10/21(Thu)

今日の生放送

ながまつ しげひさ

永松 茂久

株式会社人財育成JAPAN代表取締役

大分県中津市生まれ。 2001年、わずか3坪のたこ焼きの行商から商売を始め、2003年に開店したダイニング陽なた家は、口コミだけで県外から毎年1万人を集める大繁盛店になる。 自身の経験をもとに体系化した「一流の人材を集めるのではなく、今いる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人材育成法には定評があり、全国で多くの講演、セミナーを実施。 「人の在り方」を伝えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ており、講演の累計動員数は延べ45万人にのぼる。 2016年より、拠点を東京麻布に移し、現在は執筆だけではなく、次世代育成スクールである永松塾、出版コンサルティング、イベント主催、映像編集、ブランディングプロデュースなど数々の事業を展開する実業家である。 著作業では2020年、書籍の年間累計発行部数で65万部という記録を達成し、『人は話し方が9割』の単冊売り上げで2020年ビジネス書年間ランキング1位を獲得(日販調べ)。2021年には、同じく『人は話し方が9割』が「読者が選ぶビジネス書グランプリ2021」にて、「特別賞/コロナ禍を支えたビジネス書」を受賞。 著書に『人は話し方が9割』(すばる舎)など多数あり、累計発行部数は210万部を突破している。

永松 茂久

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

なぜいま「影響力」なのか   この授業では6月24日発売『影響力 〜あなたがブランドになる日〜』の著者である永松茂久先生を講師にお迎えします。 ネットが発達し、SNSが私たちの日常生活に欠かせないものになった今、世の中が大きく変わりました。 その変化の中でも劇的に変わったもの、それは影響力。 人に影響を与えるものが、マスメディアや権威を中心としたものから、個人のインフルエンサーへと移っていったことです。 現在、サラリーマンや主婦でも、世の中に大きな影響をもたらし、大きな所得を得ている人は少なくありません。 そしてこれからこの現象がもっと目に見えるものになっていくことは間違いありません。 「マス」の時代から「個」の時代へ。これはつまり、あなた自身が大きな影響力を持つことができる時代になったということです。 では具体的に、どうすればその影響力を手に入れることができるのか、どうすればあなたがブランドと呼ばれる人になれるのか、私自身の事業や出版、講演活動の経験を踏まえながら、その点に焦点をしぼってお話しさせていただきます。 SNSなどを通して、誰かの情報に影響を与えられる側から、誰かに影響を与える側の人へ。 本を読む側から本を書く側の人へ。 セミナーを受ける側から、セミナーで登壇する側の人へ。 ブランドと呼ばれる側へ回ってみませんか?   永松 茂久 株式会社人財育成JAPAN代表取締役 大分県中津市生まれ。 「一流の人材を集めるのではなく、いまいる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人財育成法には定評があり、全国で多くの講演、セミナーを実施。「人のあり方」を伝えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ており、講演の累計動員数は38万人にのぼる。 大分、福岡で5店舗の飲食店と2店舗のフィットネスクラブを経営するかたわら、2017年より東京麻布十番に拠点を構え、出版、セミナー講師、コーチ、コンサルタントを目指す人のための人材育成スクールである「永松塾」を開講。 口コミで全国から人が集まるオンライン講座「未来会議」「湘南未来実現合宿」、指導者を目指す人のための「永松塾メンターズカレッジ」「ブランディングコンサルティング」の4つの柱を元に、多くの若者たちの指南役として活躍中。

いま何を学べば置いていかれないのか、 これを見れば分かります。 書店やAmazonで人気のビジネス書を1冊ピックアップ。 その著者をゲストにお迎えして著書についてご解説いただく授業です。 ・この本を書いたキッカケ ・この本の1番のポイント ・読者に伝えたかったことは 等、著者の方に生インタビューをさせていただき、人気の秘密に迫ります。 この授業を毎週受ければネットや書店で検索することなく、簡単に世の中の学びのトレンドを知ることが出来ます。 いま自分が何を学べば分からない人は是非生放送にご参加ください。 人気の学びに触れることで、あなたに必要なことは何なのか見極めていきましょう。

時代が加速度的に進化していく中で、コミュニケーションのあり方も変わってきました。 今までは同じ空間で、同じものを見て、相手の空気も感じながら築けていた人間関係が、オンラインでのカメラの向こう側にいる初めて会う相手に対して、自分や商品を知ってもらって"好き"になってもらう...。そんなやり取りをみなさんも経験していると思います。   ただ、いつの時代も、どこへ行っても、ずっと変わらない普遍的な法則があります。 それが「喜ばれる人になる」ということ。   これは、3坪のたこ焼き屋からスタートし、飲食店経営者、人材育成家、著者として、数々の結果を残してきた永松茂久さんが、母から学んだ、人生で大切なたった1つの教え。 「オタフクソース」で有名なオタフクホールディングス株式会社代表取締役社長の佐々木茂喜さんや、「築地銀だこ」の創業者の佐瀬守男さんといった永松さんの多くの師匠・恩人であり、成功者である方々も同じように「喜ばれる人になりなさい」という教えを口にしました。   今回の授業は、「喜ばれる人になる」という言われてみれば当たり前のあり方が、時代を超えたシンプルで簡単な成功法則であることを本の著者である永松さんご自身から学んでいきましょう。   著書:喜ばれる人になりなさい 母が残してくれた、たった1つの大切なこと(すばる舎)

担当の授業一覧 全4授業

『人は話し方が9割』著者:永松茂久さん

第1回 『人は話し方が9割』著者:永松茂久さん(60分)

2020年2月21日放送

今回取り上げる書籍は『人は話し方が9割』(永松茂久著)です。 【書籍紹介】 「もう会話で悩まない!疲れない!オロオロしない!」 ――もっと話し方がうまければ、人生うまくいくのに……。 「話すこと」にまつわる悩みを挙げるとキリがありません。 本書でお伝えするのは、コミュニケーションの基本である会話がうまくいくようになる、ちょっとした、でも多くの人が気づいていないエッセンス。 過去に会話で失敗したトラウマもあっさり消え去ってしまうほど、人と話すことがラクになり、人間関係も、人生も、全部がよりよい方向に動き出します!   永松 茂久 株式会社人財育成JAPAN代表取締役 大分県中津市生まれ。 「一流の人材を集めるのではなく、いまいる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人財育成法には定評があり、全国で多くの講演、セミナーを実施。 「人のあり方」を伝えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ており、講演の累計動員数は38万人にのぼる。 大分、福岡で5店舗の飲食店と2店舗のフィットネスクラブを経営するかたわら、2017年より東京麻布十番に拠点を構え、出版、セミナー講師、コーチ、コンサルタントを目指す人のための人材育成スクールである「永松塾」を開講。 口コミで全国から人が集まるオンライン講座「未来会議」「湘南未来実現合宿」、指導者を目指す人のための「永松塾メンターズカレッジ」「ブランディングコンサルティング」の4つの柱を元に、多くの若者たちの指南役として活躍中。