8/1(Sun)

今日の生放送

あびこ つよし

安彦 剛志

ソニー企業 コンテンツツーリズム室「舞台めぐり」チーム代表

ソニー株式会社に入社後VAIOのハードウェアエンジニアとして数多くのPCを送り出す。ブルーレイディスクの立ち上げの代表の一人として活躍。ブルーレイディスクの認知度向上のためにブルーレイディスクマイスターサイトを立ち上げ、「あなたの力でBD化プロジェクト」で多くの作品をクラウドファンディングでBD-BOX化。新規事業として「舞台めぐり」を立ち上げ、大洗や沼津、弘前など数多くの地域の集客のサポートを行う。

安彦 剛志

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

アニメビジネスの今と未来を学び明日のビジネスに活かす コンテンツ産業における主力商品であり続ける国産アニメーション。 Netflix、Amazon Prime Video等動画配信サービスの台頭により海外からの需要が急増しています。 そんな今、日本のアニメビジネスを学ぶことは、今後日本の商品・サービスを海外で展開する際に役立つ知識や考え方を得ることができます。 この授業ではジャーナリストの数土直志さんをレギュラー講師に、声優、俳優、歌手と幅広くご活躍されている中島由貴さんをアシスタントにお迎えして、毎回話題のテーマを切り口にアニメーションをビジネスの観点から解説していただきます。 また、現場でご活躍されている経験豊富なアニメ業界の方を毎回ゲストにお迎えします。 授業の後半にはアニメビジネスの未来を予想する受講生参加型ワークショップを実施します。 第2回の今回はアニメの舞台を訪れる聖地巡礼にスポットを当てます。 ゲストにアニメ聖地巡礼アプリ「舞台めぐり」の開発と運用を手がけるソニー企業 コンテンツツーリズム室「舞台めぐり」チーム代表の安彦剛志さんをお迎えします。 聖地巡礼をキッカケとした地域創生ビジネスのコンセプトとビジネスモデルとは、そしてどうすれば地域の利益が生まれるのかについてお話していただきます。 また、今回の視聴者参加型ワークショップは「聖地巡礼してみたいアニメ作品は?」をテーマに行います。 

担当の授業一覧 全1授業