AI人材に必要な線形代数

AI人材に必要な線形代数

2022年10月11日最終更新(全4回)

コース概要

本コースは、数学のテーマ特化型授業として『線形代数』について学んでいきます。

線形代数で必ず扱う行列の計算方法や、AIのアルゴリズムでの活用シーン、データを行列として扱った場合の解釈方法について学んでいきましょう。

 

【コース全体で学べること】
① 行列 (足し算・引き算や単位行列や対称行列など多様な形をした行列について)
② 行列の活用シーン (行列分解・残差平方和)
③ 固有値・固有ベクトルの意味

 

【授業のゴール】
線形代数 (行列) の計算方法とAIの計算過程でどのように役立っているのかを理解する


【受講対象者】
全般

【レベル感】
中級者向け

「微分」についての基本的な理解を深めたい方は、下記の授業を履修の上のご受講をお奨めしております。
◯ 数学についての学び直しから始めたい方:AI人材に必要な高校数学
◯ AIと数学の結びつきを知りたい方:AI人材に必要な数学概論

 

■ ご登壇いただく講師

内場 崇之 (うちば たかゆき) さん

「株式会社すうがくぶんか」という大人のための数学教室で統計学、機械学習、量子コンピュータに関わる数学を教えています。データ分析業、機械学習関連事業の技術顧問などを経て、株式会社すうがくぶんかの取締役社長に就任しました。修士(理学)、統計検定1級(人文科学優秀者)取得。

 

株式会社すうがくぶんか