11/30(Tue)

今日の生放送

Android開発実践 -Androidデバイスのバッテリー監視を学ぶ-

Android開発実践 -バックグラウンド処理の実践-

第1回:2015年11月3日公開

60min

Android開発実践 -バックグラウンド処理の実践-

おためし受講する(5分)

コース概要

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、Androidデバイスのバッテリー監視について学ぶ授業です。

各授業では、バッテリー残量の確認、メッセージング、通知の方法などを学びます。


ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。

■事前準備

Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。
Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html
※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。
http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html
その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。
最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。

SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。
また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

こんな人にオススメ

Androidアプリ開発に興味がある方(Javaのクラスの仕組みが理解できる) ※Androidエンジニアルートの1限目から受講されている方だとより理解を深めていただけます

担当の先生

パーソナリティ

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

参加したい受講生 : 284

カテゴリー

タグ

サンプルファイル

授業で使用するファイル
月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

Android開発実践 -バックグラウンド処理の実践-

2015年11月3日公開

60min.

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。

このコースでは、Androidデバイスのバッテリー監視ができるようになるために、バッテリー残量の確認、メッセージング、通知の方法などを学びます。1限目となる今回は、「バックグラウンド処理の実践」を行い、バッテリー残量の確認方法についての授業を行います。

ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。

■事前準備

Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。
Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html
※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。
http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html
その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。
最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。

SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。
また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

 

スライド資料

Android開発実践 -バッテリー残量のメッセージング-

2015年11月5日公開

60min.

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。

このコースでは、Androidデバイスのバッテリー監視ができるようになるために、バッテリー残量の確認、メッセージング、通知の方法などを学びます。2限目となる今回は、「メッセージング」について学び、一定以下の残量になったら通知を表示する方法についての授業を行います。

ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。

■事前準備

Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。
Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html
※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。
http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html
その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。
最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。

SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。
また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

 

スライド資料

Android開発実践 -バッテリー残量の通知-

2015年11月10日公開

60min.

Androidアプリを開発してみたいけど、ちょっと難しそうでなかなか手をつけられない開発未経験者や、Androidアプリの開発を仕事として使えるようにしたい方を対象に、簡単なアプリを独力で開発できることを目指す授業です。

このコースでは、Androidデバイスのバッテリー監視ができるようになるために、バッテリー残量の確認、メッセージング、通知の方法などを学びます。3限目となる今回は、「バッテリー残量の通知」について学び、SystemServiceでNotificationを扱う方法についての授業を行います。

 

ハンズオン形式でみなさんと一緒にコーディングしながら進めていこうと思いますので、以下の【事前準備】をした上で授業に臨みましょう。

■事前準備
※今回は電池残量について扱うため、実機(Android端末)かGenymotionというエミュレータの準備・利用をおすすめします

Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。この授業ではAndroid Studio 1.2以降を利用するので、すでにAndroid Studioをインストール済みの方でもバージョン1.2以上か確認し、古ければアップデートするか、新規にインストールをお願いします。
Android Studioダウンロード→ https://developer.android.com/sdk/index.html
※こちらの資料を見ながら、事前にインストール、セットアップをしてください。
http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining/introductions/1.02.prepare-for-development.html
その際、Android Studioのダウンロードだけでなく、必ず「Android SDK Manager のセットアップ」まで忘れずに行ってください。
最近の傾向ですと、Android 4.0.3以上のものはインストールしておくと無難です。

SDKのインストールなど行うと30分程度かかりますので、必ず授業前に用意しておいてください。
また、授業で制作するアプリケーションをインストールするための Android 端末をご用意ください。Windows をご利用の方は、各端末メーカーの指示にしたがってドライバをインストールしておいてください。

 

スライド資料

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ