2/1(Wed)

今日の生放送

なかむら ゆたか

中村 寛

アトリエ・アンソロポロジー 代表 / 多摩美術大学 教授

人類学者。アトリエ・アンソロポロジー合同会社代表。多摩美術大学リベラルアーツセンター教授。「周縁」における暴力、社会的痛苦、反暴力の文化表現、脱暴力のソーシャル・デザインなどのテーマに取り組み、人類学に基づくデザインファーム《アトリエ・アンソロポロジー合同会社》を立ちあげ、さまざまな企業、デザイナー、経営者と社会実装をおこなう。著書に『アメリカの〈周縁〉をあるく――旅する人類学』(平凡社、2021)、『残響のハーレム――ストリートに生きるムスリムたちの声』(共和国、2015)。編著に『芸術の授業――Behind Creativity』(弘文堂、2016年)。訳書に『アップタウン・キッズ――ニューヨーク・ハーレムの公営団地とストリート文化』(テリー・ウィリアムズ&ウィリアム・コーンブルム著、大月書店、2010)。

中村 寛

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

この授業では、「デザイン人類学」という ”デザイン” と ”人類学” を掛け合わせた新しい領域について学んでいきます。   デザインと人類学という2つの学問領域は、人とモノ(環境)の関係性を考えるという共通点を持ちつつも、その対象への介入に関するスタンスや成果のアウトプットが異なります。   一方で、社会における課題は複雑化しており、その解決に向けてもさまざな領域の協働が必要とされています。   その1つの大きな可能性として、上記の2つの学問領域を掛け合わせた「デザイン人類学」が欧米では注目され、既に企業活動の中にも取り入れられています。日本でも、これから認知され幅広く活用されてくる学びになるかと思います。   そこで、多摩美術大学の中村先生に「デザイン人類学」とは何か?また、社会においてどんなインパクトがもたらされそうなのか教えてもらいます。     コンセプトは 「すべてのデザイナーの傍らに人類学者を!」 「すべての人類学者の傍らにデザイナーを!」   ▼ターゲット デザイナー、人類学者 デザインに興味があり、これから学びはじめようとしている人 人類学に興味がある人     ▼学習ゴール ・ デザイン人類学とは何かを知る、理解を深める ・ これから進めていくビジネスでの「デザイン人類学」を活用していく

担当の授業一覧 全2授業