12/1(Wed)

今日の生放送

おおさかや ゆうき

大坂谷 勇輝

㈱LEBEN CAREER代表取締役 ㈱MEXUS代表コーチ

秋田県は男鹿市の生まれ。 大学卒業後、小売流通業界にて店舗運営責任者としてマネジメント業に従事。 前社退職後、半年間の東南アジアにてバックパッカー生活。 帰国後、製薬業界にて、人事戦略室、社長秘書室、人事・総務などの業務に従事。 2014年、人材開発事業「LEBEN CAREER」を創業し、法人設立後は代表取締役に就任。 同社では「コーチングを受けたい」「コーチングを学びたい」という人向けにパーソナルコーチングの提供、プロコーチ育成を行う。 株式会社MEXUSのパーソナルコーチングサービス【REEED(リード)】では代表コーチ及び人材開発事業責任者としても従事。 コーチングの専門領域は、キャリア変革を目的とした行動変容的アプローチ。

大坂谷 勇輝

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

チームとして成果を出すためには、そのため指針となる「目標設定と管理」が不可欠です。 設定された目標設定・管理が適切でなかった場合、チーム全体のパフォーマンスに大きな悪影響を与えてしまいます。 適切な目標設定とその管理はチームメンバーのモチベーションを維持、向上させるための原動力です。 そこで、この授業では適切な目標設定やその具体的な手法、フレームワークについて学びます。 講師には人材開発領域にてプロコーチとして活躍される大坂谷 勇輝氏(㈱MEXUS 代表コーチ/㈱LEBEN CAREER 代表取締役)を迎えし、全4回にわたり授業を届けます。 この授業ではすぐにでも実践で生かせるコツや備えておくべき知識が学べます。 自分自身だけでなく、チームメンバー達へ適切な目標設定・管理ができるようになっていきましょう。   このコースの学習内容 1.目標設定の役割 2.目標設定の具体的方法 3.目標達成に向けてのポイント 4.目標管理の方法(フレームワーク)

私たちは普段の仕事の中で、たくさんの選択をし意味を付けて行動しています。 日々蓄積されていくその考え方や行動は、いつの間にか次のアクションの基準となり、うまく行っているときには気にならないけれど、一度失敗してしまうと、「このままやっていて大丈夫だろうか」「同じ失敗はしたくないからこれ以上はやめておこう」などの思考パターンが形成されます。 このようなマイナス思考のパターンは『感情体験×回数』によって作られます。 大きい失敗をすると、それがたった一度でも挑戦しない自分のほうが傷つかなかったと思ってしまうし、小さい失敗を何度か積み重ねると私たちは同じことでまた傷つくことが怖くなり挑戦することを最初から諦めたほうがいいと思うような思考パターンが形成されます。 では、育ってきた環境や体験で無意識のうちに刷り込まれてしまう思考の癖をどのように自覚してどのように向き合っていったらいいのでしょうか? ワークを行いながら解説します。   ■大坂谷先生が担当している他の授業はこちら 目標設定と管理への基礎理解

担当の授業一覧 全5授業