7/12(Sun)

今日の生放送

ひもう ひろゆき

比毛 寛之

東京システムハウス株式会社

東京システムハウス株式会社 マイグレーションソリューション部 部長。 1976年宮城県生まれ。1999年、東京システムハウスに入社。海外製COBOLコンパイラの日本語化やテクニカルサポート、トレーニング講師に従事。COBOLによるレガシーシステムのマイグレーション(*1)にも長年携わり、2016年より現職。レガシーシステムの移行とともに、超高速開発ツール(xRAD)による生産性の向上やAIを活用したテスト作業の効率化なども併せて推進中。働き盛り、仕事も子育て(二児の父)も全力投球。 (*1)システムやソフトウェア、データ資産を別の環境に移行する作業

比毛 寛之

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

企業活動の基幹システムとして、レガシーシステム上のCOBOLで書かれた業務アプリケーションはまだまだ現役です。業務ロジックが詰まったCOBOL資産を有効に活用し、レガシーシステムをオープン化していく『マイグレーション』はITモダナイゼーションの主要な手段の1つです。この授業では、COBOLシステムのITモダナイゼーションの計画と実施のポイントを解説します。 ※COBOLについては、こちらの授業でも学習することができます。 「COBOL入門」

担当の授業一覧 全1授業