LIVE
ON AIR

19:00 - 20:00

管理職のための組織運営力 生放送中

LIVE
ON AIR

19:00 - 20:00

[知らないと損をする教養]個人型確定拠出年金の仕組み 生放送中

[ビジネスパーソンのための世界史]世界史から読み解く現代時事問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イラク・フセイン政権の崩壊が北朝鮮に与えた衝撃。過激化する核・ミサイル開発。
次回の生放送
9月3日(日)
21:00 - 22:00
生放送の参加は無料です

ヨーロッパの難民問題、日中関係、過激派組織とテロリズムなど、ニュースや新聞で報道される世界中の出来事。激動の世界情勢はニュースを見ているだけでは、なかなかその本質を理解するのは難しいものです。そのためには、ニュースで報道される事項だけではなく、「この事件、問題が起きる以前にどのような経緯があったのか?そもそもの問題の発端はどこにあるのか?」など『歴史』を深く知る必要があるのです。この授業では、「過去の歴史がどのように『今』に繋がっているのか?」「過去の歴史を紐解いていくことでどんな未来が予測できるのか?」などを解き明かしていきます。

全3回でお送りする授業のテーマは「北朝鮮の核・ミサイル開発」。北朝鮮の核開発の進捗や、ミサイル発射演習に関する報道は頻繁にニュースに取り上げられますが、そもそも北朝鮮は何故ここまで核・ミサイル開発に執着しているのか考えたことはありますか?北朝鮮の核・ミサイル戦略の背景を第二次世界大戦後の世界の動きを踏まえて探り、この問題をより深く理解していきましょう。


【講師プロフィール】
李 東潤(り とんゆん)
コンテンツプロバイダー
1983年生まれ東京都在住。青山学院中等部・高等部卒。 慶應義塾大学総合政策学部にて、国際政治学を専攻。 卒業論文で学部優秀論文賞(SFC AWARD)受賞。 2006年住友商事に入社し、海外駐在を含めた実務経験から 様々なビジネスの知見を得る。 現在、歴史を軸にしたコンテンツ作成者として活躍中。 冷徹な分析力で現代社会とビジネスを診断する。



 

次回の生放送

9月3日(日) 21:00 - 22:00

イラク・フセイン政権の崩壊が北朝鮮に与えた衝撃。過激化する核・ミサイル開発。

現代に繋がる北朝鮮の核・ミサイル開発拡大路線は何が引き金なのか?真相に迫る60分

第3回は、イラク・フセイン政権の崩壊が北朝鮮に与えた衝撃と、その結果過激化していった核・ミサイル開発に関して解説をしていきます。

【授業アジェンダ】
① 前回授業のおさらい(深掘りする時事ニュース紹介/前回解説した世界史復習)
② 今回の授業テーマに関して解説
※授業内容は変更となる場合があります。変更があった場合はこのページで更新していきます。

授業一覧
朝鮮半島の南北分断と冷戦構造。日本の戦後復興と独立を後押しした国際情勢。
2017年8月6日公開
01:00:00

米ソ冷戦構造が南北朝鮮に与えた影響を考える60分

初回は、朝鮮半島が南北分断された経緯をその当時の冷戦構造から紐解いていきます。

【授業アジェンダ】
① 今回の解説する授業テーマと時事ニュース発表
② 時事ニュースをより深く理解するために必要な世界史解説
※授業内容は変更となる場合があります。変更があった場合はこのページで更新していきます。
 

  • オープニング
  • 00:55
  • 自己紹介
  • 01:17
  • アジェンダ
  • 02:00
  • 北朝鮮の現状について
  • 00:01
  • 【先生からの質問】皆さんは北朝鮮に対してどのようなイメージを持っていますか?
  • 02:21
  • ・北朝鮮のイメージ
  • 02:43
  • ・北朝鮮と韓国の分断独立
  • 00:42
  • 【先生からの質問】韓国と北朝鮮が独立したのは西暦何年でしょうか?
  • 05:25
  • ・朝鮮戦争勃発前の国際情勢:米ソ冷戦構造
  • 07:45
  • ・朝鮮戦争の勃発:南進する北朝鮮
  • 01:37
  • 【先生からの質問】北朝鮮の攻撃によって、韓国はどこまで攻め込まれたでしょうか?
  • 06:39
  • ・朝鮮戦争の転換点:仁川上陸作戦
  • 01:57
  • ・朝鮮戦争の転換点:中国の介入
  • 04:02
  • ・朝鮮戦争の膠着:38度線での攻防
  • 02:43
  • ・朝鮮戦争の影響:その時、日本は
  • 00:02
  • 【先生からの質問】サンフランシスコ講和会議は西暦何年に開催されたでしょうか?
  • 11:17
  • 質疑応答
  • 03:42
  • まとめ
  • 01:09
  • 先生からのお知らせ
  • 00:31
  • 次回授業のお知らせ
  • 03:06
  • エンディング
  • Q.なぜアメリカは攻撃を受けなかったのでしょう?
  • 33:27
  • Q.中国はなぜ応戦したのでしょう?
  • 02:08
  • Q.今、韓国と北朝鮮が戦ったらどちらが勝つと思われますか?
  • 00:49
  • Q.韓国と北朝鮮は、統一可能ですか?
  • 02:39
  • Q.韓国は首都をなぜもう少し南に移動しなかったんでしょうか?
  • 00:53
  • Q.中国は義勇軍としてしか戦力を出さなかった理由は何でしょう?
  • 01:06
  • Q.北朝鮮と韓国の国民の気持ちは統合したいと思っているんでしょうか?
南北朝鮮の経済格差と冷戦の終結。核・ミサイル開発の中止と引き換えの経済援助。
2017年8月20日公開
01:00:00

南北朝鮮の経済格差が広がったことで、2国の関係はどのように変わったのか?を知る60分

第2回は、冷戦の集結がどのように南北朝鮮の政治・経済、そしてミサイル開発に影響を与えたのかを解説していきます。

【授業アジェンダ】
① 前回授業のおさらい(深掘りする時事ニュース紹介/前回解説した世界史復習)
② 今回の授業テーマに関して解説
※授業内容は変更となる場合があります。変更があった場合はこのページで更新していきます。
 

イラク・フセイン政権の崩壊が北朝鮮に与えた衝撃。過激化する核・ミサイル開発。
生放送9月3日(日) 21:00 - 22:00

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

現代に繋がる北朝鮮の核・ミサイル開発拡大路線は何が引き金なのか?真相に迫る60分

第3回は、イラク・フセイン政権の崩壊が北朝鮮に与えた衝撃と、その結果過激化していった核・ミサイル開発に関して解説をしていきます。

【授業アジェンダ】
① 前回授業のおさらい(深掘りする時事ニュース紹介/前回解説した世界史復習)
② 今回の授業テーマに関して解説
※授業内容は変更となる場合があります。変更があった場合はこのページで更新していきます。

こんな人にオススメ
全般

時事問題をより深く理解したい方/歴史から示唆を得たい方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 太田 温子

    太田 温子

    スクー放送部

この授業を受けたい(304人)
その他 224人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

イラク・フセイン政権の崩壊が北朝鮮に与えた衝撃。過激化する核・ミサイル開発。

[ビジネスパーソンのための世界史]世界史から読み解く現代時事問題

次回 9月3日(日) 21:00~22:00

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×