【PHP入門】開発環境準備 - プログラミングを始める前の必須項目 -Mac版-

【PHP入門】開発環境準備 - プログラミングを始める前の必須項目 -Mac版-

2014年11月21日最終更新(全1回)

コース概要

■ PHPの開発環境を構築しよう!


この授業ではWeb制作で人気のある開発環境を簡単に構築できるXAMPP(ザンプ)をインストールします。

PHPは通常サーバーと呼ばれる専用のコンピュータ上で動きます。サーバーはレンタルすることもできるのですが、今回は無料で利用できるよう、あなたのパソコンの中に仮想的にサーバーを設置できるソフトを使います。それがXAMPPです。

XAMPPはただ仮想的にサーバーをつくるだけでなく、PHPやデータベース(Mysql)といった、Webサービスの開発に人気のソフト一式を自動で入れてくれます。

※ この授業はMac向けです。Windowsをお使いの方は以下授業になります。
PHP入門 開発環境準備 - プログラミングを始める前の必須項目【Windowsで受講される方】

■ 対象者


  • MacユーザでPHPの開発環境を構築したい方
  • Macユーザで​MySQLを試してみたい方 (XAMPPの中に含まれています)

■ XAMPPのインストール


1. ダウンロード

以下リンクにアクセスすると、自動的にダウンロードがスタートします。
http://downloads.sourceforge.net/project/xampp/XAMPP%20Mac%20OS%20X/1.8.3/xampp-osx-1.8.3-5-installer.dmg

※ 自動ダウンロードは開始まで5秒程かかります。他のリンクは押さずにそのまましばらくお待ち下さい。

2. インストール

ダウンロードした『xampp-osx-1.8.3-5-installer.dmg』をダブルクリックして下さい。

Setupが開始されるので、手順にしたがって『Next』を押します。

下記の通りチェックが入っている事を確認して『Next』を押します。

手順にしたがって『Next』を押します。

下記のようなチェック項目が現れたら、チェックを外して『Next』を押します。

手順にしたがって『Next』を押します。

インストール完了です。『Finish』を押すとXAMPPが起動します。

3. 起動

XAMPPが起動していない場合は、 Finderのメニューから『移動』⇢『アプリケーション』⇢『XAMPP』⇢『manager-osx』をクリックして、XAMPPを起動して下さい。

XAMPPが起動すると、下記のような画面が現れます。

4. サーバーの起動

起動した『XAMPP』の画面から、『Manage Servers』の項目を選択し、『Start All』をクリックしてサーバーを起動して下さい。

無事起動すると、『Status』の項目が『Stopped』から『Running』に変わります。

  • Q: 『Running』にならず、サーバーが上手く起動しません
  • A: 80番ポートが他のアプリケーションに利用されていませんか?
    サーバーは通常『80番ポート』と呼ばれる場所を利用します。この80番ポートが他のアプリケーションに利用されていると、うまく動作しない場合があります。80番ポートを利用する代表的なアプリケーションに『スカイプ』があります。スカイプをご利用になられている場合は、スカイプの設定画面の「詳細」⇢「接続」から「上記のポートに代わり80と443を使う」のチェックが入っている場合、チェックを外してスカイプを再起動して下さい。その後、改めてサーバーを起動して下さい。

5. 動作確認

『XAMMP』の画面から、『Welcome』⇢『Go To Application』をクリックして下さい。正しく設定されていれば、ブラウザが起動し、XAMMPの画面が表示されます。

6. PHPのファイルを設置してみよう!

PHPのファイルをダウンロードして、実際に動かしてみましょう。
ここをクリックして test.php.zip をダウンロードして下さい。
ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、zipファイルが解凍され、test.phpというファイルが現れます。

XAMPPの起動画面から、『Welcome』⇢『Open Application Folder』をクリックして下さい。Finderでファイルの一覧が表示されます。その中の『htdocs』ディレクトリに『text.php』をコピーして下さい。
※ 『htdocs』は『ドキュメントルート』と呼ばれる特別なディレクトリで、ここに設置したものが 『http://localhost/<ファイルの名前>』でアクセスできるようになります。

 

7. 設置したファイルをブラウザで見てみよう!

Webブラウザ(safari、chrome等)を立ち上げて、『http://localhost/test.php』にアクセスしてみてください。
無事画面が表示されれば設定完了です。お疲れ様でした。

 

下記のように『文字化け』する場合は、『エンコーディング』の設定が必要です。

お使いのブラウザがsafariの場合、safariのメニューから『表示』⇢『テキストエンコーディング』⇢『Unicode (UTF-8)』を選んで下さい。

■ 設定が終わったら、関連するPHPの授業に『受けたい』を押そう!


こんな人にオススメ

これからプログラミングの勉強をはじめたい人