画像生成AI「Stable Diffusion」とはなにか?これからどうなるか?

画像生成AI「Stable Diffusion」とはなにか?これからどうなるか?

2022年11月29日最終更新(全1回)

コース概要

話題の先進技術を先取りして、置いていかれないビジネスパーソンに

 

この授業は、話題になっている技術やこれから話題になる技術を先取りして、テクノロジーの話題において置いていかれないことを目指す授業です。

 

 昨今、AIやブロックチェーン、メタバースなど最新のテクノロジーが開発されていく一方で、各所で応用されてさらに進化している状況があります。そうした「今後、各所で導入されるであろうテクノロジー」をご紹介し、仕組みを理解し今後の未来までを展望していく―。そうすることで、デジタル時代で一歩先に進むことができます。


 

今回の授業は、「画像生成AI「Stable Diffusion」」について探っていきます。「どのような仕組みの技術なのか」そして、「今後、どのようにわたしたちの生活を変えていくのか」を受講生の皆さんと一緒に学び考えて行きたいと思います。

 

先生には、デジタル領域を中心としたアートディレクターとして活動し、現在は画像生成AIを中心に研究活動を広げている、やまかずこさんと、山本和幸さんをお迎えいたします。

 

画像生成AI「Stable Diffusion」の理解を深め、生活に導入された未来を一緒に考えていきましょう。


■講師

山本 和幸

山本 和幸

アートディレクター/エンジニア

多摩美術大学を卒業後、2021年に株式会社電通に入社、CXCC, Dentsu Lab Tokyoに所属。デジタル領域を中心としたアートディレクターとして活動。現在は生成AIを中心に活動を広げています。通称はやまかず。

こんな人にオススメ

最新テクノロジーに関するニュースや話題に置いていかれたくない方