3/28(Sat)

今日の生放送

10時始業ビジネスパーソンが仕事前に参加する授業 - 毎週月曜は朝Schoo -

仕事のやり直しの予防策

次回の生放送

資料になにを書くべきか

3 / 30 (月)

09:00 - 09:45

参加する

この生放送の内容

”良い資料”とは、適切な目的のために「書くべき事が書いてあり」、「書かなくていい事は書いていない」資料です。
資料作成においてどのような項目を記載すればいいのか、適切な判断がくだせるビジネスパーソンになりましょう。

もちろん、本日資料作成を行う方は、必見です。

 

【講師紹介】
稲葉 崇志(いなば たかし)先生
筑波大学大学院ビジネス科学研究科修了(経営学修士)。IT企業で情報通信システムの開発や提案業務に携わったのち、コンサルタントに転身。NTTデータ経営研究所や日本アイ・ビー・エムで民間企業に対する情報戦略や組織戦略領域のコンサルティング、中央省庁や地方公共団体、業界団体からの委託による調査・研究を行う。その後、総合人材サービスグループ傘下のシンクタンクの上席主任研究員として、働き方改革、第4次産業革命による雇用への影響、個人の生産性やクリエイティビティ向上を目的としたマネジメントのあり方などの研究に携わる。現在は、組織人事コンサルタントとして、人材教育や制度改革のコンサルティングなど、組織人事領域から企業の支援に取り組む。2019年3月にCCCメディアハウスより『「A4一枚」から始める最速の資料作成術』を出版。高所は苦手だがバンジージャンプは好き。

コース概要

【今週も最高の仕事をするための、月曜あさの実践的レッスン】

あさ10時始業のビジネスパーソンが”仕事を始める直前”に参加できる、生放送授業です。

 

このシリーズで得られるのは、

 その日使えるビジネススキル
 同じタイミングで受講するビジネスパーソンどうしの高め合い

 

「夜は忙しくてなかなか学習の時間が取れない・・・」
「月曜日の朝に最高のスタートを切って、1週間のパフォーマンスを高めたい・・・」

そんなビジネスパーソンが集まる、ビジネススキルの実践的レッスンです。

 

こんな人にオススメ

月曜日の朝に最高のスタートを切りたい人

担当の先生

パーソナリティ

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

参加したい受講生 : 845

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

仕事のやり直しの予防策

2020年3月2日公開

45min.

仕事の生産性とモチベーションを下げるのは「やり直し」です。

どんなに作業スピードを上げても、「あなたの責任ではない」手戻りやチェックミスが発生してはたまりません。

この授業では「一発で決める」テクニックを身に付け、今日の仕事の効率から変化を起こしましょう。

 

【講師紹介】
松本 利明(まつもと としあき)先生

マーサー、アクセンチュア等の外資系コンサルティング会社のプリンシパルを経て現職。外資系や日系の大企業から中堅企業まで600社以上の人事や働き方改革に従事。5万人のリストラと7000名を超えるリーダーの選抜と育成をおこなった『人の「目利き」』。最近は企業向けのコンサルティングに加え、ライフワークとして社会人向けに仕事術やキャリアの組み立て方を提供。具体的ですぐ結果がでると好評を得ている。主な著書に『「ラクして速い」が一番すごい』(ダイヤモンド社)、『稼げる人稼げない人」の習慣』(日本経済新聞社)などはベストセラー。日本人材マネジメント協会執行役員。 BBC、TBS、日本経済新聞、AERA等メディア実績多数。講演実績多数。

仕事を抱え込まない方法

2020年3月9日公開

45min.

ショートカットや辞書登録で入力作業を効率化しても、時間管理ツールを活用しても、人に任せる事をしなければ、全ての仕事を自ら抱え込んでしまうことになります。

あなたが手元に残していいのは、「あなたが得意で、あなたにしかできない仕事」だけです。

みんなが早く帰れるように、仕事の段取りや役割を見直す方法を学びます。

 

【講師紹介】
松本 利明(まつもと としあき)先生

マーサー、アクセンチュア等の外資系コンサルティング会社のプリンシパルを経て現職。外資系や日系の大企業から中堅企業まで600社以上の人事や働き方改革に従事。5万人のリストラと7000名を超えるリーダーの選抜と育成をおこなった『人の「目利き」』。最近は企業向けのコンサルティングに加え、ライフワークとして社会人向けに仕事術やキャリアの組み立て方を提供。具体的ですぐ結果がでると好評を得ている。主な著書に『「ラクして速い」が一番すごい』(ダイヤモンド社)、『稼げる人稼げない人」の習慣』(日本経済新聞社)などはベストセラー。日本人材マネジメント協会執行役員。 BBC、TBS、日本経済新聞、AERA等メディア実績多数。講演実績多数。

スライド資料

伝え方の技術

2020年3月16日公開

45min.

人に何かを伝えるという行為において最も多い悩み、それは
「話がどうしても長くなってしまう...」
というものです。

 

なぜあなたの話は長くなってしまうのでしょうか?
必要な要素とそうでない要素の違いは何なのでしょうか?

 

今日のコミュニケーションから変化させて、
「あの人の話は簡潔でわかりやすいな」と思ってもらえるようになりましょう。

 

【講師紹介】
伊藤 羊一(いとう よういち)先生
1990年日本興業銀行入行、企業金融、企業再生支援などに従事後、2003年プラス株式会社に転じ、流通カンパニーにて物流再編、マーケティング、事業再編・再生を担当。2012年執行役員ヴァイスプレジデントとして、事業全般を統括。2015年4月ヤフー株式会社に転じ、企業内大学Yahoo!アカデミア学長として、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授としてリーダーシップ系科目の教壇に立つほか、KDDI ∞ Labo、IBM Blue Hub、MUFG Dijitalアクセラレーター、Code Republicほか、様々なアクセラレータープログラムにて、スタートアップのスキル向上にも注力。

ドラッカーに学ぶ紙1枚の時間管理

2020年3月23日公開

45min.

時間管理は多忙なビジネスパーソンにとって必須のスキルですが、適切に自分の時間を管理できている人は意外と多くありません。

本授業では、徹底的にムダを減らす「紙1枚でできる時間管理」のテクニックを学びます。


今日から無駄な時間を削り、意義のある仕事に100%の時間を投資できるようになりましょう。

 

【講師紹介】
浅田 すぐる(あさだ すぐる)先生
ビジネス書作家・社会人教育の専門家。 愛知県名古屋市出身。旭丘高校、立命館大学卒。在学時はカナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学留学。 トヨタ自動車(株)入社後、海外営業部門に従事。 米国勤務などを経験したのち、6年目で同社のグローバル企業ウェブサイト管理業務を担当。 「伝わるサイト」へのカイゼンを実現し、企業サイトランキングで全業界を通じ日本一を獲得する。 その後、日本最大のビジネススクールである(株)グロービスへの転職を経て、独立。 現在はビジネスコミュニケーションのカイゼンをテーマにした企業研修・講演・コンサルティングなどを多数実施。 累計受講者数は10,000名以上。2017年には海外(中国・広州)での企業研修、2018年にはトヨタ・パナソニック合同の管理職研修にも登壇。 また、独自の教育プログラムとして、"「伝わる」思考×「1枚」の型 1sheet Frame Works"という1年間のスクールプログラム。 ”イチラボ:「1枚」ワークスLab”というシーズン制のオンライン動画学習コミュニティを開講。 日本全国・海外から多くの受講者が集まる人気講座となっている。 ビジネス書作家としてのデビュー作『トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術』(サンマーク出版)は、2015年年間ランク4位、5カ国翻訳のベストセラー・ロングセラーに。 これまでに5冊の著作を上梓し、著者累計は40万部超。全著作が複数か国で海外翻訳される反響となっている。

資料になにを書くべきか

2020年3月30日公開

45min.

生放送3月30日(月) 09:00 - 09:45

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

”良い資料”とは、適切な目的のために「書くべき事が書いてあり」、「書かなくていい事は書いていない」資料です。
資料作成においてどのような項目を記載すればいいのか、適切な判断がくだせるビジネスパーソンになりましょう。

もちろん、本日資料作成を行う方は、必見です。

 

【講師紹介】
稲葉 崇志(いなば たかし)先生
筑波大学大学院ビジネス科学研究科修了(経営学修士)。IT企業で情報通信システムの開発や提案業務に携わったのち、コンサルタントに転身。NTTデータ経営研究所や日本アイ・ビー・エムで民間企業に対する情報戦略や組織戦略領域のコンサルティング、中央省庁や地方公共団体、業界団体からの委託による調査・研究を行う。その後、総合人材サービスグループ傘下のシンクタンクの上席主任研究員として、働き方改革、第4次産業革命による雇用への影響、個人の生産性やクリエイティビティ向上を目的としたマネジメントのあり方などの研究に携わる。現在は、組織人事コンサルタントとして、人材教育や制度改革のコンサルティングなど、組織人事領域から企業の支援に取り組む。2019年3月にCCCメディアハウスより『「A4一枚」から始める最速の資料作成術』を出版。高所は苦手だがバンジージャンプは好き。

人間関係の技術

2020年4月6日公開

45min.

生放送4月6日(月) 09:00 - 09:45

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

「苦手な人とのコミュニケーションコスト」はあなたのパフォーマンスに非常に大きな影響を与えます。

  • 新人へ指摘をしたいが、気分を害させたくない…。
  • 今週からまたパワハラ上司と働くと思うと気が重い…。
  • 新しい環境で新しい人とワークできるだろうか…?

人間関係の技術を身に付け、今日のコミュニケーションから変化を起こしましょう。

 

【講師紹介】
木村 明日香(きむら あすか)先生
8 年間局アナとしてのキャリアを積んでフリーアナウンサーに。現在は、一瞬で人を魅了する伝え方を約 800 人の経営者・起業家・会社員に直接指導。 局アナ流の相手をファンにする“スピーキング技術”と心理的アプローチから思考や行動を変える“言葉の選択”を組み合わせたオリジナルメソッドを伝える。3 か月の長期講座は9期まで毎回満席・ キャンセル待ちの人気に。特に「相手に嫌われずに自分の言いたいことを伝える方法」は好評を得ている。その他、パラレルキャリアの女性の活躍推進事業などにも取り組んでいる。

プレゼンが響いていない時にどうするか

2020年4月13日公開

45min.

生放送4月13日(月) 09:00 - 09:45

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

プレゼンの最中、こんな雰囲気を感じ取った時、あなたならどうしますか?

「あれ、退屈そうにしている…?」
「なんかイライラしてる…?」
「全然伝わってない…?」

プレゼンは準備が大切と言われますが、どれだけ念入りに準備しようとも、現場で「響いていないな」と感じた場合は対処する必要があります。
一番いけないのは「そのまま最後まで突っ走る」こと。
ではどうすればいいのか。

今日のプレゼンは、これで安心です。
 

 

【講師紹介】
清水 久三子(しみず くみこ)先生
大手アパレル企業を経て、1998年にプライスウォーターハウスコンサルタント(現IBM)入社。企業変革戦略コンサルティングチームのリーダーとして、多くの変革プロジェクトをリード。「人が変わらなければ変革は成功しない」との思いから、専門を人材育成分野に移し、人材開発のプロジェクトをリード。 2005年に当時の社長から命を受け、コンサルティング&SI事業の人材開発部門リーダーとして育成プログラムを設計導入。ベストプラクティスとして多くのメディアに取り上げられた。2013年に独立し執筆・講演活動を開始。講師として、大前研一ビジネス・ブレークスルー、日本能率協会、日経BPセミナー、大手銀行系研修会社などに多数のプログラムを提供し、高い集客と満足度を得ている。 著書は「一流の学び方」など現在15冊を出版。東洋経済オンライン、プレジデントオンラインなど連載多数。

急な仕事の頼み方

2020年4月20日公開

45min.

生放送4月20日(月) 09:00 - 09:45

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

急な仕事、特に締め切りの近い仕事を、”相手の気分を害さずに”頼むのにはテクニックが要ります。
多くの人が”頼みたい内容だけ”を伝え、「そんな急に言われても」と相手を怒らせることも少なくありません。

とはいえ、急な依頼はどうしても発生してしまうもの。

正しい仕事の頼み方を身に付け、今日の頼みごとからスマートにしていきましょう。

 

【講師紹介】
北條 久美子(ほうじょう くみこ)先生
東京外国語大学を卒業し、ウェディング司会・研修講師を経て、2007年 エイベックスグループホールディングス株式会社人事部にて教育担当に。2010年にキャリアカウンセラー・研修講師として独立。全国の企業や大学などで年間 約2,500人へビジネスマナーやコミュニケーション、キャリアの研修・セミナ―を行う。 現在はライフスタイリストとしてワーク(仕事)寄りだった人生を、生きること=ライフにシフト。自分らしく、かつ生き方を自分らしく美しくすることを自らも目指し、それを広める場作りに力を入れる。 2016年4月、著書「ビジネスマナーの解剖図鑑」(エクスナレッジ)発行。

仕事中の疲労のマネジメント方法

2020年4月27日公開

45min.

生放送4月27日(月) 09:00 - 09:45

Google カレンダーに登録

授業内容は変更になる場合があります

仕事中に「疲れてきたな…」と感じた時、どうすべきか。
今日をベストコンディションで走りきるための技術とは。

人間の集中力は、最も貴重かつ非常に限られた資源。
費やすべき場面で集中力を発揮させるためにも、正しい疲労のマネジメントも必要です。

この授業では、集中と疲労マネジメントの実践的なテクニックを学びます。

 

【講師紹介】
松尾 伊津香(まつお いつか)先生
大学で心理学・精神医学を専攻後、アメリカにてヨガを学び、銀座でヨガインストラクターとして勤務。その後女性専門ダイエット専門ジムShapes International でダイエットとボディメイクを手掛け、同社六本木本店店長、スーパーバイザーを務める。 2017年6月に日本初の疲労回復専用ジムZEROGYMのプログラムディレクターとして疲労回復プログラムの開発を手がける。「疲労回復専用ジム」が日経トレンディ2018年ヒット予測第三位に取り上げられる。 〈著書〉 一生太らない魔法の食欲鎮静術~食事瞑想のススメ~ 超「姿勢」力 超疲労回復 〈経歴〉 2016年11月  ミスター・ミスモデルジャパン日本大会 <ガールズ部門>第三位  出演メディア 王様のブランチ(TV)・ヒルナンデス(TV)・美的(雑誌) など

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ