9/29(Wed)

今日の生放送

くめはら けいたろう

粂原 圭太郎

京大首席/かるた名人

京都大学経済学部経済経営学科卒業。高校時代は最高偏差値 95を出し、京都大学に入試トップで合格。2014年から3年連続で『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』(日本テレビ系)FINALISTになる。小学生の頃より競技かるたを始め、現在八段。2019年1月には競技かるたの日本一、第65期名人の座につき、 昨年、今年と名人の座を防衛。現在は論理力、記憶力、没頭力を同時に上げるエキスパートとして全国各地で講演活動も行っている。また、全国どこからでも京大生の指導が受けられるオンライン個別指導塾「となりにコーチ」の代表として、数多くの受験生を第一志望合格へ導いている。「1ヵ月で TOEIC® 550点から750点にアップ」「1年で偏差値35が70にアップし、一流大学に合格」「3ヵ月で定期テスト200位から2位に浮上」など実績多数。『偏差値95の勉強法(ダイヤモンド社)』『第一志望に受かる勉強法(二見書房)』、『京大読書術(KADOKAWA)』をはじめ、著書7冊。やる気と集中力が出る勉強法(二見書房)』は、2万5000部を超えるベストセラーとなり、海外でも翻訳され出版されている。

粂原 圭太郎

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

本授業は、「自分にあった読書術を模索し、どのようにしたらビジネス書を仕事に活かせるかを学ぶ」授業です。 「どんな読み方が自分にあったビジネス書の読み方で、どのようにすれば効率的にビジネス書を活かせるのか」 皆さんは、自分なりの読書術を持っていますか? また、読んだ書籍の内容を整理する時や仕事に活かす時にどのように工夫されていますか? ビジネスパーソンのなかには、ビジネス書を通読したままにして、体系的な知識やノウハウへ変換することができていない方もいるはずです。特に、若手や中堅のビジネスパーソンのなかには、「先輩にビジネス書を勧められたけど、どうやって読めばいいのだろうか?」「どのようにしたらもっと効率的に読めるのだとか?」といった悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか? この授業では、読者から著者になって読み方を変えた方や読書術の書籍を刊行している方、読書記録を独自に開発している方など自分なりの読書術をお持ちのプロフェッショナルな方々をお招きし、様々な「読書術」をご紹介していきます。そして参加者全員で、どのようにしたら効率的に書籍を読むことができ、体系的なノウハウや知識に繋げられるのかを模索していきます。 この授業を通して、ビジネス書を読んだままにせず、自分のモノにしていきましょう。

皆さんは、成果につながるインプットができているでしょうか。 インプットにおいて、苦手なことを避けたり後回しにしたり、 本を読んだりメディアを調べたりするけど集中力や時間の使い方がうまくいかず挫折してしまうことはないでしょうか。   本授業では、京都大学首席合格で競技かるた日本一の名人、粂原圭太郎さんを先生としてお迎えして、 効率的かつ定着しやすい学習方法やインプット方法を解説していきます。 インプットの抑えておきたい捉え方のポイントや様々な学習方法などを先生が紹介します。 インプットに行き詰まっている方や新しい学習方法を知りたいという方におすすめです。   異動や転職などで新年度や変わり目に環境が変化するとインプット力は必要不可欠なものになります。 「インプット」の捉え方を見直し、自分にあった方法を探していきましょう。 ■登壇講師 粂原圭太郎 京大首席/かるた名人 京都大学経済学部経済経営学科卒業。高校時代は最高偏差値 95を出し、京都大学に入試トップで合格。2014年から3年連続で『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』(日本テレビ系)FINALISTになる。小学生の頃より競技かるたを始め、現在八段。2019年1月には競技かるたの日本一、第65期名人の座につき、 昨年、今年と名人の座を防衛。現在は論理力、記憶力、没頭力を同時に上げるエキスパートとして全国各地で講演活動も行っている。また、全国どこからでも京大生の指導が受けられるオンライン個別指導塾「となりにコーチ」の代表として、数多くの受験生を第一志望合格へ導いている。「1ヵ月で TOEIC® 550点から750点にアップ」「1年で偏差値35が70にアップし、一流大学に合格」「3ヵ月で定期テスト200位から2位に浮上」など実績多数。『偏差値95の勉強法(ダイヤモンド社)』『第一志望に受かる勉強法(二見書房)』、『京大読書術(KADOKAWA)』をはじめ、著書7冊。『やる気と集中力が出る勉強法(二見書房)』は、2万5000部を超えるベストセラーとなり、海外でも翻訳され出版されている。

担当の授業一覧 全2授業

京都大学首席の読書術

第2回 京都大学首席の読書術(60分)

2020年6月9日放送

今回、独自の読書術を紹介してくださるのは、Schoo初登壇、粂原圭太郎 先生です。   先生は、京都大学に首席で合格。2014年から3年連続で『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』(日本テレビ系)FINALISTになり、一躍人気に。小学生の頃より競技かるたを始め、現在八段。2019年1月には競技かるたの日本一、第65期名人の座につき、 本年も名人位を防衛。現在は論理力、記憶力、没頭力を同時に上げるエキスパートとして全国各地で講演活動も行っております。また、読書術においては、ご自身の著書である『偏差値95、京大首席合格者が教える「京大読書術」 仕事にも勉強にも必須な 「理解力」と「連想力」が劇的に身につく』(KADOKAWA)を発刊しております。   ■アジェンダ どのようにビジネス書を選ぶのか どのようにビジネス書を読むのか どのようにビジネス書を仕事に活かすのか   ▼先生プロフィール 粂原圭太郎 先生(京大首席/かるた名人) 京都大学経済学部経済学部経済経営学科卒業。高校時代は平均偏差値80、最高偏差値 95を出し、京都大学に首席で合格。2014年から3年連続で『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』(日本テレビ系)FINALISTになり、一躍人気に。小学生の頃より競技かるたを始め、現在八段。2019年1月には競技かるたの日本一、第65期名人の座につき、 翌年も名人位を防衛。現在は論理力、記憶力、没頭力を同時に上げるエキスパートとして全国各地で講演活動も行っている。オンライン個別指導塾「粂原学園」の代表講師として、学生から社会人まで受講生95%の成績アップに成功する。「1ヵ月で TOEIC® 550点から750点にアップ」「1年で偏差値35が70にアップし、一流大学に合格」「3ヵ月で定期テスト200位から2位に浮上」など、1on1指導が好評を博している。