chevron_left 防災のために「もしも」のストック

防災のために「もしも」のストック

PREMIUM

授業の概要

災害が起こったら、まずは怪我をしないように身を守ることが大切です。しかし、ライフラインが停止してしまうと、いつもどおりの暮らしができなくなることもあります。
災害時には衣食住が十分に満たされずに体調を崩してしまうことも多いため、被災生活の中で心身の健康を保つことが大きな課題とされています。こうした災害後に起こる被害を防ぐためにも、事前の備えが必要となるのです。

 

今、みなさんのご自宅にはそのための備えが万全になされているでしょうか?
防災をしようと調べてみたものの優先度がわからず、なにから始めたらいいか迷う方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回の授業では、内閣府が推進する防災の取り組み『一日前プロジェクト』をもとに、災害が起こる一日前に戻れるとしたら何をするか、みなさんにも考えていただきたいと思います。
地震や水害の被害に合われた方々は「タンスがあんなに簡単に倒れてくるなんて思わなかった」というお話や、「家族と連絡が取れずとても不安だった」というような体験談があるそうです。

 

自分が経験したことがないことは想像がつかないもの。
実際に起きた体験談を知ることによって、私たちが行動につながる防災を行うために何が必要なのか、一緒に考えていきましょう。

【参考:災害被害を軽減する国民運動 一日前プロジェクト

授業紹介コメント

  • 小笹 翼
    先生

    小笹 翼

    moshimo ストックは「もしも」のための防災情報メディア。

    最近、地震や台風がよく起きるようになって心配。
    うちでも防災をしようと調べてみたものの、何から始めればいいの…?
    私たちも始めは知ることがたくさんあって、防災ってちょっと難しいな…と思いました。

    地震、火災、津波、台風。備蓄、避難、もし外出時に地震が来たらどうするの?
    知ることも、準備することもたくさんあって気が引けてしまいますね。


    でも、ちょっと待って下さい!
    今、自分は災害にあわないと思っていませんでしたか?

    もし何の準備もなく災害にあってしまったら大変です。
    防災は少しずつでも大丈夫、「もしも」のためにコツコツ準備をしてはいかがでしょう。


    防災がみなさんの身近なものになるように、正しい情報をわかりやすくお伝えいたします。