11/17(Sat)

今日の生放送

俺の墓参り -甦った加藤清正と学ぶ「我の最期と祀られ方」-

俺の墓参り -甦った加藤清正と学ぶ「我の最期と祀られ方」-

第1回:2018年8月14日公開

60min

俺の墓参り -甦った加藤清正と学ぶ「我の最期と祀られ方」-

おためし受講する(5分)

コース概要

「現代に甦った我、加藤 肥後守 清正と共に墓参りに行かぬか?」

本授業は、四百年の時を越えて現代日本に蘇った加藤清正公と一緒にお墓参りをする生放送です。本人が、どのような最期を遂げたのか、そしてどんなお墓に祀られているのかを学びながら、お墓参りしましょう。

■四百年の時を越えて現代日本に蘇った?
普段は「名古屋おもてなし武将隊」として名古屋市を盛り上げるべく、日々奔走なさっている清正公。今回は特別に現世のテクノロジーSkypeを使って名古屋からみなさんと交流されます。清正公のことが気になる方は、Twitter @nagoyabushotaiを覗いてみてください。

■過去の録画授業を無料公開中
過去放送した生放送『徳川家康であるが質問はあるか?』を現在無料公開中です。本授業のことが気になる方は、ぜひコチラの授業も合わせて受講してみてください。

■登壇する武将

加藤 肥後守 清正
肥後熊本藩 初代藩主 (名古屋おもてなし武将隊)
名古屋中村生まれ、豊臣秀吉様に忠義を尽くした。 朝鮮出兵での虎退治をはじめ、賤ヶ岳の戦いでの七本槍、文禄・慶長の役など武勇に秀でる。一方で、人望も厚く、誰もできないと言われた熊本の町を治めるなど政治面でも手腕を発揮した。 戦いの経験をもとにした築城技術は一級で、築城の名手ともいわれる。難攻不落の熊本城は、食べられる城としてや、武者返しの石垣が有名。名古屋城をはじめ、多くの名だたる城も手がける。 特技は戦。好きなものは、秀吉様。ねね様。家臣。熊本の民。セロリ。 苦手なものは、秀吉様の敵。石田三成、小西行長をはじめとする文治派の人たち。汚い厠。

担当の先生

パーソナリティ

  • 中田 有香

    中田 有香

    スクー放送部

参加したい受講生 : 215

カテゴリー

タグ

今なら初月無料ですべての授業が見放題!
今すぐ無料でおためし

授業リスト

俺の墓参り -甦った加藤清正と学ぶ「我の最期と祀られ方」-

2018年8月14日公開

60min.

■アジェンダ
・自身の人生と最期について
・自身が祀られる墓について
・加藤清正であるが何か質問はあるか?

※授業内容は変更となる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

先生

加藤 肥後守 清正

我こそは肥後国初代熊本城城主、加藤清正である。皆の者、儂は盆で墓に戻ってきているが、皆の声は聞こえておるぞ。この機会に、聞きたいことは何でも聞くがよい。戦に自信のある儂が、現世で戦う主らに、先人としての知恵を授けようぞ。

スライド資料

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ