Show the Excel-大量データ取得時代のExcel術-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
各種計算の秘技、大量のVLOOKUP関数を爆速にする方法
第1回:2017年7月4日公開 01:00:00

各種計算の秘技、大量のVLOOKUP関数を爆速にする方法

受講する

-Show the Excel-学べるエンターテイメントとも呼べる、田中亨先生のExcelの授業が帰ってきます。

大量データを扱うことが多くなった今、Excelの使い方は変わろうとしています。クラウドが普及し、元データがサーバーから提供されるようになると「サーバーから提供される膨大なデータを扱う際、今までのようにVLOOKUP関数で表引きしようとすると再計算に時間がかかる」等、現在の使い方では対応できないことが増えてきます。

・日付がExcelのシリアル値ではない形式で提供される
・複数のCSVファイルやブックからデータを集約しなければならない

この授業では、上記のような課題と向き合わなければいけない「これからのExcelユーザー」にとって必要な技術と考え方を詳しく解説していきます。

■田中先生過去授業ハイライト

「機能は覚えるもの、関数とVBAは作るもの」
参考授業:Excelが苦手な人のための、汎用例マスター講義

授業一覧
各種計算の秘技、大量のVLOOKUP関数を爆速にする方法
2017年7月4日公開
01:00:00

指定した範囲の中から検索条件に一致したデータを検索し取り出してくれる関数、VLOOKUP。今回は大量データ時代にあわせて、増えがちなVLOOKUP関数を短い時間で処理させる方法を田中先生の実演から学びます。

■今回の先生 田中 先生

一般社団法人 実践ワークシート協会 代表理事​
Microsoftが優れた技術者へ授与するMVP(Most Valuable Professional)では、日本人で初めてExcel部門を受賞。各地でExcelに関するセミナーや講演を実施し、受講者は10000人を超える。「Excel 関数/数式 完全制覇パーフェクト」「Excel VBA 逆引き辞典パーフェクト」など著書多数。

 

大量データ時代に遭遇する新たなトラブル解消法
2017年7月11日公開
01:00:00

大量のデータを上手にコントロールしようとすると、扱うデータ数が少なかったときには起きなかったトラブルも発生するケースがあります。今回は、大量データ時代だからこそ起こり得るトラブルの対処法を田中先生の実演から学んでいきます。

■今回の先生 田中 先生

一般社団法人 実践ワークシート協会 代表理事​
Microsoftが優れた技術者へ授与するMVP(Most Valuable Professional)では、日本人で初めてExcel部門を受賞。各地でExcelに関するセミナーや講演を実施し、受講者は10000人を超える。「Excel 関数/数式 完全制覇パーフェクト」「Excel VBA 逆引き辞典パーフェクト」など著書多数。

  • オープニング
  • 01:02
  • 自己紹介
  • 00:56
  • 授業のテーマ
  • 02:33
  • デモ:CSVで起こる不具合①
  • 00:38
  • デモ:合計を出す
  • 02:00
  • デモ:ピボットテーブル
  • 00:27
  • デモ:並べ替え時のトラブル
  • 02:48
  • フリガナとは?
  • 02:04
  • 変換しないで漢字を入力するには
  • 03:15
  • フリガナが混在しているとき
  • 01:38
  • デモ:リストから入力
  • 02:39
  • Q:csvで読み込んだ漢字をwindowsのキーボードで再変換キーを押したらどうなるんだろう?
  • 00:40
  • デモ:フリガナを一発でふる
  • 01:23
  • デモ:PHONETIC関数
  • 01:51
  • CSVデータの漢字をExcelで編集するときは注意
  • 01:08
  • デモ:CSVで起こる不具合②
  • 04:23
  • Excelは日付をシリアル値で扱っている
  • 00:30
  • シリアル値とは
  • 01:31
  • セルに日付を入力する仕組み
  • 04:25
  • DBサーバーなどから提供されるCSVファイル
  • 01:34
  • デモ:テキストとして入力された日付を変換する①
  • 02:23
  • デモ:テキストとして入力された日付を変換する②
  • 01:50
  • デモ:日付の表示形式
  • 07:23
  • まとめ
  • 01:19
  • Q:CSVデーターの呼び込み時に、①テキストを開いて全コピー全ペースト、を上司は進めてくるのですが、コッソリと、②外部データーの取り込みのテキスト、します。どのような呼び込み方がよいのですか?
  • 01:10
  • Q:1900年1月1日より昔の日付はEXCELはどうやって扱うの?シリアル値が無効??歴史学者とか、困らないのかな?
  • 00:56
  • Q:DATESERIAL関数は標準関数ではないのでしょうか?見つけられないのです。
  • 00:53
  • Q:先生のような裏技や関数はどのように学んだのでしょうか?excelを使い込むしかないのでしょうか。そのようなスキルをまとめていあるお薦めの書籍などはありますでしょうか。もしあれば教えてください。
  • 03:49
  • 次回授業について
複数ブックや複数CSVを効率よく操作するテクニック
2017年7月18日公開
01:00:00

大量のデータを扱う際に、集約しなければいけないシーンが出るブックやCSV。今回はこれらを効率よく扱っていくための操作方法を、田中先生の実演から学びます。

■今回の先生 田中 先生

一般社団法人 実践ワークシート協会 代表理事​
Microsoftが優れた技術者へ授与するMVP(Most Valuable Professional)では、日本人で初めてExcel部門を受賞。各地でExcelに関するセミナーや講演を実施し、受講者は10000人を超える。「Excel 関数/数式 完全制覇パーフェクト」「Excel VBA 逆引き辞典パーフェクト」など著書多数。

  • オープニング
  • 01:27
  • 自己紹介
  • 01:05
  • クラウドの普及
  • 05:06
  • デモ1
  • 01:55
  • デモ1:手動操作
  • 02:37
  • デモ1:マクロ(VBA)
  • 02:08
  • デモ2
  • 00:45
  • デモ2:手動操作
  • 01:22
  • デモ2:マクロ(VBA)
  • 01:58
  • Excel2016の標準機能「取得と変換」
  • 05:52
  • 複数のCSVを合体させる
  • 04:16
  • 「取得と変換」とは:「Power Query」
  • 01:09
  • Excelと各種のデータを接続する仕組み
  • 04:48
  • デモ3
  • 03:02
  • Excelの更新頻度
  • 01:34
  • デモ4
  • 07:55
  • Q:取得後に、元のEXCELファイル無しに出来ますか?
  • 00:59
  • Q:データを結合して作成したExcelファイルを、ほかの場所に移動した場合もデータは保持されますか?
  • 00:42
  • Q:csvファイルで
  • 00:55
  • Q:毎月バージョンアップしてるexcel2016ってexcel2013やexcel2010と、ファイルの互換性は取れているんでしょうか?
  • 00:44
  • Q:今日の取得と変換とアクセスよりも使い勝手が良いですか?
  • 00:38
  • Q:ピボット解除機能、2013以前ではないのでしょうか?
  • 00:36
  • Q:このエクセルを保存するにはCSVファイルも一緒に保存する必要があるのですか?連動しないで独立させることもできるのでしょうか?
  • 00:57
  • Q:昔はパソコン教室に通いましたがいちばん効率よく今のようなエクセルが学べる勉強方法は何がよいでしょうか?
  • 00:47
  • Q:先ほどの、「合計」セルを結合するところ、調べたらどこかで勉強できますか?
  • 00:38
  • Q:毎回説得力のある力強い授業をありがとうございます!授業内容とヅレますが、、泣。オフィス田中のサイトを利用し楽しく学んでいます。先生が思うMOS(Microsoft Office Specialist)の勉強方法を教えていただけないでしょうか。
  • 01:19
  • まとめ
こんな人にオススメ
全般

Excel上でで大量のデータを上手く扱えるようになりたい方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

この授業を受けたい(1307人)
その他 1228人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×