派遣法改正に伴う労働市場の変化とその背景

この授業では、2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」について、その背景や法改正による労働市場の変化、企業に求められる具体的な対応策を全2限でお伝えします。

今回の改正のポイントとしては、全ての派遣会社が「許可制」になることや、派遣労働者のキャリアアップが求められることなどが挙げられますが、授業では、「改正労働者派遣法の狙いは何なのか?」及び「派遣社員にふさわしいキャリアアップとは何か?」や「派遣先会社がどのような対応を取ればいいのか?」といった、派遣事業全体の歴史的背景から具体的な対策まで幅広くお伝えします。

《派遣元》企業で対策について検討されている方だけでなく、派遣社員を抱えている《派遣先》企業の担当者の方、《派遣社員》として現在勤務されている方にもおすすめの授業です。

詳細を開く
派遣法改正に伴い派遣元企業が取るべき具体策
2016年4月27日公開
01:00:00
  • 自己紹介
  • 01:04
  • アジェンダ
  • 00:37
  • 1限目の振り返り
  • 04:59
  • 法改正に伴って派遣元企業に求められる変化と対策
  • 00:31
  • 実行性のあるキャリア形成支援が不可欠
  • 10:00
  • キャリア形成支援体制構築の3つの方法
  • 05:11
  • 実効性担保のための3つの視点
  • 01:29
  • 質問:チームリーダー派遣は旧法のいわゆる政令26業種である。
  • 07:53
  • 取り組み方と考え方(スタンスとUTでの具体例)
  • 00:43
  • 重要なミッションの役割
  • 01:52
  • 社員価値・顧客価値の二つの視点で取り組む
  • 01:02
  • 安心・つながり・成長の視点で具体的に施策を構築
  • 03:12
  • 法改正における派遣元企業の心構え(マインドセット)
  • 01:37
  • 終わりなき訓練・研修への投資
  • 02:27
  • 質問:2005年から2015年で非正規労働が346万人増加しました。その中で占める「60歳以上」、「59歳以下の女性」の合計の割合は?
  • 04:53
  • 規模の経済が機能する時代へ
  • 02:51
  • 同一労働同一賃金に対する備えよ
  • 04:54
  • Q:キャリア形成措置に含まれる教育体制はリアルでの研修、E-learningでの研修など定めはありますか?
  • 01:24
  • Q:有する能力の評価が、経験者に偏っており、経験者になれるかは運次第の状況は変えられるのか
  • 03:15
  • Q:コンサルティングを受けることは義務ではないようですが、受ける場合にコンサルティングの質が重要になってくると思われます。現状は、資格保有者でなくてもコンサルティングを行なえるとのことですが、その点について今後の展望も含めてお考えを伺いたいです。
  • 02:52
  • お知らせ
開く
こんな人にオススメ
全般

派遣業界に従事している方、あるいは企業の人事担当者

スライド資料
担当の先生
受講生代表
  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

受けたいランキング
新着の生放送授業
関連授業