6/20(Thu)

今日の生放送

えのき たつや

榎 達也(Sun-Wokong)

柔道整復師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー

1977年生まれ 東京都出身。立教大学経済学部経営学科卒。 学生時代はラクロスに打ち込む。自身の怪我の経験からトレーナーの道を志す。ティップネス宮崎台店パーソナルトレーナーでno.1トレーナーとして活動。2005年からは青山学院大フィットネスセンターのチーフスタッフとして運営と硬式野球部トレーナーとして長く活動。フィットネスセンターでは心身ともに健康な社会人の輩出を目的として、学生に運動習慣と食習慣の大切さを啓蒙活動を行う。のべ10000人の学生に啓蒙のためのセミナーを行いながら、実践のための運動指導を行う。 一方で硬式野球部のトレーナーとしてチームの体力強化、怪我の予防、怪我の対応、ピッチャーのコンディショニング管理と多岐に渡ってサポート。 この経験の中で、心身ともに健康に活力ある人として輝き続けるためには、日々のコンディショニング管理の実践の大切さを知る。 そしてその最適な手法としてムーブメントという概念に出会い研究を重ねる。 2017年からはムーブメント普及のためにメディアと繋がることを主な目的に、フィットネス経験を生かし株式会社FiNCのアプリのフィットネス動画監修、スーパーバイザーとしてFiNC fitのトレーニングプログラム制作に携わる。 2018年からは独立しムーブメント普及活動を本格化 普及のためにプロダンサー、プロパルクールコーチ、武道家、体操競技日本代表経験者など錚々たるメンバーを集めてtruMoversを結成 ムーブメントのワークショップを開催している。 活動の理念に共鳴しワイエスクルーに合流 【主な経歴】 立教大学男子ラクロス部トレーナー /株式会社ティップネス宮崎台店パーソナルトレーナー /青山学院大フィットネスセンターチーフスタッフ /青山学院大硬式野球部トレーナー /株式会社FiNC コンテンツ事業部フィットネス責任者 /株式会社FiNC fit スーパーバイザー /truMoversチームリーダー

榎 達也(Sun-Wokong)

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

登壇しているコミュニティ

担当のコース

■仕事のパフォーマンスを下げないための究極のセルフケア術 本授業では、体が重く感じる方や、体の節々に痛みを感じている方を対象として、究極のセルフケア術を学ぶ授業です。   最新トレーニング哲学「Movement(ムーブメント)」にダンスの要素をプラスしたオリジナルメソッドで、筋力だけではなく、柔軟性やバランス感覚なども総合的に強化し、どんな状況でも力を発揮できる"動ける"体、疲れない体を作ります。       ■ダニエル太郎が実践する話題の最新トレーニング法「Movement(ムーブメント)」とは 授業で扱う「Movement(ムーブメント)」とは、2016年当時UFC史上初の二階級同時王者であった格闘家のコナー・マクレガーがトレーニングに取り入れていたことで注目が集まり、最近ではプロテニスプレイヤーのダニエル太郎がインスタグラムに実践する様子をアップするなど、世界のトップアスリートが実践する最新のトレーニング哲学です。   徐々に世界中に広まりを見せており、世界のITタウンではビジネスパーソンが「パフォーマンスを上げる体作り」や「アクティブレスト(「積極的休養」とも呼ばれる疲労回復法)」を目的に実践しています。  

担当の授業一覧 全1授業