名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう 〜3章 誤解されない名前〜

この授業では、プログラミングの名著『リーダブルコード —より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック 』を日本語版の解説者である須藤功平先生と一緒に読み解き、信頼できる読みやすいコード、リーダブルコードの書き方を学ぶことができます。

■ 参考書籍


参考書籍: リーダブルコード

リーダブルコード

※1 「読みやすいコード」ではなく、あえて「リーダブルコード」という言葉を用いています。リファクタリング」という言葉が広まり「コードをよくすること」が当たり前になっているように、リーダブルコードという言葉が広まり、「読みやすいコード」がより当たり前になるといいという考えに基づくものです。

こんな人にオススメ
全般

プログラミング経験者で、リーダブルコードを書きたい方。変数や関数の命名に自信が持てない方。

スライド資料
担当の先生
受講生代表
  • 塩原 桜

    塩原 桜

    スクー放送部

受けたいランキング
新着の生放送授業
関連授業

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×