最先端宇宙ビジネスを知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最先端宇宙ビジネスを知る_3月
第1回:2017年3月13日公開 01:00:00

最先端宇宙ビジネスを知る_3月

受講する

“宇宙ビジネス”と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

「宇宙って聞くと夢はあるけど、まだまだ宇宙なんて遠くの話だし、ニッチ業界だよね」
こう思った方も少なからずいらっしゃるでしょう。しかし、実際のところそうでもありません。内閣府の調べによれば、2015年には世界で13兆円程度の市場規模があり、近年は毎年2桁%で成長している産業なのです。

「通信衛星や観測衛星など、いわゆる研究や軍事目的での使用がメインで商業化は難しいのでは」
こう思った方もいらっしゃるでしょう。これは、まさに仰るとおり。これまでの宇宙開発は主に研究目的で行われてきた経緯があります。しかしながら、今では宇宙旅行ビジネスや宇宙での資源開発など、さまざまな宇宙ビジネスが続々と立ち上がってきており、研究目的だけではなく「ビジネスとしての宇宙開発」が成立しているのもまた事実です。

今やSFの世界の話ではなくなった宇宙をフィールドにしたビジネス。
本授業では宇宙ベンチャーの創出に挑むメディア、astropreneur.netの運営者 石亀先生をメインパーソナリティとし、宇宙ビジネスのフロントランナーを毎回お迎えして、宇宙ビジネスの今に迫っていきます。


【パーソナリティープロフィール】

■石亀 一郎

2012年より国内唯一の宇宙ビジネスメディアastropreneur.netを運営。2013年アニメグッズのフリマアプリを運営するセブンバイツ株式会社に入社。2015年同社執行役員COOに就任。同年11月にサービスを大手事業会社に譲渡。2016年1月人工衛星向けアンテナシェアリングサービスを開発する株式会社インフォステラを共同創業し、取締役COOに就任。2016年10月株式会社フリークアウト、500 Startups Japan、千葉功太郎氏より6,000万円の資金調達を実施し、開発を加速させている。


 

授業一覧
最先端宇宙ビジネスを知る_3月
2017年3月13日公開
01:00:00

日々目まぐるしく動く宇宙関連業界において、最近話題になったニュースを、astropreneur.net運営者の石亀 一郎先生から解説していただきます。

※取り扱うニュースは最近、話題となったものを中心にセレクト予定です。どのニュースを扱うかは放送内で発表しますので、楽しみにしていてください。

  • オープニング
  • 00:13
  • 授業概要説明
  • 00:53
  • 自己紹介
  • 01:36
  • アジェンダ
  • 01:32
  • 本日のニュース①:衛星産業における革新的な企業”RisingFive”発表
  • 07:24
  • みなさんからのコメント
  • 13:13
  • 本日のニュース②:ソフトバンク出資のOneWeb、インテルサットと合併合意
  • 08:36
  • みなさんからのコメント
  • 09:56
  • 本日のニュース③:米プラネットがPlanetExplorerのベータ版をリリース
  • 08:42
  • みなさんからのコメント
  • 09:25
  • 次回授業のお知らせ
  • 01:33
  • エンディング
  • Q.植松電機がホープ的な存在ですが、世界的な位置づけを教えていただけますか?
  • 01:58
  • Q.ネットインフラ構築の際、通信用衛星と通信用航空機ではどちらの方が良いのでしょうか?
  • 02:09
  • Q.30億人に向けたインターネット展開の手段方法としてバルーン、ドローンなどが挙げられていましたが、具体的に教えてください。
  • 01:13
  • Q.宇宙ビジネスが一番進んでいる国はどこなのでしょうか?
  • 03:27
  • Q.Rising Fiveの中で分類としてはアンテナ、リモートセンシング、宇宙旅行、通信になるかと思いますが、どの分野が今後商用利用としては有力でしょうか?
  • 11:34
  • Q.沢山の衛星を打ち上げると、スペースデブリも多くなるという問題は解決しているのでしょうか?
  • 04:07
  • Q.通信する電波の帯域は、取り合い状態なのでしょうか?余裕はあるのでしょうか?
  • 01:49
  • Q. 日本が有人衛星を打ち上げられない理由と、日本に足りない技術やシステムを教えてください。
  • 12:30
  • Q.赤外線画像のサービスはありますか?
  • 01:38
  • Q.宇宙ビジネスはネット関連の需要で事業化が成り立っているようですが、それ以外に事業化が可能になりそうな分野はありますか?
  • 05:00
  • Q.全世界の戦争がなくなったら宇宙までのエレベーターが作れると聞いたことがありますが、戦争に対する全予算を宇宙に投入するとどうなりますか?
最先端宇宙ビジネスを知る_4月
2017年4月10日公開
01:00:00

毎月1回のペースで放送予定の本授業では大きく分けて2つの内容でお送りします。

 

■ 宇宙関連の最新ニュースを知る

日々目まぐるしく動く宇宙関連業界において、最近話題になったニュースを、宇宙ビジネスに関わるフロントランナーから解説していただきます。

※取り扱うニュースは最近、話題となったものを中心にセレクト予定です。どのニュースを扱うかは放送内で発表しますので、楽しみにしていてください。

 

■ ゲストとのトークセッション 

トークテーマ:「月面無人探査コンペティション Google Lunar XPRIZE」に関して


【ゲスト登壇者プロフィール】

袴田 武史

株式会社ispace 代表取締役&ファウンダー

1979年生まれ。米ジョージア工科大大学院で航空宇宙工学修士号を取得後、経営コンサルティング会社を経てispaceを創業。人類が宇宙で生活圏を築き、宇宙と地球が共存する世界を構築するため、宇宙ロボット技術を活用した民間宇宙事業を推進中。2010年からGoogle Lunar XPRIZEに「HAKUTO」を率いて参戦中。


 

最先端宇宙ビジネスを知る_5月
2017年5月8日公開
01:00:00

毎月1回のペースで放送予定の本授業では大きく分けて2つの内容でお送りします。

 

■ 宇宙関連の最新ニュースを知る

日々目まぐるしく動く宇宙関連業界において、最近話題になったニュースを、宇宙ビジネスに関わるフロントランナーから解説していただきます。

※取り扱うニュースは最近、話題となったものを中心にセレクト予定です。どのニュースを扱うかは放送内で発表しますので、楽しみにしていてください。

 

■ ゲストとのトークセッション 

(現在、調整中です。テーマが決定しましたら更新予定です)


【ゲスト登壇者】

大貫 美鈴

宇宙ビジネスコンサルタント

清水建設(株)宇宙開発室、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などを経て現在、宇宙ビジネスコンサルタントとして、欧米の宇宙企業のプロジェクトや商業スペースポートの取り組みにも参画。清水建設の宇宙ホテル構想提案以降、宇宙旅行はライフワークになっている。

アメリカの宇宙企業約100社が所属する宇宙財団スペースフロンティアファンデーションのアジアリエゾンとして革新的商業宇宙開発を推進するニュースペースの流れを盛り立てる一方、宇宙での衣食住遊、宇宙ファッション、宇宙ウエディングなどを通して『身近な宇宙』を広めるために活動中。

著書に「来週、宇宙に行ってきます」、「宇宙で暮らす道具学」(共著) など。日本女子大学卒業、東京都出身。


 

こんな人にオススメ
全般

宇宙ビジネスを学びたい方/漠然と宇宙に興味がある方

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

この授業を受けたい(838人)
その他 760人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×