世界を揺るがす発想はいかにして得られたのか -T型フォード誕生からiPhoneまで-

世界を揺るがす発想はいかにして得られたのか -T型フォード誕生からiPhoneまで-

2017年9月18日最終更新(全1回)

コース概要

アメリカ産業史きってのイノベーション、T型フォードが生まれた理由を「フォードの起業家としての特長」「フォードが生きた時代の経済や社会の動き」から考察します。T型フォードに始まり、9/12に発表された新型iPhoneにいたるまで脈々と受け継がれるアメリカの起業家精神、イノベーションを生み出す気運の起源を、一緒に辿っていきましょう。本授業を担当するのは、『[マネジメントを目指すための世界史]最新北朝鮮情勢を読み解く』でおなじみの、李 東潤先生です。

■T型フォードとは...

フォード・モーターが、1908年に発売した自動車。それまでの常識覆す、画期的生産方法を取り入れたことで、一躍アメリカ全土を席巻する自動車となった。

■先生プロフィール

李 東潤(り とんゆん)
コンテンツプロバイダー
1983年生まれ東京都在住。青山学院中等部・高等部卒。 慶應義塾大学総合政策学部にて、国際政治学を専攻。 卒業論文で学部優秀論文賞(SFC AWARD)受賞。 2006年住友商事に入社し、海外駐在を含めた実務経験から 様々なビジネスの知見を得る。 現在「その分からない、解消します」をモットーに歴史を軸にしたコンテンツ作成者・ニュース解説者として活躍中。冷徹な分析力で現代社会とビジネスを診断する。

こんな人にオススメ

起業したいけど、いいアイディアが思い浮かばない人