ヒットにつながるスマホアプリ企画発想法

今回の授業は、スマートフォンに特化したアプリなど新サービスの立ちあげのフローと、 そこにまつわる注意点などを事例を中心にお話が出来ればと考えております。

・スマートフォンサービスの立ち上げの企画担当の方

・スマートフォンサービスの運用担当の方

・サービス系のスタートアップ企業の方

・そのほかサービス立ち上げ、スマホサービスに興味のある方

以上に関わる方を中心のターゲットとしてお話ししたいと思っています。

特に開発手法やUI、デザインという視点ではなく、企画の考え方やUX中心の開発方法についてお話出来れば、と思っています。

たとえば、コミュニティファクトリーが運営するアプリのほとんどは、2〜3名といった少人数のスタッフで開発を進めています。

ユーザーの動向や他のサービスなど、目まぐるしく状況が変化する朝令暮改の状況においてスタートアップは、早いサイクルで開発を進めて製品の開発と、仮説検証を行なっていかなくてはなりません。

アプリ開発にはその目的に適した開発スタイルがあると考えています。また、アプリにおいては、WEBサービスとは異なるUI/UXの考え方があります。今回の授業では、そのあたりもこれまでのサービス運用の経験を交えてお話しようと思っています!

詳細を開く
ヒットにつながるスマホアプリ企画発想法
2013年4月9日公開
01:00:00
  • 自己紹介&アジェンダ
  • 01:02
  • WEBサービスとアプリの違い
  • 05:22
  • アプリ企画で大切なこと
  • 01:17
  • アイデアの産み方
  • 06:16
  • アイデアを”小分け”にする
  • 09:07
  • UXって?
  • 03:00
  • サービスと関わる全ての経験がUX
  • 03:37
  • UX思考になるために
  • 03:34
  • スマホ企画のTIPS
  • 04:07
  • Q:UXを学ぶのにいい本を教えて下さい
  • 01:08
  • Q:Androidでの実機懸賞はどれ位の範囲までやるべきだと思われますか?
  • 01:58
  • Q;AndroidとiOSでは、どちらを優先して行くかは大事ですか?
  • 01:30
  • Q:画面のプロトタイプはどの段階で作りますか?アイディアレベルの時から書き出すのでしょうか?
  • 02:00
  • Q:UXにおけるアプリの流れを踏まえた上で、ツール要素が高い場合のサービスの考えがあれば教えて下さい
  • 02:26
  • Q:アプリダウンロード画面の☆にも気を使っていると仰っていましたが、具体的にどのように気を使っていますか?
  • 01:32
  • Q:可愛い系のデザインのアプリが多い印象ですが、デザインは誰が考えているのですが?
  • 01:08
  • Q:DECOPICの場合、外部SNSへの共有機能の他、オリジナルSNSを内蔵していると思いますが、どういった意図がありますか?
  • 02:02
  • Q:サービスサイクルを踏まえた時の課金について、ユーザー誘導とUXとの関連性はどのタイミングで検討に入るのがよいでしょうか?
  • 02:27
  • Q:サービスが特化しすぎると起動になかなか繋がらないと思います。そのバランスはどう取ったらいいのでしょうか?
  • 02:00
  • Q:iPhoneとAndroidでリリースする場合に、アプリの内容をどのように変えていますか?また片方しかリリースしない場合は、どのような点を理由に判断していますか?
  • 01:33
  • 課題発表
開く
スライド資料
担当の先生
関連授業