「相手に伝わる」文章を書く技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「相手に伝わる」文章を書く技術 ①
第1回:2013年4月5日公開 01:00:00

「相手に伝わる」文章を書く技術 ①

受講する

仕事でメール等、テキストを使ったコミュニケーションをする機会が多い方、そうした文章を書くことに苦手意識を持った方を対象に、日常的な文章、おもにメールやブログなどをもっと気軽に楽しく、そしてもっと読み手に伝わるように書くための方法を全3回にわたって学びます。

この授業を通じて、自分の伝えたいことを文章で伝えられる楽しさと、そのための具体的な方法論を身につけましょう。

授業一覧
「相手に伝わる」文章を書く技術 ①
2013年4月5日公開
01:00:00

この授業では、日常的な文章ーーおもにメールやブログなどーーをもっと気軽に楽しく、そしてもっと読み手に伝わるように書くための方法を全3回にわたって学びます。

第1回目は、まず「文章を書き始める前に必要なこと」を考えます。出版や編集の現場では、まず「誰に」「何を」伝えたいのか? から始まり、つねに読み手を意識しながら構成や文体を決めていきます。いきなり書き始めてしまう前に “文章力養成マインドマップ”を使って、思考を整理しましょう。

第2回目は、「実際に文章を書くときのプロセス」を考えます。編集者やライターなど、いわゆる文章のプロが実際に行っている手法や考え方を学びましょう。良い文章とは? 伝わる文章とは何か?「話し言葉(口語)」と「書き言葉(文語)」の違いとは? 絶対にやってはいけないことは? といった疑問にも答えます。

第3回目は、2回目に公募する予定の課題の公開添削です。これまでの講義内容を確認しながら具体的な添削サンプルを示すことで、伝わる文章を書くコツをつかみます。

「伝わる」文章とは、書き手の思いをぶつけるだけでなく、読み手の「共感」を喚起する文章のことだと私は考えます。この授業を通じて、自分の伝えたいことを文章で伝えられる楽しさと、そのための具体的な方法論を身につけましょう。

「相手に伝わる」文章を書く技術 ②
2013年4月12日公開
01:00:00

この授業では、日常的な文章ーーおもにメールやブログなどーーをもっと気軽に楽しく、そしてもっと読み手に伝わるように書くための方法を全3回にわたって学びます。

第1回目は、まず「文章を書き始める前に必要なこと」を考えます。出版や編集の現場では、まず「誰に」「何を」伝えたいのか? から始まり、つねに読み手を意識しながら構成や文体を決めていきます。いきなり書き始めてしまう前に “文章力養成マインドマップ”を使って、思考を整理しましょう。

第2回目は、「実際に文章を書くときのプロセス」を考えます。編集者やライターなど、いわゆる文章のプロが実際に行っている手法や考え方を学びましょう。良い文章とは? 伝わる文章とは何か?「話し言葉(口語)」と「書き言葉(文語)」の違いとは? 絶対にやってはいけないことは? といった疑問にも答えます。

第3回目は、2回目に公募する予定の課題の公開添削です。これまでの講義内容を確認しながら具体的な添削サンプルを示すことで、伝わる文章を書くコツをつかみます。

「伝わる」文章とは、書き手の思いをぶつけるだけでなく、読み手の「共感」を喚起する文章のことだと私は考えます。この授業を通じて、自分の伝えたいことを文章で伝えられる楽しさと、そのための具体的な方法論を身につけましょう。

  • 前回の振り返りと今日のアジェンダ
  • 01:19
  • コミュニケーション方法の割合
  • 01:04
  • 伝わる文章を書くための「5つのプロセス」
  • 04:00
  • 「伝わる」文章を書くポイント
  • 04:55
  • ブログタイトルの付け方のポイント
  • 01:37
  • 文章を書いた「後に」必要なこと
  • 01:55
  • 編集・校正の基礎知識
  • 05:22
  • 校正・加筆修正していく際のポイント
  • 09:11
  • 途中で迷ってしまったときには
  • 00:51
  • 文章力UPのトレーニング
  • 03:43
  • 文章を書くことは「意識的」な行為
  • 02:42
  • 第3限目までの課題発表
  • 03:00
  • Q:読者目線で文章を校正するときに気をつけることは?
  • 01:14
  • Q:レジュメを書くのが苦手なのですが、コツはありますか?
  • 03:10
  • Q:この作者、文章が読みやすいというようなお手本はありますか?
  • 01:38
  • Q:難しい言葉を使うよりも簡単な言葉で書くことはどうでしょうか?
  • 02:46
  • Q:伝えたいことがあるブログ記事は、何文字くらいが理想ですか?
  • 01:29
  • Q:ボキャブラリーの増やし方で、毎日気をつけることはありますか?
  • 01:57
  • Q:おすすめの辞書はありますか?
  • 00:44
  • Q:読み切りの良い感じがする、文章の終わり方はありますか?
  • 01:20
  • Q:文章構成力を鍛えるために、落語を聴くのはいかがでしょうか?
  • 00:46
  • Q:誰もが理解出来る言葉を使っていると、文化がやせ細っている気がします
  • 04:47
  • 次回への課題発表
「相手に伝わる」文章を書く技術 ③
2013年4月26日公開
01:00:00

この授業では、日常的な文章ーーおもにメールやブログなどーーをもっと気軽に楽しく、そしてもっと読み手に伝わるように書くための方法を全3回にわたって学びます。

第1回目は、まず「文章を書き始める前に必要なこと」を考えます。出版や編集の現場では、まず「誰に」「何を」伝えたいのか? から始まり、つねに読み手を意識しながら構成や文体を決めていきます。いきなり書き始めてしまう前に “文章力養成マインドマップ”を使って、思考を整理しましょう。

第2回目は、「実際に文章を書くときのプロセス」を考えます。編集者やライターなど、いわゆる文章のプロが実際に行っている手法や考え方を学びましょう。良い文章とは? 伝わる文章とは何か?「話し言葉(口語)」と「書き言葉(文語)」の違いとは? 絶対にやってはいけないことは? といった疑問にも答えます。

第3回目は、2回目に公募する予定の課題の公開添削です。これまでの講義内容を確認しながら具体的な添削サンプルを示すことで、伝わる文章を書くコツをつかみます。

「伝わる」文章とは、書き手の思いをぶつけるだけでなく、読み手の「共感」を喚起する文章のことだと私は考えます。この授業を通じて、自分の伝えたいことを文章で伝えられる楽しさと、そのための具体的な方法論を身につけましょう。

タグ
担当の先生
受講生代表
  • 未定

    未定

この授業を受けたい(260人)
その他 183人

受けたい授業ランキング

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×