という課題に迫り、業界で活躍する様々な先生を招いて、インフォグラフィックを制作するための組織体制やプロセス、制作手法などについて学びます。

【スクーを通じて、もう一度大学へ】
スクーでは全国10の大学と連携し、ビジネスパーソン向けに、大学ならではの授業を開講しております。早稲田大学・関西学院大学・法政大学などはじめとする日本全国の大学が誇る名授業を通じて、仕事に活きる教養を身につけられます。

スクー×全国10大学(2015年版)はこちら
https://schoo.jp/campaign/2015/univ_2015

デザイン学部トップ