2/28(Fri)

今日の生放送

こばやし しょうへい

小林 昌平

.

1976年生まれ。専攻は哲学・美学。電通トランスフォーメーション・プロデュース局にて活躍する傍ら、事業構想大学院大学の客員フェローとして事業開発人材の育成に努める。テーマは、哲学・文学など人文科学の知見と戦略思考を統合し、包括的で越境的なアイデアを編み出す “ Humanities on Industry(HoI)"。2018年に出版した著書「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」は、わかりやすく深い哲学入門書として各界称賛のロングセラーに。恋愛コミュニケーションやアイデア発想など身近なテーマを、哲学や美学、認知科学の立場から考察している。

小林 昌平

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

登壇しているコミュニティ

担当のコース

この授業を一言で表すと... 「哲学者の考え方を元に、人間の普遍的悩みの解決策を考える授業です。」 毎回、一つの「悩み」を設定、哲学者の言葉を元に深掘ります。授業の後半では、哲学的対話を受講生と講師が一緒になって行います。 ▼この授業で学べること ・人間の悩みに対する、哲学者の考え方 ・哲学者の言葉を、自分事にする思考プロセス   ▼こんな人にオススメ! ・哲学に関心を持つが、専門的に学んだ経験はない人 ・各授業の「悩み」に共感する人 ▼授業のゴール ディスカッションを通じて、その解決策を自分事化すること ■登壇する先生 小林昌平 1976年生まれ。専攻は哲学・美学。電通トランスフォーメーション・プロデュース局にて活躍する傍ら、事業構想大学院大学の客員フェローとして事業開発人材の育成に努める。テーマは、哲学・文学など人文科学の知見と戦略思考を統合し、包括的で越境的なアイデアを編み出す “ Humanities on Industry(HoI)"。2018年に出版した著書「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」は、わかりやすく深い哲学入門書として各界称賛のロングセラーに。恋愛コミュニケーションやアイデア発想など身近なテーマを、哲学や美学、認知科学の立場から考察している。

この授業を一言で表すと... 「あなたのキャリアに関する悩みを、哲学者の言葉を元に考える対話型授業です。」   こんな悩み、あなたも一度は感じたことがありませんか? 「やりたいことなんてない、だけど今の仕事を続けて大丈夫なのだろうか」 「自分は何のために生まれ、何のためにこの仕事をやってるんだろう」 「やる気がでない、働きたくない、けれど働かなければならない」   自分と見つめ合ったり、他人と比較したりすると、ぼんやりと焦燥感を感じますよね。 そこで本授業は「キャリア」にまつわる問いを一つ設定し、それに対する哲学者の考えを紹介します。それを受けて、さらに先生と受講生がリアルタイムに対話することであなたにとっての「答え」を探しましょう。加えて、あなたの悩みもコメントしてください。先生がその場で哲学者の言葉を引用しながら、思考の糸口を提供します。   この授業で学べること ・キャリアにまつわる問いと、そこから導かれる「答え」 ・哲学者たちの考え方 ・同じ問いに対する、異なる「答え」   こんな人にオススメ ・人生の岐路に立っていて、その選択に悩んでいる人 ・哲学に関心があるが、専門的に学んだことのない人   ▼過去小林先生が登壇した授業はこちら(第3回を無料公開中です) 『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』 ▼参考図書 『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』  

この授業を一言で表すと... 「いま話題のコンテンツを分析をすることで、社会の最新動向を学ぶ生放送です。」   「なぜあのコンテンツは話題になったのか?」というお題に対し、受講生と講師とでディスカッションを重ねる中で、 ・生活者は今どんな気持ちなのか? ・社会は今どこに向かっているのか? を明らかにしていきます。   放送中に紹介する、哲学や美学といった人文科学の概念は、あなたが社会を分析する知的武器になることでしょう。   これは、あなたがヒットメーカーになるための研究室です。   この授業で学べること ・今、人や社会が抱えている“芯食ったインサイト” ・分析に必要な人文学のフレームワーク   こんな人にオススメ ・世の中に向けて新しい商品/サービスを生み出している人 ・デザイナー/エンジニア/マーケター/ライター/ディレクター   講師プロフィール 小林 昌平 1976年生まれ。専攻は哲学・美学。電通トランスフォーメーション・プロデュース局にて活躍する傍ら、事業構想大学院大学の客員フェローとして事業開発人材の育成に努める。テーマは、哲学・文学など人文科学の知見と戦略思考を統合し、包括的で越境的なアイデアを編み出す “ Humanities on Industry(HoI)"。2018年に出版した著書「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」は、わかりやすく深い哲学入門書として各界称賛のロングセラーに。恋愛コミュニケーションやアイデア発想など身近なテーマを、哲学や美学、認知科学の立場から考察している。

担当の授業一覧 全17授業

「自分は何者にもなれないのでは」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。

第6回 「自分は何者にもなれないのでは」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。(60分)

2020年2月12日放送

今回は「自分は何者にもなれないのでは」という悩みを取り上げます。   これまで「ただの人ではない何者か」になれると思って生きてきたけれど、歳を重ねてきた今、この先何かすごい自分になれるのか、このまま何者にもなれないのかもしれないという不安。 この悩みに対し、先人たちはどう考えたのか?哲学的なアプローチで切り込みます。 ヒントとして、思想史家 丸山真男の「であること」と「すること」という理論と、ハンガリー出身の心理学者 ミハル・チクセントミハイが説いた「フロー体験」をはじめ、アリストテレスから塩野七生まで古今東西の知識人の考えを援用しながら解説します。 「複業」が叫ばれる時代、ますますキャリアに悩める現代人に是非お聞きいただきたい講義です。 ※丸山真男とは...日本社会に根深く染み込む思想を鋭く浮き彫りにして見せた元東大法学部教授で思想史家。 ※フロー体験とは...ゾーンや無我の境地とも呼ばれる、目の前の行動に集中している状態のこと。詳しくは授業内で解説します。   ▼参考図書 その悩み、哲学者がすでに答えを出しています   小林 昌平 日本の思想 (岩波新書)   丸山 真男 フロー体験 喜びの現象学 (SEKAISHISO SEMINAR)   M. チクセントミハイ 成りあがり―矢沢永吉激論集 (角川文庫 緑 483-1)   矢沢 永吉  

AirPods Proが欠品状態で3ヶ月入荷待ちな理由、哲学者がすでに答えを出しています

第5回 AirPods Proが欠品状態で3ヶ月入荷待ちな理由、哲学者がすでに答えを出しています(60分)

2020年1月15日放送

この授業を一言で表すと... 「いま話題のコンテンツを分析をすることで、社会の最新動向を学ぶ生放送です。」   今回は、2019年10月30日にApple社より発売されたワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」を扱います。ノイズキャンセリング機能の他、外部音声取り込みなど期待を上回る高い機能が評価を受けており、3万円ほどの販売価格にも関わらず各販売店において在庫切れ状態が続いています。(※2020年1月現在)なぜこれほどまで注目を集めているのかを、Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏も影響を受けたといわれる「禅」の視点で考察していきます。   講師プロフィール 小林 昌平 1976年生まれ。専攻は哲学・美学。電通トランスフォーメーション・プロデュース局にて活躍する傍ら、事業構想大学院大学の客員フェローとして事業開発人材の育成に努める。テーマは、哲学・文学など人文科学の知見と戦略思考を統合し、包括的で越境的なアイデアを編み出す “ Humanities on Industry(HoI)"。2018年に出版した著書「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」は、わかりやすく深い哲学入門書として各界称賛のロングセラーに。恋愛コミュニケーションやアイデア発想など身近なテーマを、哲学や美学、認知科学の立場から考察している。  

無料公開中 「『アナと雪の女王2』の世界興収が10億ドルを超えアニメ映画歴代興収1位となった理由、哲学者がすでに答えを出しています」

第4回 「『アナと雪の女王2』の世界興収が10億ドルを超えアニメ映画歴代興収1位となった理由、哲学者がすでに答えを出しています」(60分)

2019年12月26日放送

※授業はネタバレが含まれる可能性がございます、予めご了承ください この授業を一言で表すと... 「いま話題のコンテンツを分析をすることで、社会の最新動向を学ぶ生放送です。」   第4回では、大ヒット中の映画「アナと雪の女王2」を題材に、一つのコミュニティにおいてどのようにスターが誕生していくのか、そのプロセスの本質を考察します。   講師プロフィール 小林 昌平 1976年生まれ。専攻は哲学・美学。電通トランスフォーメーション・プロデュース局にて活躍する傍ら、事業構想大学院大学の客員フェローとして事業開発人材の育成に努める。テーマは、哲学・文学など人文科学の知見と戦略思考を統合し、包括的で越境的なアイデアを編み出す “ Humanities on Industry(HoI)"。2018年に出版した著書「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」は、わかりやすく深い哲学入門書として各界称賛のロングセラーに。恋愛コミュニケーションやアイデア発想など身近なテーマを、哲学や美学、認知科学の立場から考察している。