2/9(Thu)

今日の生放送

のむら たかし

野村 岳史

株式会社 Desirepath 代表取締役 CEO

2010年4月より一橋大学起業部を設立しキャリアパスの一つの選択肢としての起業の普及というテーマの下、国内外でのベンチャー関連イベント開催やベンチャーへのインターン紹介などの活動を展開。2012年に株式会社Desirepathを立ち上げ、起業に関心のある若者が集まるシェアハウスStartup DOJOを六本木で設立。運営に取り組む。その後2013年8月に拠点を墨田区に移し、ものづくりシェアハウス「浜野インキュベーション」の管理人として活動を開始する。伝統的なものづくりの地域における新しい新事業創出、地域活性化の仕組みを構築すべく活動中。

野村 岳史

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

この授業は、ものづくりの現状分析から、これからのものづくりの可能性、そして新しい価値のつくりかたについて学ぶことが出来る授業です。 第1回目は「メイカーズ・ムーブメントと市民工房の役割」というテーマで授業をします。 ものづくりやデザインに関わる方はもちろんのこと、「これまでの伝統に新しい価値を定義したいと考えている全ての方に受講頂きたい授業です。 昨今のメイカーズムーブメントは、「3Dプリンタ」をヒットにつなげ、これまでには考えられなかったような短時間で試作品を作ることが出来たり、 低い予算でプロダクトの開発が出来るようになりました。 これは市民ひとりひとりが、身近な課題を解決したり、アイデアを具現化したりする手段を手に入れたことを意味します。 個人のプロダクト開発が広がるには、十分なツールと創造力を刺激しあう仲間が集う、コミュニティとしての市民工房が大切な役割を果たします。 その中から本物のプロダクトを生み出すには、経験豊富な町工場の協力が必須です。このためにはアイデアと町工場のマッチングをおこない、必要な資金調達を行う仕組みも必要になります。 新しい産業を生み出すには、既存価値の再定義と、新しい技術革新が融合する必要があります。 今回の授業では、「現状の体系的な理解」「新しい価値創出について」「町工場の可能性とリアル」という3本の連続授業で開講します。 【第1回テーマ】:「メイカーズ・ムーブメントと市民工房の役割」 (1) メイカーズ・ムーブメント ・普通の人達が、日常の中でアイデアを形にしている様子 ・アイデアがコミュニティを産み、そこから製品化へ ※ Maker Faireを題材に (2) 個人が商品開発できる時代 ・リーンスタートアップ ・デザイン思考とプロトタイピング ※ 注目のウェアラブルデバイス Moffを題材に (3) 市民工房の役割 ・工作機械とスキル獲得 ・コミュニティの重要性 ※ Maker’s Base を題材にする予定 ※ Maker’s Base を題材に (4) 製品化への道 ・クラウドファンディング ※ zenmonoを題材にする予定 ・ソフトウェア開発との違い ※ zenmonoを題材に (5) まとめ

この授業は、ものづくりの現状分析から、これからのものづくりの可能性、そして新しい価値のつくりかたについて学ぶことが出来る授業です。 第2回目の授業では、スモールメーカーがいかに、企業や関係者を巻き込んでものづくりをしているか、を題材に、「新しい価値のつくりかた」について学びます。 ものづくりやデザインに関わる方はもちろんのこと、「これまでの伝統に新しい価値を定義したいと考えている全ての方に受講頂きたい授業です。 昨今のメイカーズムーブメントは、「3Dプリンタ」をヒットにつなげ、これまでには考えられなかったような短時間で試作品を作ることが出来たり、低い予算でプロダクトの開発が出来るようになりました。 これまでに成し遂げられなかったことがある技術革新や情報革新によって実現されるということ、これは革命です。 一方、既に日本の産業を下支えしてきた町工場が有ります。町工場には、宇宙にロケットを届け、深海に探査機を送るという、未踏領域へのアプローチを行うことが出来るだけの最先端かつ、最高峰の技術を有しています。 新しい産業を生み出すには、既存価値の再定義と、新しい技術革新が融合する必要があります。 今回の授業では、「現状の体系的な理解」「新しい価値創出について」「町工場の可能性とリアル」という3本の連続授業で開講します。

この授業は、ものづくりの現状分析から、これからのものづくりの可能性、そして新しい価値のつくりかたについて学ぶことが出来る授業です。 第3回目の授業は、「町工場の可能性とリアル」というテーマで、皆さんからの質問に出来る限りお答えします。 昨今のメイカーズムーブメントは、「3Dプリンタ」をヒットにつなげ、これまでには考えられなかったような短時間で試作品を作ることが出来たり、低い予算でプロダクトの開発が出来るようになりました。 これまでに成し遂げられなかったことがある技術革新や情報革新によって実現されるということ、これは革命です。 一方、既に日本の産業を下支えしてきた町工場が有ります。町工場には、宇宙にロケットを届け、深海に探査機を送るという、未踏領域へのアプローチを行うことが出来るだけの最先端かつ、最高峰の技術を有しています。 新しい産業を生み出すには、既存価値の再定義と、新しい技術革新が融合する必要があります。 今回の授業では、「現状の体系的な理解」「新しい価値創出について」「町工場の可能性とリアル」という3本の連続授業で開講します。

担当の授業一覧 全3授業

ものづくりの現場から、新しい価値のつくりかたを学ぶ

第1回 ものづくりの現場から、新しい価値のつくりかたを学ぶ(60分)

2014年2月28日放送

この授業は、ものづくりの現状分析から、これからのものづくりの可能性、そして新しい価値のつくりかたについて学ぶことが出来る授業です。 第2回目の授業では、スモールメーカーがいかに、企業や関係者を巻き込んでものづくりをしているか、を題材に、「新しい価値のつくりかた」について学びます。 ものづくりやデザインに関わる方はもちろんのこと、「これまでの伝統に新しい価値を定義したいと考えている全ての方に受講頂きたい授業です。 昨今のメイカーズムーブメントは、「3Dプリンタ」をヒットにつなげ、これまでには考えられなかったような短時間で試作品を作ることが出来たり、低い予算でプロダクトの開発が出来るようになりました。 これまでに成し遂げられなかったことがある技術革新や情報革新によって実現されるということ、これは革命です。 一方、既に日本の産業を下支えしてきた町工場が有ります。町工場には、宇宙にロケットを届け、深海に探査機を送るという、未踏領域へのアプローチを行うことが出来るだけの最先端かつ、最高峰の技術を有しています。 新しい産業を生み出すには、既存価値の再定義と、新しい技術革新が融合する必要があります。 今回の授業では、「現状の体系的な理解」「新しい価値創出について」「町工場の可能性とリアル」という3本の連続授業で開講します。

これからの産業をつくるために、ものづくりの今を学ぶ

第1回 これからの産業をつくるために、ものづくりの今を学ぶ(60分)

2014年2月27日放送

この授業は、ものづくりの現状分析から、これからのものづくりの可能性、そして新しい価値のつくりかたについて学ぶことが出来る授業です。 第1回目は「メイカーズ・ムーブメントと市民工房の役割」というテーマで授業をします。 ものづくりやデザインに関わる方はもちろんのこと、「これまでの伝統に新しい価値を定義したいと考えている全ての方に受講頂きたい授業です。 昨今のメイカーズムーブメントは、「3Dプリンタ」をヒットにつなげ、これまでには考えられなかったような短時間で試作品を作ることが出来たり、 低い予算でプロダクトの開発が出来るようになりました。 これは市民ひとりひとりが、身近な課題を解決したり、アイデアを具現化したりする手段を手に入れたことを意味します。 個人のプロダクト開発が広がるには、十分なツールと創造力を刺激しあう仲間が集う、コミュニティとしての市民工房が大切な役割を果たします。 その中から本物のプロダクトを生み出すには、経験豊富な町工場の協力が必須です。このためにはアイデアと町工場のマッチングをおこない、必要な資金調達を行う仕組みも必要になります。 新しい産業を生み出すには、既存価値の再定義と、新しい技術革新が融合する必要があります。 今回の授業では、「現状の体系的な理解」「新しい価値創出について」「町工場の可能性とリアル」という3本の連続授業で開講します。 【第1回テーマ】:「メイカーズ・ムーブメントと市民工房の役割」 (1) メイカーズ・ムーブメント ・普通の人達が、日常の中でアイデアを形にしている様子 ・アイデアがコミュニティを産み、そこから製品化へ ※ Maker Faireを題材に (2) 個人が商品開発できる時代 ・リーンスタートアップ ・デザイン思考とプロトタイピング ※ 注目のウェアラブルデバイス Moffを題材に (3) 市民工房の役割 ・工作機械とスキル獲得 ・コミュニティの重要性 ※ Maker’s Base を題材にする予定 ※ Maker’s Base を題材に (4) 製品化への道 ・クラウドファンディング ※ zenmonoを題材にする予定 ・ソフトウェア開発との違い ※ zenmonoを題材に (5) まとめ