chevron_left PowerPoint入門 仕事上のスライド作成効率化

PowerPoint入門 仕事上のスライド作成効率化

PREMIUM
第3回

ビジネスパーソンのためのPowerPoint入門 -発表をするときに知っておくこと-

2015年3月16日 60min

会員登録して、全てのスライドを見よう

1 / 27

授業の概要

■授業で使うサンプルファイル

PowePoint 2003 以前の方 → http://bit.ly/1HVcYUj
PowePoint 2007 以降の方 → http://bit.ly/1GKfYBJ

PowerPoint はプレゼンテーション用の資料作成および発表を行うためのツールです。下記のように利用シーンは 1 つではありませんし、希望もいろいろ。どんな使い方をしてもかまいません。

■ オンスクリーンでプレゼンしたいとき

 ・かっこいいスライドにしたい
 ・スマートに話したい
 ・見やすいデザインにしたい
 ・アニメーションや動画を使って解説したい
 ・時間をかけずに作りたい

■  紙の資料を作りたいとき

 ・かっこいいスライドにしたい
 ・説明をする人がいる。補足資料を作りたい
 ・紙だけが独り歩きする可能性がある。わかりやすくまとめたい
 ・パンフレットみたいにしたい
 ・時間をかけずに作りたい


プレゼンのプロは PowerPoint なんてなくてもかっこよくスマートに完璧なプレゼンをします。
「プレゼンをかっこよく行いたい」のと「PowerPoint を使えるようになりたい」は別の話ですね。PowerPoint はプレゼンを補完するためのツールだということを忘れずに目的別の勉強しましょう。

「PowerPoint」や「プレゼン」というキーワードで探せば、著名な方々のあらゆる書籍や講座がありますが、経験の浅い方が「プレゼン力をつけるための学習」と「PowerPoint の使い方を知るための勉強」を一緒に行うのは結構つらいです。

この連続授業では「PowerPoint を使えるようになりたい」を叶えるための「PowerPoint の基本機能と使い方」をご紹介します。

第 3 回は下記の内容をご紹介します。(順番は変わることがあります。)
■ 特殊効果の必要性 (画面切り替え効果、アニメーションについて)
■ 配布資料を作るときの注意
■ 発表をするときに使いたい機能 (ショートカット キー、ボタン、設定)
■ ビデオ ファイル、プレゼンテーション ファイルの作り方 など

こんな人にオススメ

既存のスライドや絵 (図形や図) を再利用して資料作成する方