7/13(Sat)

今日の生放送

ヴィランティまきののりこ

ヴィランティ牧野祝子

国際エグゼクティブコーチ

株式会社グローバル・キャリアデザイン 代表取締役。 東京生まれ。ミラノ在住。コロンビア大学、INSEAD(インシアード・欧州経営大学院)MBA卒業後、国内外10カ国で、外資系の戦略コンサルタント、多国籍企業のマーケティング、新規事業の立ち上げ等、様々なキャリアを積む。 結婚後もプロジェクトリーダーを務めるなど、精力的に働いていたが、子どもが障がいを持って生まれたのを機に、自力だけではどうにもならないことがあると知り、働き方、あり方を見直す。様々な文化、考え方、事情を持つメンバーが一緒に仕事をし、結果を出すには、個々の良さを引き出し、最大限活用できる環境を作ることが必要だと考え、ポジティブフィードバックを実践しはじめる。 現在は、独立し、国際エグゼクティブコーチ、企業研修講師、コンサルタントとして活動。ポジティブフィードバックを活用したコーチングが好評を博し、法人、個人問わず、グループ面談やセミナーなどを提供。最近は、企業から依頼を受け、経営者、リーダー等にポジティブフィードバックを始めとするビジネススキルを伝承している。3児の母でもある。 また、HPやメルマガ、SNS等で、キャリアについて悩む人々に情報発信をしている。

ヴィランティ牧野祝子

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

「1on1をしているが効果が感じられない」 「どうしたらチームのやる気を引き出せるか悩んでいる」 そんな悩みを改善するのに役立つ「ポジティブフィードバック」に関するコースを開講します。 ポジティブフィードバックとは人や物・出来事の良い面を指摘するフィードバックの一種です。このコースでは、チームのモチベーションをアップさせ、パフォーマンスを改善させる手法について学びます。 このコースでは『人、組織が劇的に変わるポジティブフィードバック』の著者であるヴィランティ牧野祝子先生を講師にお迎えします。     ヴィランティ牧野祝子さん 国際エグゼクティブコーチ 株式会社グローバル・キャリアデザイン 代表取締役。 東京生まれ。ミラノ在住。コロンビア大学、INSEAD(インシアード・欧州経営大学院)MBA卒業後、国内外10カ国で、外資系の戦略コンサルタント、多国籍企業のマーケティング、新規事業の立ち上げ等、様々なキャリアを積む。 結婚後もプロジェクトリーダーを務めるなど、精力的に働いていたが、子どもが障がいを持って生まれたのを機に、自力だけではどうにもならないことがあると知り、働き方、あり方を見直す。様々な文化、考え方、事情を持つメンバーが一緒に仕事をし、結果を出すには、個々の良さを引き出し、最大限活用できる環境を作ることが必要だと考え、ポジティブフィードバックを実践しはじめる。 現在は、独立し、国際エグゼクティブコーチ、企業研修講師、コンサルタントとして活動。ポジティブフィードバックを活用したコーチングが好評を博し、法人、個人問わず、グループ面談やセミナーなどを提供。最近は、企業から依頼を受け、経営者、リーダー等にポジティブフィードバックを始めとするビジネススキルを伝承している。3児の母でもある。 また、HPやメルマガ、SNS等で、キャリアについて悩む人々に情報発信をしている。  

労働市場の流動化が進み、「キャリアや働き方が多様になった」と言われて久しい昨今、男女問わず、キャリア構築のロールモデルを見つけることは大きな関心事なのではないでしょうか。特に女性は、⼈⽣にいくつものライフステージがあり、それぞれにおいて不安やニーズが異なります。 結婚や出産を控え、ワークライフバランスに不安がある方。 キャリアにブランクがあって、以前のポジションに復帰する自信がない方。 子育てがひと段落し、家庭外でも力を発揮したいけど、キャリアにブランクがあってどうしていいかわからない方。 起業したいけどアイディアがまとまらず、悩んでいる方。   このように、女性のキャリアのお悩みは本当に多様で、しかも、「身近に信頼できる相談相手がいない」という方が少なくないのではないでしょうか。 このコースでは『パフォーマンスをアップする「ポジティブフィードバック」』でご登壇いただいた、ヴィランティ牧野祝子先生を講師にお迎えし、女性ならではのキャリアのお悩みについてさまざまな事例紹介を交えつつ、解決法を学んでいきます。   ヴィランティ牧野祝子さん 国際エグゼクティブコーチ   <先生プロフィール> 東京生まれ。米コロンビア大卒、仏INSEADビジネススクールMBA修了。イタリア・ミラノ在住。障害児を含む3児の母。20年国内外10ヵ国で、途中出産育児により3年ほどキャリアを中断しながらも、米系戦略コンサル、仏系化粧品会社、英系酒販会社、伊系ファッションなど多業種で、戦略構築から現場の実働まで国際的キャリアを積む。また、海外企業でもマイナーな女性のシニアマネジメントのポジションや後輩社員のメンターも多く務めた。その後、メンター経験や豊富なビジネス経験とノウハウを活かし、国際エグゼクティブコーチとして独立。 女性として自分の価値の高め方が分からず自信がなくなったり、障害児の娘が産まれてキャリアを諦めたり。相談相手もおらず孤独な時期もありながら、それでも何とかキャリアを繋ぎ、世界中の素晴らしいビジネスリーダーたちやバックグラウンドや常識の異なる部下・チームから多くを学び成長の機会を得る。彼らから習得した世界スタンダードのビジネススキルを、日本の枠に捉われないグローバルな視点で伝え、日本のビジネスパーソン、特に女性のキャリア構築のお役に立ちたいと日々活動中。女性キャリアの「ステージアッププログラム」主宰。国際エグゼクティブコーチ、企業研修講師、コンサルタントとして、法人・個人を問わず、活動をしている。   先生には、みなさんからの質問にもたっぷりとお答えいただきますので、ぜひたくさん質問やコメントをお寄せください。 また、先生のセミナーについて詳しく知りたい方はこちらから詳細をどうぞ!  

森さんが2年に渡り出演してきたSchooホームルームが大幅リニューアル!   「Schooには受講生代表という一緒に学ぶ仲間がいます」 「ホームルーム中では進行を担うのではなく私たち受講生代表も本気で学びます」   SchooのMissionである「世の中から卒業をなくす」という”難題”に受講生代表の7人も日頃から向き合っています。 小学校、中学校の義務教育では「学校へ行くこと」が日常で、その中で「学び」が日々の生活に組み込まれていました。高校からは、高等教育に繋がる学びや、就労に向けてのスキル習得など、目の前の選択肢から選んだ道へ進んだ人が多いと思います。   社会人になってからは目の前の仕事に追われ、自分のために「学ぶ」機会をつくることさえ難しいという声を聞きます。研修など実務に関わることでスキルを身につける機会はありますが、自らの選択肢を増やすための主体的な学びの時間をみなさんはどのくらい設けていますか? 365日生放送授業をお送りしているSchooだからこそ考えられる学び方や学ぶ仲間のつくり方をホームルームを通じて模索できたら嬉しいです。   Schooホームルーム2023では、Schooの受講生や受講生代表が「学ぶ」上で悩んでいるであろう様々な不安や課題に向き合う内容になっています。     例えば... 「興味を持って学び始めるも続かない...」 「学びたいものはたくさんあるが、何から学んだらいいかわからない」 「学びたいとは思うが、本当効果はあるのだろうか...」 「Schooって授業はたくさんあるけど、一体どれからみたらいいの」          etc...     Schooの約7000コンテンツの充実さゆえ、受講生代表ですら何から学んだらいいのか悩む時があります。おすすめ授業の紹介や上記の悩み解決のヒントになる企画も実施予定!   皆さんが普段学ぶうえで抱えている不安や悩みについて募集しております。いつもの生放送と同様にタイムラインでご参加ください! 受講生代表と一緒に「学びを愉しむ2023年」を創っていきましょう!  

やりたいことは山のようにあるのに、気がついたら毎日のように残業。 子供や家族との時間も取れないまま「時間の使い方」に悩むビジネスパーソンは、決して少なくないことと思います。   しかし、海外に目を向けると事情はだいぶ異なるようです。 ヨーロッパでは1ヶ月の長い夏休みを取り、シリコンバレーのスタートアップでは父親が子供のお迎えをし、上海ではアフター5にプライベートを楽しむ。そんな光景が珍しくないのだそうです。 しかも、一見「休んでばかり」に見える海外のほうが競争力が高いという皮肉な結果も出ています。   この授業では、これまで10か国でビジネスに携わってきたミラノ在住国際エグゼクティブコーチのヴィランティ牧野祝子さんが、国際基準の時間術をアレンジし、わたしたちが陥りがちな時間のムダ&ロスの改善策を教えてくださいます。   講師紹介 国際エグゼクティブコーチ。株式会社グローバル・キャリアデザイン 代表取締役。 東京生まれ。ミラノ在住。コロンビア大学、INSEAD(インシアード・欧州経営大学院)MBA卒業後、国内外10カ国で、外資系の戦略コンサルタント、多国籍企業のマーケティング、新規事業の立ち上げ等、様々なキャリアを積む。 結婚後もプロジェクトリーダーを務めるなど、精力的に働いていたが、子どもが障がいを持って生まれたのを機に、自力だけではどうにもならないことがあると知り、働き方、あり方を見直す。様々な文化、考え方、事情を持つメンバーが一緒に仕事をし、結果を出すには、個々の良さを引き出し、最大限活用できる環境を作ることが必要だと考え、ポジティブフィードバックを実践しはじめる。 現在は、独立し、国際エグゼクティブコーチ、企業研修講師、コンサルタントとして活動。ポジティブフィードバックを活用したコーチングが好評を博し、法人、個人問わず、グループ面談やセミナーなどを提供。最近は、企業から依頼を受け、経営者、リーダー等にポジティブフィードバックを始めとするビジネススキルを伝承している。3児の母でもある。 また、HPやメルマガ、SNS等で、キャリアについて悩む人々に情報発信をしている。

担当の授業一覧 全8授業

国際エグゼクティブコーチから学ぶ女性キャリアの今と未来

第8回 国際エグゼクティブコーチから学ぶ女性キャリアの今と未来(45分)

2023年8月8日放送

国際エグゼクティブコーチから学ぶ女性のキャリアの今と未来   急遽、Schooの人気講師ヴィランティ牧野祝子さんが出演決定!     8月ホームルームは初の昼放送です。 そしてともにホームルーム初出演の受講生代表の中田有香さんと宮崎文子さんが担当! ご自身が経験された方は当時の心境や実際経験したことを、今後の不安を抱いている方はその思いを共有し、働く環境についてのシェアをしていきましょう。   また、女性の働き方は『女性』だけが考えればいいことではありません。 多様な働き方や、女性のキャリアについてみんなで考える時間を作ってみませんか。 経験者や心の底にある思いを受講生代表と受講生のみんなで共有することによって、新たな『学び』があるかもしれません。       毎回楽しみにしてくださっているスクー生の皆様ありがとうございます。   Schooホームルームとは・・・ Schooで学んでいる皆さんの多くは、『学び』『学習』に関する関心が高い方が多いと感じます。 しかし、「学びたい」けど学べないというもどかしい経験は誰しもが経験をしているはず。おそらくたった一つのボタンのかけ違いが「学び」への障壁になっているはずです。「何から学んだらいいかわからない」「長続きしない」といった学びの「障壁」にも必ず取り払う手段はあるはずです。   ホームルームはSchooにおける『学びの体現者』である受講生代表が2人登壇します。 本来の授業では受講生代表は基本1人で、授業の進行を担っています。 しかし、受講生代表は一般的なアナウンサーとは異なります。 それぞれが学びへのモチベーションを高く持ち、受講生と同じ気持ちで授業を受け、「学び」によって成長したいと志を持った集団です。       「何を学ぶのか」と同じくらい大事とされているのが『誰と学ぶのか』 自分を取り巻くコミュニティや環境が学びへの助走となることもよくあり、「学び」において非常に重要な要素の1つです。 この『コミュニティ』を作っていくのがSchooホームルームです。   授業とは異なるホームルームならではの楽しい時間を感じてもらえれば幸いです。     受講生代表より