12/6(Fri)

今日の生放送

いのうえ おさむ

井上 治

京都造形芸術大学 芸術学部 准教授

専門分野/芸術哲学、伝統文化論 京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。京都大学、大阪産業大学非常勤講師を経て現職。華道嵯峨御流正教授。著書に『花道の思想』(思文閣、2016年)、『歌・花・香と茶道』(淡交社、2017年)。

井上 治

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

19世紀末に「Le Japon Artistique (芸術的日本)」という雑誌が英仏独の三カ国語で出され、日本の芸術と産業の精華をヨーロッパに広く知らしめました。もちろんこれは西洋から見た日本でしかありませんが、しかし文化的なアイデンティティが外国との接点において強く意識されるということも事実です。この授業では国際的な視点から日本の文化や芸術を見つめ直すことが目標です。クリエイターを目指すかたにも、芸術的な日本の特色を知ることは大いに役立つことでしょう。 【スクーを通じて、もう一度大学へ】 スクーでは全国10の大学と連携し、ビジネスパーソン向けに、大学ならではの授業を開講しております。早稲田大学・関西学院大学・法政大学などはじめとする日本全国の大学が誇る名授業を通じて、仕事に活きる教養を身につけられます。 スクー×全国10大学(2015年版)はこちら https://schoo.jp/campaign/2015/univ_2015

担当の授業一覧 全1授業

無料公開中 国際社会から見る芸術的日本 - 世界のなかの日本の芸道

第5回 国際社会から見る芸術的日本 - 世界のなかの日本の芸道(60分)

2015年3月22日放送

19世紀末に「Le Japon Artistique (芸術的日本)」という雑誌が英仏独の三カ国語で出され、日本の芸術と産業の精華をヨーロッパに広く知らしめました。もちろんこれは西洋から見た日本でしかありませんが、しかし文化的なアイデンティティが外国との接点において強く意識されるということも事実です。この授業では国際的な視点から日本の文化や芸術を見つめ直すことが目標です。クリエイターを目指すかたにも、芸術的な日本の特色を知ることは大いに役立つことでしょう。 5限目:世界のなかの日本の芸道 茶道や華道をはじめとして日本にはさまざまな芸道があります。こうした文化はどのように生まれ、どのように発展し、そして現在どのような位置にあるのでしょうか。今回は特に「世界のなかの日本の芸道」という観点から見てみたいと思います。海外文化との影響関係、日本文化の特質、そして今日の世界における芸道の意義、そういった事柄について一緒に考えてみましょう。 ■授業のアジェンダ ・諸芸道の国際性と日本性 ・現代世界と伝統芸道 ※ 上記は予定ですので、変更となる可能性もございます   【スクーを通じて、もう一度大学へ】 スクーでは全国10の大学と連携し、ビジネスパーソン向けに、大学ならではの授業を開講しております。早稲田大学・関西学院大学・法政大学などはじめとする日本全国の大学が誇る名授業を通じて、仕事に活きる教養を身につけられます。 スクー×全国10大学(2015年版)はこちら https://schoo.jp/campaign/2015/univ_2015