9/20(Sun)

今日の生放送

ななお たかふみ

七尾 貴史

株式会社ミクシィ マネージャー

2011年より株式会社ミクシィでmixiのiPhone/Androidアプリの企画/開発を担当。無料で開催したアプリ開発講座、mixi iOS/Android Training の主宰や、アプリ開発者向けカンファレンスや勉強会の運営などにも取り組んでいます。

七尾 貴史

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

この授業では未経験でAndroidアプリを作ってみたい・仕事にしたい、開発に興味がある方々を対象に、Androidアプリ開発はどんなことをするのか、始めに何から取りかかればよいか、といったさまざまな疑問点、不安点をクリアにすることで、受講生のモチベーションを高めることを目的とした講義形式の授業です。 様々なAndroidアプリ開発から得られた経験を元に、はじめる前に知っておきたい大事なポイントを一つ一つ学んでいきましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。 この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 このシリーズでは、ユーザーの入力に対して反応するアプリを作る基礎を学ぶために、「計算機アプリ」を全5限で開発します。1限目となる今回は、アプリのレイアウトの記述方法の基礎を学びます。授業中にAndroidのレイアウトコンポーネントを使った電卓の画面レイアウトを作成することで、複雑な画面レイアウトを作成するためのスキルを習得できます。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にAndroid Studioを触りながら進めていきますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。 この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 このシリーズでは、「RSSリーダーの開発」を通して、ListViewの基本的な使い方と、ネットワークアクセスについて学びます。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。 この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

Androidアプリ開発初心者を対象に、設定したサイトの最新情報を自動で読み込むRSSリーダーというツールの開発を学びます。全2授業の2授業目では、RSSリーダーを快適に動作させるために必要なキャッシュの保存/読み込みを実装します。また、そのために必要となるファイル操作やDBの基本も学びます。 Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 この授業では、「RSSリーダーの開発」を通して、ファイル操作やDBの基本について学びます。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。 この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

Androidアプリ開発初心者を対象に、設定したサイトの最新情報を自動で読み込むRSSリーダーというツールの開発を学びます。 全3授業の3授業目では、「WebViewの使い方」や「ToolBarのカスタマイズ」、「設定画面の作成」や「アプリのライフサイクル」について学びます。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■授業のアジェンダ(予定) ・設定画面の実装 -PreferenceFragment ・設定を変更する仕組み - SharedPreference ・動作確認 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html ※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、Androidデバイスのバッテリー監視について学ぶ授業です。 各授業では、バッテリー残量の確認、メッセージング、通知の方法などを学びます。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html ※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 この授業では、本格的な写真投稿アプリの制作を通して、SNSの機能開発やバックエンド処理について学びます。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html ※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

担当の授業一覧 全9授業

Android開発実践 -写真投稿アプリ制作を通してPush通知の実装を学ぶ-

第6回 Android開発実践 -写真投稿アプリ制作を通してPush通知の実装を学ぶ-(60分)

2015年12月3日放送

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 このコースでは、本格的な写真投稿アプリの制作を通して、SNSの機能開発やバックエンド処理などについて学びます。6限目の今回は、SNSなどで「いいね」や自分の投稿にコメントが付いた時に通知してくれるPush通知の実装方法についての授業を行います。 ※今回の授業はなるべく実機を使って実習したいので、Android端末をお持ちの方はエミュレータではなく、端末でアプリを動かす準備をしておいてください ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html ※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。  

Android開発実践 -写真投稿アプリ制作を通してmBaaSを学ぶ vol.1-

第2回 Android開発実践 -写真投稿アプリ制作を通してmBaaSを学ぶ vol.1-(60分)

2015年11月17日放送

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 このコースでは、本格的な写真投稿アプリの制作を通して、SNSの機能開発やバックエンド処理などについて学びます。2・3限目は、専門スキルを持ち合わせていなくても簡単なバックエンド操作ができるmBaaS「Parse」についての授業を行います。 ※可能な方は、授業が始まる前に「Parse」の登録を行っておきましょう(必須ではありません) ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html ※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。  

Android開発実践 -バックグラウンド処理の実践-

第1回 Android開発実践 -バックグラウンド処理の実践-(60分)

2015年11月3日放送

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 このコースでは、Androidデバイスのバッテリー監視ができるようになるために、バッテリー残量の確認、メッセージング、通知の方法などを学びます。1限目となる今回は、「バックグラウンド処理の実践」を行い、バッテリー残量の確認方法についての授業を行います。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html ※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。  

Android入門 -RSSリーダーの開発を通して学ぶアプリの設定画面実装-

第3回 Android入門 -RSSリーダーの開発を通して学ぶアプリの設定画面実装-(60分)

2015年10月20日放送

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 このコースでは、「RSSリーダーの開発」を通して、「WebViewの使い方」や「ToolBarのカスタマイズ」、「設定画面の作成」や「アプリのライフサイクル」について学びます。3限目となる今回は、「設定画面の作成」についてを学びます。 今回の授業では主にPreferenceFragmentの使い方を学習します。PreferenceFragmentはアプリの設定画面を実装するための仕組みです。PreferenceFragmentを利用し、アプリの設定を変更してみましょう。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■授業のアジェンダ(予定) ・設定画面の実装 -PreferenceFragment ・設定を変更する仕組み - SharedPreference ・動作確認 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html ※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。  

Android入門 -RSSリーダー開発を通して学ぶDB実践-

第6回 Android入門 -RSSリーダー開発を通して学ぶDB実践-(60分)

2015年10月6日放送

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 このコースでは、「RSSリーダーの開発」を通して、ファイル操作やDBの基本について学びます。6限目となる今回は、DBを用いたキャッシュの実装方法を学びます。コース3限目の授業ではファイルを利用したキャッシュを実装しましたが、DBを利用するとより柔軟なキャッシュを実現することができます。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。 この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

Android入門 -RSSリーダー開発を通して学ぶファイルキャッシュ実装-

第3回 Android入門 -RSSリーダー開発を通して学ぶファイルキャッシュ実装-(60分)

2015年9月24日放送

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 このコースでは、「RSSリーダーの開発」を通して、ファイル操作やDBの基本について学びます。3限目となる今回は、前回学習したファイル操作を利用して、ファイルキャッシュの実装方法について学びます。適切な方法でファイルキャッシュを利用する事で、比較的容易にアプリの動作を快適にすることが出来るようになります。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。 この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

はじめてのAndroidアプリ開発 - RSSリーダーをつくろう【ネットワークアクセス入門2】

第5回 はじめてのAndroidアプリ開発 - RSSリーダーをつくろう【ネットワークアクセス入門2】(60分)

2015年9月8日放送

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 このシリーズでは、「RSSリーダーの開発」を通して、ListViewの基本的な使い方と、ネットワークアクセスについて学びます。5限目となる今回は、「アプリでのパーミッションの設定方法」と「外部ライブラリを利用する方法」について学びます。 1.アプリでのパーミッションの設定方法 Androidアプリでネットワーク接続、端末のカメラ、位置情報や連絡先などの情報にアクセスするためにはパーミッション(権限)の設定を行う必要があります。今回はネットワーク接続をするためのパーミッション設定について具体的に学習します。 2.外部ライブラリを利用する方法 Androidアプリ用にさまざまな便利ライブラリが公開されており、gradleというツールを利用することで、簡単に外部ライブラリをアプリの中で使うことができるようになります。今回はネットワーク通信を行うための便利なライブラリを実際にアプリの中で使えるようにする方法を学習します。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。 この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

はじめてのAndroidアプリ開発 - 計算機アプリをつくろう【4限目】

第4回 はじめてのAndroidアプリ開発 - 計算機アプリをつくろう【4限目】(60分)

2015年8月18日放送

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。 このシリーズでは、ユーザーの入力に対して反応するアプリを作る基礎を学ぶために、「計算機アプリ」を全5限で開発します。4限目となる今回は、「JUnitを用いたテストコードの書き方」と「実装した単体テストを用いて、特定機能の動作を確認する方法」について学びます。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にAndroid Studioを触りながら進めていきますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。 この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

はじめてのAndroidアプリ開発 - レイアウトのつくり方を知ろう

第3回 はじめてのAndroidアプリ開発 - レイアウトのつくり方を知ろう(60分)

2015年8月4日放送

本カリキュラムでは、Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指します。 今回の授業では、「Androidアプリの基本的な画面レイアウトのつくり方」や「画面上に配置したのボタンをタップした時に実行する処理の書き方」について学びます。 ハンズオン形式でみなさんと一緒にAndroid Studioを触りながら進めていきますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。 ■事前準備 Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。 この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。 こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。 http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。 最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。 SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。 また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。