3/4(Mon)

今日の生放送

たむら しげる

田村 秀

長野県立大学グローバルマネジメント学部教授

1962年生まれ、北海道苫小牧市出身。東京大学工学部都市工学科卒業後、旧自治省(現総務省)に入り、岐阜県、国土庁、香川県、三重県などに勤務の後、2001年から新潟大学で教鞭を取り、2013年法学部長。2018年より長野県立大学教授。専門は行政学、地方自治、公共政策。趣味は食べ歩きとブラタムラ。主な著書に『データ・リテラシーの鍛え方』(イースト新書、2019年)、『「ご当地もの」と日本人』(祥伝社新書、2014年)、『ランキングの罠』(ちくま文庫、2012年)、『暴走する地方自治』(ちくま新書、2012年)、『B級グルメが地方を救う』(集英社新書、2008年)、『データの罠』(集英社新書、2006年)など。TV出演、新聞コメント・連載などを数多くこなす。

田村 秀

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

■内閣支持率の世論調査 「朝日新聞」調査)支持率38%、不支持率42% 「産経新聞」調査)支持率34.7%、不支持率56.1% なぜ、どのようにしてこうなるのか——? 巷に膨大な情報があふれる中、アンケートやランキングなどデータを用いて“編集された情報”が、注視されやすくなっています。しかし、そこには統計や調査手法の罠があり、真に受けると誤解してしまうケースも多々あります。 データを読み解く力(リテラシー)は今やあらゆる人にとって問われる教養の一つと言えます。ただ一方で、それをどう身に付ければいいかわからない人も多いのではないでしょうか。 本授業では、無意識にデータを過信し、「思い込み」で社会を見ないようにするためのデータ・リテラシーについて解説。多様な実例を通じ、世の中を正しく見るための視点を学びます。  

DXリテラシーとして装着すべき知識・スキルを学び、DX推進、組織変革に向けた組織のプロジェクトに参画できるようになるまで を目指します

担当の授業一覧 全4授業