10/16(Sat)

今日の生放送

なかしま ゆうご

中島 佑悟

営業パートナー

元LAPRAS株式会社のマーケティング・セールスマネージャー。現在はフリーランスとしてベンチャーキャピタルをはじめとした複数の企業で事業支援を行う。新卒でトレンダーズ会社に入社後、営業を主軸にPRから人事まで幅広い業務に従事。ビジネス業務における統計解析や、Python/GAS を利用した業務改善が得意領域。著書に「データ分析営業 仮説×データで売上を効率的に上げよ」「作るもの・作る人・作り方から学ぶ 採用・人事担当者のためのITエンジニアリングの基本がわかる本」

中島 佑悟

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

DXによって企業におけるデータの収集と管理が加速していきます。デジタル化したことでデータ管理がスムーズになりましたが、利活用までにはいたっていない企業が多くあります。業績を伸ばすには、データを活用し的確な意思決定とサービスや製品の品質向上や働き方を変えていく必要があります。   本シリーズは、データを武器に他者に意思決定を促す授業シリーズです。 今回は、営業担当者がデータ分析に触れる前に学んでおきたい課題把握の方法についてご紹介いたします。 分析作業を始める前に、現状の課題を把握することはもちろん重要ですが、職種によってその把握の方法や種類は違ってきます。 今回は「営業・セールス」のデータ分析に特化して、課題把握の方法について触れていきます。 授業を通して、課題の設定にフォーカスして分析する前に目的をデザインできるようになりましょう。 ■登壇講師 中島 佑悟 営業パートナー 元LAPRAS株式会社のマーケティング・セールスマネージャー。現在はフリーランスとしてベンチャーキャピタルをはじめとした複数の企業で事業支援を行う。新卒でトレンダーズ会社に入社後、営業を主軸にPRから人事まで幅広い業務に従事。ビジネス業務における統計解析や、Python/GAS を利用した業務改善が得意領域。著書に「データ分析営業 仮説×データで売上を効率的に上げよ」「作るもの・作る人・作り方から学ぶ 採用・人事担当者のためのITエンジニアリングの基本がわかる本」

DXによって企業におけるデータの収集と管理が加速していきます。デジタル化したことでデータ管理がスムーズになりましたが、利活用までにはいたっていない企業が多くあります。特に、営業・セールスにおいては、昔ながらの営業を武器に精神論や勢いで業績を求めるビジネスパーソンもいます。業績を伸ばすには、データを活用し的確な意思決定や方向性を決めチーム全体にノウハウを科学する必要があります。   本コースは、「データを武器」に営業チームの営業スタイルのノウハウや効果的な方法をみつけるまでをステップに分けて解説していく授業です。 皆さんの中には、データ分析を行って営業活動で成績をあげたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。営業がデータを使うことにイメージが持てない方もこの授業を見て、理屈を理解し小さく実行することができます。   先生には、toBサービスのマーケティング・セールスマネージャーを歴任し、データを活用し営業チーム全体の売上に貢献してきた中島佑悟さんをお迎えして授業を行います。中島さんは、営業の現場「営業畑」での経験も備え、ビジネス業務では統計解析や、Python/GAS を利用した業務改善が得意としています。文系出身にも関わらず、データ分析について学びを深め実務でも貢献した経験のある中島さんから、分析のテクニックだけでなく勉強方法なども聞いてみましょう。   今後、データを活用して自分の業績をあげていくビジネスパーソンは求められていくでしょう。データを活用して、社内の営業方針やノウハウを共有して共に成果をあげられるセールスマンへと成長していきましょう。   <※このコースについて> このコースは、「課題を導くために、営業活動の実態をつかむ数字の使い方」の授業の続編になります。放送障害の影響で2021年8月6日まで無料公開中です。授業当日までにご覧いただくとより営業データの分析の素養が身につきます。 ■先生 中島 佑悟 営業パートナー 元LAPRAS株式会社のマーケティング・セールスマネージャー。現在はフリーランスとしてベンチャーキャピタルをはじめとした複数の企業で事業支援を行う。新卒でトレンダーズ会社に入社後、営業を主軸にPRから人事まで幅広い業務に従事。ビジネス業務における統計解析や、Python/GAS を利用した業務改善が得意領域。著書に「データ分析営業 仮説×データで売上を効率的に上げよ」「作るもの・作る人・作り方から学ぶ 採用・人事担当者のためのITエンジニアリングの基本がわかる本」

担当の授業一覧 全5授業