• このエントリーをはてなブックマークに追加

この授業では、「電子書籍を自分で出してみたい」と少しでも興味がある方全てに向けた授業として、2部構成で実施します。


前半30分:自己出版業界のあれこれ

昨年から、電子書籍プラットフォームが日本に参入し個人でも電子書籍が出せるというのが本格化してきました。


しかし、どうやって作品をつくって販売できるのか?また、作ったあとにどうやっていろんな人に作品を見てもらうのか?など、まだまだ敷居が高い部分があります。


そうした、国内の電子書籍プラットフォームの状況や、うまくいっている電子書籍の販売・告知方法などを具体的な事例をもとにお話しします。


後半30分(15分実践、15分質疑応答):15分でつくる電子書籍

電子書籍をつくるには、EPUBなど専用のファイルなどをつくる必要があり、敷居が高い部分もあります。


そこで「かんたんに誰でも電子書籍出版をすることができる」を目指しているパブーを使って「15分でできる電子書籍の作り方」として、小説やエッセイなどの文字の作品の作り方を披露します。


この授業を受けて、あなたも自分の作品を電子書籍にしてみませんか?

参考サイト/予習教材