2/18(Tue)

今日の生放送

じゅん

JUN

東証一部上場企業 幹部/税理士

J’sパートナー総合会計事務所 代表税理士。東証一部上場企業(グループ従業員14万人)に約20年勤める傍ら、同企業の副業解禁に伴い2019年4月に税理士として会計事務所を開設。同企業では、地方子会社の派遣社員から始まり、一般的な財務経理実務に加え、本社でのIRやM&A、CFO補佐やCVC活動まで、一企業内で幅広い業務を経験中。会計事務所では起業・副業・バックオフィス改善コンサルに注力するほか、会計専門誌向けの寄稿や会計・税務の記事監修も行う。SNSで趣味のJリーグを用いて会計や税金のしくみを優しく発信するほか、学童野球コーチのボランティアや現役選手として税理士会野球部に所属するほどの野球好きでもある。

JUN

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

登壇しているコミュニティ

担当のコース

  人生100年、80歳現役の時代 目まぐるしく動く環境に合わせて、自分自身を変え続ける力を身につけよう   「所属している会社で定年まで居続ければ、一生安泰」そんな時代は終わりを迎えようとしています。これからの時代は、会社中心の人生計画を見直し、「人生を悔いのないものにするためには何が必要なのか?」を考え、自分の力で仕事を、そして人生をデザインしていくことが必要になるのです。   本連載授業では『人生100年時代に必要な“変身資産”』をキーワードに以下の3つを学んでいきます。 ① 変身資産とは何か? ② 自分自身を変える一歩目にはどのようなものがあるか? ③ 先駆者はどのようにライフシフトを実践しているのか?   こんな人にオススメ ・「人生100年時代」と聞いて、今後のキャリアや人生計画に漠然と不安を感じている方 ・来るべき超高齢社会における自分の居場所さがしをしたい方 ※この授業は、将来を見据えて準備を始めたいという30代の方から、まだまだ元気に活躍したいと思っている60歳以上の方まで幅広くご受講いただけます。   講師プロフィール 徳岡 晃一郎 多摩大学大学院 教授研究科長 株式会社ライフシフト CEO 日産自動車人事部、欧州日産を経て、2009年よりフライシュマン・ヒラード・ジャパンのSVP/パートナー。多摩大学大学院教授 ・研究科長。野中郁次郎名誉教授との共同開発によるMBB(思 いのマネジメント)の第一人者。著書に『40代からのライフシフト 実践ハンドブック』『MBB:思いのマネジメ ント』(野中郁次郎名誉教授、一條和生教授との共著)、『ビジネスモデルイノベーション』(野中名誉教授との共著)、『人工知能×ビッグデータが「人事」を変える』(福原正大氏との共著)、 『イノベーターシップ』など多数。

担当の授業一覧 全1授業

LIFE SHIFT実践者から聞く「大企業の複業の実態」

第10回 LIFE SHIFT実践者から聞く「大企業の複業の実態」(60分)

2020年1月30日放送

ライフシフト実践者たちは「ご自身のこれまでのキャリア」「現在」「そして未来、どうありたいか?」をどのように考え、資産をどのように増やしてきたのでしょうか? 今回のテーマは大手企業と複業(副業)です。 大手企業による複業(副業)解禁から数年、実際の現場では複業(副業)は行われているのか。人生100年時代、生き方の変化とともに、急速に変わる企業と従業員のあり方、老舗企業の実体の伴わない制度と企業文化、そして変わらない従業員の意識が与える影響はー。ゲストとして東証一部上場企業に勤務しながら、複業を行うJUNさんを講師として招き、複業(副業)の必要性やメリットなどについて赤裸々にお話いただきます。 【授業アジェンダ】 ・徳岡先生からここまでの復習 ・大手企業に勤務しながらの複業を行うゲストのお話 (獲たもの、失ったもの/複業は何をすべきか etc...) ・受講生の皆さんを交えたトークセッション ■ゲスト JUN  /  東証一部上場企業 幹部/税理士 J’sパートナー総合会計事務所 代表税理士。東証一部上場企業(グループ従業員14万人)に約20年勤める傍ら、同企業の副業解禁に伴い2019年4月に税理士として会計事務所を開設。同企業では、地方子会社の派遣社員から始まり、一般的な財務経理実務に加え、本社でのIRやM&A、CFO補佐やCVC活動まで、一企業内で幅広い業務を経験中。会計事務所では起業・副業・バックオフィス改善コンサルに注力するほか、会計専門誌向けの寄稿や会計・税務の記事監修も行う。SNSで趣味のJリーグを用いて会計や税金のしくみを優しく発信するほか、学童野球コーチのボランティアや現役選手として税理士会野球部に所属するほどの野球好きでもある。