本とマガジンの未来について

本とマガジンの未来について

第1回:2012年11月1日公開

40min

本とマガジンの未来について

おためし受講する(5分)

コース概要

日本の「電子書籍元年」が叫ばれてはや数年。koboの一件や、kindle日本版がなかなか発売されないなど、電子書籍については、出版関係者のみならず、多くの注目を集める分野であることは間違いありません。

本や雑誌は、どのように変遷していくのでしょうか。「本と出版の未来」を考えるためのメディアとして運営されている、WEBマガジン、『マガジン航』編集人の仲俣暁生さんを先生としてお迎えし、『マガジン航』の取材の中で得られた気付きや、注目を集めた記事などから、「本とマガジンの未来」について考えたいと思います。

「元年の夜明け」はいつやってくるのか。コンテンツに関わる方必見の授業です。

担当の先生

参加したい受講生 : 188

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

本とマガジンの未来について

2012年11月1日公開

40min.

日本の「電子書籍元年」が叫ばれてはや数年。koboの一件や、kindle日本版がなかなか発売されないなど、電子書籍については、出版関係者のみならず、多くの注目を集める分野であることは間違いありません。

本や雑誌は、どのように変遷していくのでしょうか。「本と出版の未来」を考えるためのメディアとして運営されている、WEBマガジン、『マガジン航』編集人の仲俣暁生さんを先生としてお迎えし、『マガジン航』の取材の中で得られた気付きや、注目を集めた記事などから、「本とマガジンの未来」について考えたいと思います。

「元年の夜明け」はいつやってくるのか。コンテンツに関わる方必見の授業です。

スライド資料

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×