12/10(Tue)

今日の生放送

たなか ひろかず

田中 宏和

電通総研Bチーム プランニングディレクター/コピーライター

1991年電通入社以来、マーケティング、プロモーション、クリエーティブの領域横断的にキャンペーン企画、商品開発、ブランド開発、コンテンツ開発などに従事。現在はパブリック・プロジェクト、ジャパンコンテンツの発信を手掛けている。20年以上にわたり同姓同名収集家としての活動を行い、書籍『田中宏和さん』、オリジナル楽曲『田中宏和のうた』、アプリ『田中宏和名鑑』などをリリースし、これまでに113人の田中宏和さんと出会っている。一般社団法人「田中宏和の会」代表理事。電通総研Bチームでは「社会学」を担当中。

田中 宏和

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

クリエーティブシンクタンクと呼ばれている「電通総研Bチーム」の皆さんと一緒に、設定されたテーマのクリエーティブについて受講生参加型で議論し、作り手側の視点を聞きながら様々な見方や解を得る授業です。

担当の授業一覧 全1授業

電通総研Bチームによる、今月のクリエーティブ会議 #1

第1回 電通総研Bチームによる、今月のクリエーティブ会議 #1(60分)

2017年1月30日放送

日常で目にする広告のコピーや写真、サービスのサイトやプロダクトはどのように作られているのでしょうか。裏側を覗いてみると実は、消費者に心地よく響くようにするための様々な思いや工夫が込められています。 この授業では、巷で謎のシンクタンクと噂をされている「電通総研Bチーム」の皆さんを毎月お招きし、設定されたテーマのクリエーティブについて議論していきます。 第一回目は「生物(ペット)」「平和」「コンセプトメイキング」など少し変わった専門分野を持つ先生方に、その専門ジャンルから見たクリエーティブについて様々な切り口でお話しいただきます。 受講生の皆さんはコメントをしていただきながら、作り手側の視点で話されるクリエーティブ議論に参加することで、目にするコピーやプロダクトが違う形で見るようになり、生活がぐっと楽しくなるかもしれません。 ※テーマは、後日発表します 【電通総研Bチームとは】 合言葉を「興味第一」「好奇心ファースト」として電通総研内で活動をする、クリエーティブシンクタンクと呼ばれる電通総研Bチーム。社内外の特任リサーチャー40人がそれぞれの得意分野を、ひとり1ジャンル常にリサーチしています。コンセプトメイク、アイディエーション、プロトタイピング、プロジェクトプロデュースまでが可能なメンバー構成で、様々なプロジェクトにUSBのように接続し、支援しています。  電通総研Bチームによるその他の授業:発想・人生のどちらかが変わる「変な宿題」