12/6(Fri)

今日の生放送

はたこし ゆうこ

波多腰 祐子

シニアプロデューサー

新卒で音楽事務所に所属後、印刷会社⇒イベント企画会社での経験を経て株式会社クリーク・アンド・リバー社へ入社。 C&R社内でも約2年スパンで四度の部署異動を経て、各部署において取材編集、プロモーション企画、 プロジェクトマネージメントなど幅広いWebディレクションスキルを身に付ける。 現在はWebプロデューサーとして大手企業のWebプロモーションや行政のWebサイトリニューアルを手掛けながら 社内若手ディレクター・プロデューサー育成プロジェクトのリーダーとして施策の企画実行を行う。 得意分野はコンテンツプランニング、オウンドメディア・toCサービスサイトの企画制作とPDCA運用。

波多腰 祐子

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

この授業では、現場を経験したWebデザイナーを対象に、デザインだけでなくヒアリング、要件定義、コンセプト設計といった、Webプロジェクト全体を俯瞰的に見る際の考え方やノウハウついて学びます。授業を通して、クライアントから指名されるWebデザイナーを目指しましょう。 【面談確約】特別課題について 本授業を通して学んだ内容をアウトプットする機会として「特別課題」を用意していますので、課題内容をよく読み、提出先よりご提出ください。提出いただいた方には、もれなくクリーク・アンド・リバー社の採用面談を設けますので、みなさまからのご提出をお待ちしています。 ※採用に関する情報はこちら→ http://www.creativevillage.ne.jp/lp/webstudio/ ▼課題内容 クリーク・アンド・リバー社をクライアントとし、「クリエイターにとってなくてはならない存在になるような、新しい形の Webメディアを制作したい」という要望を汲んで提案をしてください。 ※参考サイトとして「CREATIVE VILLAGE」をご覧ください ▼課題の補足 「クリエイターとは Web/広告/映像/ゲーム業界で働く、モノづくりに携わる人」 「記事や映像コンテンツも作っていきたい」 「PC/スマホ両方に対応したものが欲しい」 「自身のキャリアを考えるきっかけにもなってほしい」 ▼提出物 [1] 新しいWebメディアのコンセプト コンセプトをロジカルに設計でき、かつ納得がいくような説明が文章でできているかをチェックします。 ※コンセプトフォーマットシートが完成し次第サンプルとしてお渡しします [2] Webメディアのカンプ(TOPページのイメージ)  余力がある方はこちらも合わせてお送りいただき、コンセプトの具体的なイメージを提案していただきます。 ※[2]は任意 ▼提出先 右記URLをご確認の上ご提出ください→ http://www.creativevillage.ne.jp/14319 ▼提出期限 2016年9月26日23時まで

担当の授業一覧 全3授業

無料公開中 指名されるWebデザイナーのクライアントワーク -上流工程で求められる現状と課題の分析力-

第3回 指名されるWebデザイナーのクライアントワーク -上流工程で求められる現状と課題の分析力-(60分)

2016年9月7日放送

「指示された内容をデザインするだけでなく、自ら課題を見出し、解決のためのデザインを提案できるようになりたい」と思っているWebデザイナーのための、課題抽出・分析・提案・折衝といった上流工程で求められるスキルを身に付ける授業です。 授業中に出された「コンセプトメイキング」の課題を提出いただければ、クリーク・アンド・リバー社にて多くの現場を経験している現役プロデューサーによるフィードバックを無料で実施。また、課題を提出された方の中で希望者には、Webデザイナーとしてのキャリア相談も無償で受け付けています。軽い悩みから真剣な進路相談まで、どんな内容でも歓迎です。 ※課題提出に関してはこちらをご覧ください→ http://www.creativevillage.ne.jp/14319 最近クライアントに提案する機会が増えてきたWebデザイナーも、これから上流工程の仕事に挑戦してみたいWebデザイナーも、全4回の授業を通してインプット-アウトプットの学習サイクルを回し、課題発見から提案までの確かなスキルを身に付けましょう。 第3回目の今回は、Webプロジェクトにおける「クライアントの現状分析」と「課題抽出」にフォーカスし、具体的なノウハウをお話しします。すべてのWebプロジェクトは、課題を解決するためにあります。クライアントの本質的課題を理解できるようになれば、本質的な解決に繋がるコンセプトワークやデザインができるようになりますので、考え方だけでも学んでいただければ嬉しいです。 ■授業のアジェンダ(予定) ・クライアントへのヒアリングの基本 ・現状分析の仕方 ・クライアントの課題発見、抽出の仕方 ※授業内容は当日予告なく変更される可能性がございます 【面談確約】特別課題について 本授業を通して学んだ内容をアウトプットする機会として「特別課題」を用意していますので、課題内容をよく読み、提出先よりご提出ください。提出いただいた方には、もれなくクリーク・アンド・リバー社の採用面談を設けますので、みなさまからのご提出をお待ちしています。 ※採用に関する情報はこちら→ http://www.creativevillage.ne.jp/lp/webstudio/ ▼課題内容 クリーク・アンド・リバー社をクライアントとし、「クリエイターにとってなくてはならない存在になるような、新しい形の Webメディアを制作したい」という要望を汲んで提案をしてください。 ※参考サイトとして「CREATIVE VILLAGE」をご覧ください ▼課題の補足 「クリエイターとは Web/広告/映像/ゲーム業界で働く、モノづくりに携わる人」 「記事や映像コンテンツも作っていきたい」 「PC/スマホ両方に対応したものが欲しい」 「自身のキャリアを考えるきっかけにもなってほしい」 ▼提出物 [1] 新しいWebメディアのコンセプト コンセプトをロジカルに設計でき、かつ納得がいくような説明が文章でできているかをチェックします。 ※コンセプトフォーマットシートが完成し次第サンプルとしてお渡しします [2] Webメディアのカンプ(TOPページのイメージ)  余力がある方はこちらも合わせてお送りいただき、コンセプトの具体的なイメージを提案していただきます。 ※[2]は任意 ▼提出先 右記URLをご確認の上ご提出ください→ http://www.creativevillage.ne.jp/14319 ▼提出期限 2016年9月26日23時まで

無料公開中 指名されるWebデザイナーのクライアントワーク -デザインコンセプト設計-

第2回 指名されるWebデザイナーのクライアントワーク -デザインコンセプト設計-(60分)

2016年8月31日放送

「指示された内容をデザインするだけでなく、自ら課題を見出し、解決のためのデザインを提案できるようになりたい」と思っているWebデザイナーのための、課題抽出・分析・提案・折衝といった上流工程で求められるスキルを身に付ける授業です。 授業中に出された「コンセプトメイキング」の課題を提出いただければ、クリーク・アンド・リバー社にて多くの現場を経験している現役プロデューサーによるフィードバックを無料で実施。また、課題を提出された方の中で希望者には、Webデザイナーとしてのキャリア相談も無償で受け付けています。軽い悩みから真剣な進路相談まで、どんな内容でも歓迎です。 ※課題提出に関してはこちらをご覧ください→ http://www.creativevillage.ne.jp/14319 最近クライアントに提案する機会が増えてきたWebデザイナーも、これから上流工程の仕事に挑戦してみたいWebデザイナーも、全4回の授業を通してインプット-アウトプットの学習サイクルを回し、課題発見から提案までの確かなスキルを身に付けましょう。 第2回目の今回は、Webプロジェクトにおける「デザインコンセプト設計」にフォーカスし、コンセプト設計の基本と、コンセプトを形に落とし込む方法についてお話しします。自分で制作したデザインをロジカルに説明できる力を身に付けてください。 ■授業のアジェンダ(予定) ・コンセプト設計の基本 ・デザインを論理的に説明する方法 ・実例で学ぶコンセプトデザイン ※授業内容は当日予告なく変更される可能性がございます 【面談確約】特別課題について 本授業を通して学んだ内容をアウトプットする機会として「特別課題」を用意していますので、課題内容をよく読み、提出先よりご提出ください。提出いただいた方には、もれなくクリーク・アンド・リバー社の採用面談を設けますので、みなさまからのご提出をお待ちしています。 ※採用に関する情報はこちら→ http://www.creativevillage.ne.jp/lp/webstudio/ ▼課題内容 クリーク・アンド・リバー社をクライアントとし、「クリエイターにとってなくてはならない存在になるような、新しい形の Webメディアを制作したい」という要望を汲んで提案をしてください。 ※参考サイトとして「CREATIVE VILLAGE」をご覧ください ▼課題の補足 「クリエイターとは Web/広告/映像/ゲーム業界で働く、モノづくりに携わる人」 「記事や映像コンテンツも作っていきたい」 「PC/スマホ両方に対応したものが欲しい」 「自身のキャリアを考えるきっかけにもなってほしい」 ▼提出物 [1] 新しいWebメディアのコンセプト コンセプトをロジカルに設計でき、かつ納得がいくような説明が文章でできているかをチェックします。 ※コンセプトフォーマットシートが完成し次第サンプルとしてお渡しします [2] Webメディアのカンプ(TOPページのイメージ)  余力がある方はこちらも合わせてお送りいただき、コンセプトの具体的なイメージを提案していただきます。 ※[2]は任意 ▼提出先 右記URLをご確認の上ご提出ください→ http://www.creativevillage.ne.jp/14319 ▼提出期限 2016年9月26日23時まで

無料公開中 指名されるWebデザイナーのクライアントワーク -戻しを減らすコミュニケーション-

第1回 指名されるWebデザイナーのクライアントワーク -戻しを減らすコミュニケーション-(60分)

2016年8月24日放送

「指示された内容をデザインするだけでなく、自ら課題を見出し、解決のためのデザインを提案できるようになりたい」と思っているWebデザイナーのための、課題抽出・分析・提案・折衝といった上流工程で求められるスキルを身に付ける授業です。 授業中に出された「コンセプトメイキング」の課題を提出いただければ、クリーク・アンド・リバー社にて多くの現場を経験している現役プロデューサーによるフィードバックを無料で実施。また、課題を提出された方の中で希望者には、Webデザイナーとしてのキャリア相談も無償で受け付けています。軽い悩みから真剣な進路相談まで、どんな内容でも歓迎です。 ※課題提出に関してはこちらをご覧ください→ http://www.creativevillage.ne.jp/14319 最近クライアントに提案する機会が増えてきたWebデザイナーも、これから上流工程の仕事に挑戦してみたいWebデザイナーも、全4回の授業を通してインプット-アウトプットの学習サイクルを回し、課題発見から提案までの確かなスキルを身に付けましょう。 第1回目の今回は、Webデザインだけでなく、Webプロジェクトにおける全体概要とその中でのWebデザイナーの役割理解と、Webデザイナーが最も仕事をするディレクターからの戻しを減らすコミュニケーションの取り方などについてお話しします。ディレクター側がデザイナーに対して何を要求しているのか、発言の裏側にある本質的な要望に応えるために必要なコミュニケーションスキルを学んでください。 ■授業のアジェンダ(予定) ・Webプロジェクトの種類、全体のワークフロー理解 ・Webデザイナーに求められる役割 ・Webデザイナーが最も仕事をするディレクターからの戻しを減らすコミュニケーション ※授業内容は当日予告なく変更される可能性がございます 【面談確約】特別課題について 本授業を通して学んだ内容をアウトプットする機会として「特別課題」を用意していますので、課題内容をよく読み、提出先よりご提出ください。提出いただいた方には、もれなくクリーク・アンド・リバー社の採用面談を設けますので、みなさまからのご提出をお待ちしています。 ※採用に関する情報はこちら→ http://www.creativevillage.ne.jp/lp/webstudio/ ▼課題内容 クリーク・アンド・リバー社をクライアントとし、「クリエイターにとってなくてはならない存在になるような、新しい形の Webメディアを制作したい」という要望を汲んで提案をしてください。 ※参考サイトとして「CREATIVE VILLAGE」をご覧ください ▼課題の補足 「クリエイターとは Web/広告/映像/ゲーム業界で働く、モノづくりに携わる人」 「記事や映像コンテンツも作っていきたい」 「PC/スマホ両方に対応したものが欲しい」 「自身のキャリアを考えるきっかけにもなってほしい」 ▼提出物 [1] 新しいWebメディアのコンセプト コンセプトをロジカルに設計でき、かつ納得がいくような説明が文章でできているかをチェックします。 ※コンセプトフォーマットシートが完成し次第サンプルとしてお渡しします [2] Webメディアのカンプ(TOPページのイメージ)  余力がある方はこちらも合わせてお送りいただき、コンセプトの具体的なイメージを提案していただきます。 ※[2]は任意 ▼提出先 右記URLをご確認の上ご提出ください→ http://www.creativevillage.ne.jp/14319 ▼提出期限 2016年9月26日23時まで