9/26(Wed)

今日の生放送

き ようよう

喜 洋洋

株式会社Lang-8代表取締役

中国生まれ。4歳から日本で育つ。 大学在学中に1年間休学して上海に留学をし、そこでlanguage exchangeを行う。 帰国後、お互いに母語を教えあう語学学習サービスLang-8の制作を始め、大学卒業と共に起業。 現在はHiNativeというLang-8の進化版のサービスに注力。 HiNativeを世界一のサービスにするために日々努力中。

喜 洋洋

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

1. Lang-8をやってきた6年間を時系列でお話します。 正直全く成功してないので、何も偉そうなことは話せないです。 ただ、色々とつまずいたり遠回りをしたので、これから起業する方にはこれを反面教師にして頂ければと思っています。 具体的には、エンジニアが辞めて僕一人になって、お金も殆ど無い、プログラミング全くわからない、でも謎のサーバーが動いていてユーザーさんもいる、みたいな絶望的な状態からどうやって立て直したか等をお話します。 スタートアップは急成長しないと意味がなく、その辺がまだ出来てないLang-8ではありますが、どうやって粘り強く生き抜くかはお話できると思います。 (もちろん今後急成長を目指します..!) ※こちらのグラフを使って授業を進めていきます。 2. グローバルなサービスの作り方 Lang-8はユーザーさんの7割が海外の方々です。 Lang-8の海外からの集客方法をお話します。

起業家という巨額の資金調達やイノベーティブな商品・サービスのリリースなど華やかな面がクローズアップされがちですが、その影には人知れない苦労、挫折、失敗が存在します。 「私のHARD THINGS」というテーマでお送りする本企画では、起業家たちが華やかな成功をおさめるまでの影の部分に焦点を当てて、起業家のリアルと逆境で得た学びを紹介していきます。

たくさんの出演者が、あなたとただ雑談する6時間30分 「未来を“発明”するために戦う人が集い、参加者とともに“解決すべき今の課題”、“発明すべき未来”について考える2日間」と銘打った、Schoo初のオンライン生放送カンファレンス「GENNAI2017」。 この知の雑談チャンネルは、メインセッションのサイドチャンネルとして、 同チャンネルゲストと、メインセッションの出演者達による「雑談」をお届けします。 もちろんあなたのコメントや質問も随時出演者に閲覧頂き、 あなたも含めた雑談の中から、ここでしか見いだせなかった気付きとアイデアを探していきます。 9月20日(水)Day1 知の雑談 出演者一覧(敬称略) ・16:00~17:00 佐俣アンリ 氏(ANRI General Partner) 三瓶直樹 氏(株式会社カウンターワークス 代表取締役CEO) ・17:00~18:00 佐俣アンリ 氏(ANRI General Partner) 三瓶直樹 氏(株式会社カウンターワークス 代表取締役CEO) ・18:00~19:00 河野純一郎 氏(伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社 パートナー) 岩本有平 氏(TechCrunch Japan副編集長) 小笠原治 氏(株式会社ABBALab 代表取締役、さくらインターネット株式会社 フェロー) ・19:00~20:00 河野純一郎 氏(伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社 パートナー) 喜洋洋 氏(株式会社Lang-8代表取締役) 柴田陽 氏(株式会社クラウドポート取締役 / Tokyo Founders Fund パートナー) 國光宏尚 氏(株式会社gumi 代表取締役社長) ・20:00〜21:00 喜洋洋 氏(株式会社Lang-8代表取締役) 柴田陽 氏(株式会社クラウドポート取締役 / Tokyo Founders Fund パートナー) 木原誠太郎 氏(株式会社ディクラムラボ 代表取締役) ・21:00〜22:30 和田圭祐 氏(インキュベイトファンド 代表パートナー) 五嶋一人 氏(株式会社iSGSインベストメントワークス 代表取締役) ※上記は現在調整中です。追加情報・変更がある場合は、本ページでお知らせ致します GENNAI2017 公式ページ ※確定情報等はこちらのページでもお知らせ致します

担当の授業一覧 全3授業

新サービスの企画、海外からのユーザー獲得、資金の集め方 - Lang-8 喜 洋洋

第1回 新サービスの企画、海外からのユーザー獲得、資金の集め方 - Lang-8 喜 洋洋(60分)

2017年4月4日放送

今回お招きするのは、株式会社Lang-8 代表取締役の喜 洋洋先生。 外国語や異文化に関して分からないことを質問し、ネイティブスピーカーに回答をしてもらうというソーシャル型の言語学習サービス”HiNative"を運営しているLang-8。HiNativeのユーザー数は55万人を超え、質問数も200万件、回答も545万件を突破するなど、まさに「言語や文化を学ぶ学習者たちのコミュニティ」として順調な成長を続ける同社ですが、そんなLang-8にも成長軌道に乗るまでには人知れない困難や逆境があったようです。 喜先生から、Lang-8流の逆境の乗り越え方をレクチャーしていただきましょう。 ■授業の流れ ※変更となる場合はこちらでお伝えします。 30分/先生から解説 30分/質疑応答 【先生プロフィール】 ■喜 洋洋 株式会社Lang-8代表取締役 中国生まれ。4歳から日本で育つ。 大学在学中に1年間休学して上海に留学をし、そこでlanguage exchangeを行う。 帰国後、お互いに母語を教えあう語学学習サービスLang-8の制作を始め、大学卒業と共に起業。 現在はHiNativeというLang-8の進化版のサービスに注力。 HiNativeを世界一のサービスにするために日々努力中。