5/6(Thu)

今日の生放送

かねびし きよし

金菱 清

関西学院大学社会学部

1975年大阪生まれ。関西学院大学大学院修了。博士(社会学)。災害社会学。『生きられた法の社会学―伊丹空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか』(2008年新曜社、日本社会学会奨励賞著書の部受賞)。編著『3.11慟哭の記録―71人が体感した大津波・原発・巨大地震』(2011年新曜社、出版梓会新聞学芸文化賞受賞)。2013年文藝春秋にて「識者が選んだ108人(今後10年間に世界的な活躍を期待できる逸材)に選ばれる。編著『呼び覚まされる霊性の震災学―3.11生と死のはざまで』(2016年新曜社)。編『私の夢まで、会いに来てくれた』(2018年朝日新聞出版)。2019年第9回社会調査協会賞。2019年より放送大学客員教授『災害社会学』

金菱 清

登壇している授業のカテゴリー・関連タグ

担当のコース

これからの時代、社会課題を知ることは「教養」の一つになります。   「多様性」を社会に実装するために求められるのは、社会にある課題や多様な価値観を理解する力。それらを理解するためには、社会が抱える課題の背景や構造、また捉え方について知ることが必要です。   「教養としての社会課題入門」シリーズは毎月開講。「なんとなく知っているけど理解はできていない」さまざまな社会課題についての「視点」や「捉え方」をアップデートしていきます。   ——これまでの授業——   ■LGBT入門——性における認識をアップデートする(fair 松岡宗嗣) ■はじめての不倫学——「社会課題」として考える(ホワイトハンズ 坂爪真吾) ■ホームレス問題から「貧困」について考える(ビッグイシュー日本 佐野未来) ■「子どもの貧困・教育格差」に大人はどう向き合うべきか(チャンス・フォー・チルドレン 今井悠介) ■アメリカ大統領選を前に考える「黒人差別問題」の本質と行方(ニューヨーク現地レポート:HSWジャパン渡邊裕子) ■薬物、ギャンブル、アルコール……「依存症」という社会課題の捉え方(ギャンブル依存症問題を考える会 田中紀子) ■誰もが「生き直せる」社会に——2人に1人が再犯者となる刑務所出所者の更生支援(株式会社生き直し 千葉龍一) ■日本の中にある「難民問題」——日本で生きる難民たちの今を知る(弁護士 駒井知会) ■3.11被災者たちが見る「亡き人の夢」の意味——遺族たちの「夢」を思考する(関西学院大学社会学部 金菱清) ■“おっちゃん”たちに誇りを取り戻す——ホームレス問題に挑む社会起業家が見つけた「働く意味」(Homedoor 川口加奈)     ※各授業の概要は、以下の「授業リスト」からご覧いただけます。

担当の授業一覧 全1授業

3.11被災者たちが見る「亡き人の夢」の意味——遺族たちの「夢」を思考する

第9回 3.11被災者たちが見る「亡き人の夢」の意味——遺族たちの「夢」を思考する(60分)

2021年3月8日放送

関連死を含め死者・行方不明者が2万2167人となった東日本大震災から2021年3月11日で10年を迎えます。震災で大切な人を亡くした遺族は、その後、どんな想いをしながら過ごしてきたのか。 そんな被災者遺族が見る「亡き人の夢」をテーマに調査した記録があります。それが、『私の夢まで、会いに来てくれた——3.11 亡き人とのそれから』という本です。 「夢の中」の調査から見えてきたのは、一瞬のうちに「遺族」となった人たちにとって、「夢」は亡き人とのリアルな対面方法であるということ。そしてそれは、遺族の日常を支えるかけがえのないものでした。 本授業では、身近な存在を亡くした人々が見る「夢の中」に着眼した記録を通じ、被災地で生きる人々の「今」を学びます。   ■講師 金菱 清 関西学院大学 社会学部 1975年大阪生まれ。関西学院大学大学院修了。博士(社会学)。災害社会学。『生きられた法の社会学―伊丹空港「不法占拠」はなぜ補償されたのか』(2008年新曜社、日本社会学会奨励賞著書の部受賞)。編著『3.11慟哭の記録―71人が体感した大津波・原発・巨大地震』(2011年新曜社、出版梓会新聞学芸文化賞受賞)。2013年文藝春秋にて「識者が選んだ108人(今後10年間に世界的な活躍を期待できる逸材)に選ばれる。編著『呼び覚まされる霊性の震災学―3.11生と死のはざまで』(2016年新曜社)。編『私の夢まで、会いに来てくれた』(2018年朝日新聞出版)。2019年第9回社会調査協会賞。2019年より放送大学客員教授『災害社会学』