1/24(Thu)

今日の生放送

Excelを活用したデータ分析の基本

Excelを活用したデータ分析の基礎と応用【並べ替え編】

第1回:2015年2月17日公開

60min

Excelを活用したデータ分析の基礎と応用【並べ替え編】

おためし受講する(5分)

コース概要

■Excelで行うデータ分析

と言えば、まず思いつくのはピボットテーブルでしょう。確かにピボットテーブルは、Excelに用意された強力なデータ分析機能です。しかし、それだけではありません。

そもそも"データ分析"とは何でしょう。数値や文字列などのデータに対して、何らかの分析を行うことがデータ分析なら、Excelで行う作業のほとんどはデータ分析と言えます。つまり「データ分析=限られた人が行う専門的な作業」ではなく、Excelを操作するすべてのユーザーが知っておくべき基本技能なのです。データ分析は、専門の分析官が行う難しい手法ではなく(それもありますが)、Excelの基本的な使い方である「入力→計算→出力」の「計算」過程において行う、ベーシックな操作です。

3回の授業では「並べ替え」「オートフィルタ」「ピボットテーブル」を中心に解説しますが、いずれにも共通して必要な「テーブル」機能を忘れてはいけません。元のデータを、普通のワークシートではなく、テーブル形式に変換しておくことで、それぞれの機能を有効活用できます。また、元データを並べ替えたり、オートフィルタで絞り込むにあたって、ワークシート関数を活用すると便利なこともあります。そうした、テーブルや関数の使い方についても、詳細に解説します。

データ分析の技術や考え方を身につけると、Excelで出来ることの幅が広がります。あるいは、今まで時間や手間をかけて苦労していた作業が、ワンタッチで完了します。難しく考えずに「データ分析=Excelの基本操作」と認識してください。

■授業の進め方(サンプルブックをダウンロードして下さい。)

サンプルのブック(http://bit.ly/1EGCRoC)をダウンロードして、私と一緒に操作してください。ただし、時間の関係で私の操作は速いです(笑)。ですから、見ているだけでもけっこうです。授業終了後に、授業で解説したポイントや操作方法などを、パワーポイントのスライドで提供します。ぜひ、そのスライドを見ながら復習をしてください。

■カリキュラム内容(予定)

1日目:並べ替え
(1)簡単そうで奥が深い並べ替え
(2)並べ替えで起きる不思議な現象と対処法
(3)セルの背景色や文字色で並べ替える
(4)さまざまな並べ替えテクニック
など

2日目:オートフィルタ
(1)オートフィルタの基本
(2)条件付き書式で絞り込む
(3)2クリックで絞り込む
(4)絞り込んだ結果の再利用
など

3日目:ピボットテーブル
(1)実は簡単ピボットテーブル
(2)複数データからピボットテーブルの作成
(3)ピボットテーブルを使ったさまざまな応用例
(4)ピボットテーブルは最終形態ではない
など

■使用するExcelについて

授業の内容は、Excel 2007以降を前提にしています。
ダウンロードできるブックの形式は「xlsx」です。
バージョンによって操作や機能に違いがある場合は、授業内で解説します。
Mac版のExcel 2011については、授業内で補足します。

こんな人にオススメ

Excelを活用してデータ分析をしたいビジネスパーソン

担当の先生

パーソナリティ

  • 鈴木 顕照

    鈴木 顕照

    スクー放送部

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

  • 鈴木 満里乃

    鈴木 満里乃

    スクー放送部

参加したい受講生 : 1769

カテゴリー

タグ

今なら初月無料ですべての授業が見放題!
今すぐ無料でおためし

授業リスト

Excelを活用したデータ分析の基礎と応用【並べ替え編】

2015年2月17日公開

60min.

■Excelで行うデータ分析

と言えば、まず思いつくのはピボットテーブルでしょう。確かにピボットテーブルは、Excelに用意された強力なデータ分析機能です。しかし、それだけではありません。

そもそも"データ分析"とは何でしょう。数値や文字列などのデータに対して、何らかの分析を行うことがデータ分析なら、Excelで行う作業のほとんどはデータ分析と言えます。つまり「データ分析=限られた人が行う専門的な作業」ではなく、Excelを操作するすべてのユーザーが知っておくべき基本技能なのです。データ分析は、専門の分析官が行う難しい手法ではなく(それもありますが)、Excelの基本的な使い方である「入力→計算→出力」の「計算」過程において行う、ベーシックな操作です。

3回の授業では「並べ替え」「オートフィルタ」「ピボットテーブル」を中心に解説しますが、いずれにも共通して必要な「テーブル」機能を忘れてはいけません。元のデータを、普通のワークシートではなく、テーブル形式に変換しておくことで、それぞれの機能を有効活用できます。また、元データを並べ替えたり、オートフィルタで絞り込むにあたって、ワークシート関数を活用すると便利なこともあります。そうした、テーブルや関数の使い方についても、詳細に解説します。

データ分析の技術や考え方を身につけると、Excelで出来ることの幅が広がります。あるいは、今まで時間や手間をかけて苦労していた作業が、ワンタッチで完了します。難しく考えずに「データ分析=Excelの基本操作」と認識してください。

■授業の進め方(サンプルブックをダウンロードして下さい。)

サンプルのブック(http://bit.ly/1EGCRoC)をダウンロードして、私と一緒に操作してください。ただし、時間の関係で私の操作は速いです(笑)。ですから、見ているだけでもけっこうです。授業終了後に、授業で解説したポイントや操作方法などを、パワーポイントのスライドで提供します。ぜひ、そのスライドを見ながら復習をしてください。

■カリキュラム内容(予定)

1日目:並べ替え
(1)簡単そうで奥が深い並べ替え
(2)並べ替えで起きる不思議な現象と対処法
(3)セルの背景色や文字色で並べ替える
(4)さまざまな並べ替えテクニック
など

2日目:オートフィルタ
(1)オートフィルタの基本
(2)条件付き書式で絞り込む
(3)2クリックで絞り込む
(4)絞り込んだ結果の再利用
など

3日目:ピボットテーブル
(1)実は簡単ピボットテーブル
(2)複数データからピボットテーブルの作成
(3)ピボットテーブルを使ったさまざまな応用例
(4)ピボットテーブルは最終形態ではない
など

■使用するExcelについて

授業の内容は、Excel 2007以降を前提にしています。
ダウンロードできるブックの形式は「xlsx」です。
バージョンによって操作や機能に違いがある場合は、授業内で解説します。
Mac版のExcel 2011については、授業内で補足します。

スライド資料

Excelを活用したデータ分析の基礎と応用【オートフィルタ編】

2015年2月18日公開

60min.

■Excelで行うデータ分析

と言えば、まず思いつくのはピボットテーブルでしょう。確かにピボットテーブルは、Excelに用意された強力なデータ分析機能です。しかし、それだけではありません。

そもそも"データ分析"とは何でしょう。数値や文字列などのデータに対して、何らかの分析を行うことがデータ分析なら、Excelで行う作業のほとんどはデータ分析と言えます。つまり「データ分析=限られた人が行う専門的な作業」ではなく、Excelを操作するすべてのユーザーが知っておくべき基本技能なのです。データ分析は、専門の分析官が行う難しい手法ではなく(それもありますが)、Excelの基本的な使い方である「入力→計算→出力」の「計算」過程において行う、ベーシックな操作です。

3回の授業では「並べ替え」「オートフィルタ」「ピボットテーブル」を中心に解説しますが、いずれにも共通して必要な「テーブル」機能を忘れてはいけません。元のデータを、普通のワークシートではなく、テーブル形式に変換しておくことで、それぞれの機能を有効活用できます。また、元データを並べ替えたり、オートフィルタで絞り込むにあたって、ワークシート関数を活用すると便利なこともあります。そうした、テーブルや関数の使い方についても、詳細に解説します。

データ分析の技術や考え方を身につけると、Excelで出来ることの幅が広がります。あるいは、今まで時間や手間をかけて苦労していた作業が、ワンタッチで完了します。難しく考えずに「データ分析=Excelの基本操作」と認識してください。

■授業の進め方

サンプルのブックhttp://bit.ly/17cHAUvをダウンロードして、私と一緒に操作してください。ただし、時間の関係で私の操作は速いです(笑)。ですから、見ているだけでもけっこうです。授業終了後に、授業で解説したポイントや操作方法などを、パワーポイントのスライドで提供します。ぜひ、そのスライドを見ながら復習をしてください。

■カリキュラム内容(予定)

1日目:並べ替え
(1)簡単そうで奥が深い並べ替え
(2)並べ替えで起きる不思議な現象と対処法
(3)セルの背景色や文字色で並べ替える
(4)さまざまな並べ替えテクニック
など

2日目:オートフィルタ
(1)オートフィルタの基本
(2)条件付き書式で絞り込む
(3)2クリックで絞り込む
(4)絞り込んだ結果の再利用
など

3日目:ピボットテーブル
(1)実は簡単ピボットテーブル
(2)複数データからピボットテーブルの作成
(3)ピボットテーブルを使ったさまざまな応用例
(4)ピボットテーブルは最終形態ではない
など

■使用するExcelについて

授業の内容は、Excel 2007以降を前提にしています。
ダウンロードできるブックの形式は「xlsx」です。
バージョンによって操作や機能に違いがある場合は、授業内で解説します。
Mac版のExcel 2011については、授業内で補足します。

スライド資料

Excelを活用したデータ分析の基礎と応用【ピボットテーブル編】

2015年2月19日公開

60min.

■Excelで行うデータ分析

と言えば、まず思いつくのはピボットテーブルでしょう。確かにピボットテーブルは、Excelに用意された強力なデータ分析機能です。しかし、それだけではありません。

そもそも"データ分析"とは何でしょう。数値や文字列などのデータに対して、何らかの分析を行うことがデータ分析なら、Excelで行う作業のほとんどはデータ分析と言えます。つまり「データ分析=限られた人が行う専門的な作業」ではなく、Excelを操作するすべてのユーザーが知っておくべき基本技能なのです。データ分析は、専門の分析官が行う難しい手法ではなく(それもありますが)、Excelの基本的な使い方である「入力→計算→出力」の「計算」過程において行う、ベーシックな操作です。

3回の授業では「並べ替え」「オートフィルタ」「ピボットテーブル」を中心に解説しますが、いずれにも共通して必要な「テーブル」機能を忘れてはいけません。元のデータを、普通のワークシートではなく、テーブル形式に変換しておくことで、それぞれの機能を有効活用できます。また、元データを並べ替えたり、オートフィルタで絞り込むにあたって、ワークシート関数を活用すると便利なこともあります。そうした、テーブルや関数の使い方についても、詳細に解説します。

データ分析の技術や考え方を身につけると、Excelで出来ることの幅が広がります。あるいは、今まで時間や手間をかけて苦労していた作業が、ワンタッチで完了します。難しく考えずに「データ分析=Excelの基本操作」と認識してください。

■授業の進め方

サンプルのブック(http://bit.ly/1CLkEnS)をダウンロードして、私と一緒に操作してください。ただし、時間の関係で私の操作は速いです(笑)。ですから、見ているだけでもけっこうです。授業終了後に、授業で解説したポイントや操作方法などを、パワーポイントのスライドで提供します。ぜひ、そのスライドを見ながら復習をしてください。

■カリキュラム内容(予定)

1日目:並べ替え
(1)簡単そうで奥が深い並べ替え
(2)並べ替えで起きる不思議な現象と対処法
(3)セルの背景色や文字色で並べ替える
(4)さまざまな並べ替えテクニック
など

2日目:オートフィルタ
(1)オートフィルタの基本
(2)条件付き書式で絞り込む
(3)2クリックで絞り込む
(4)絞り込んだ結果の再利用
など

3日目:ピボットテーブル
(1)実は簡単ピボットテーブル
(2)複数データからピボットテーブルの作成
(3)ピボットテーブルを使ったさまざまな応用例
(4)ピボットテーブルは最終形態ではない
など

■使用するExcelについて

授業の内容は、Excel 2007以降を前提にしています。
ダウンロードできるブックの形式は「xlsx」です。
バージョンによって操作や機能に違いがある場合は、授業内で解説します。
Mac版のExcel 2011については、授業内で補足します。

スライド資料

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ