5/26(Sun)

今日の生放送

Yahoo!ニュースによるNewsHack術

エンジニアとデザイナーが担ったジャーナリズム -3.11のヤフー-

第1回:2015年4月2日公開

90min

エンジニアとデザイナーが担ったジャーナリズム -3.11のヤフー-

おためし受講する(5分)無料

コース概要

この授業では、Yahoo!ニュースのオウンドメディアのジャーナリズム、見出し力、立ち上げ術、コンテンツマーケティング、データ分析などを通して、Webマーケティングを学べます。

こんな人にオススメ

技術制作からPMを目指す方・インフォグラフィックやデータジャーナリズムに興味のある方

担当の先生

パーソナリティ

  • 大木 しのぶ

    大木 しのぶ

    スクー放送部

  • 青島 莉子

    青島 莉子

    スクー放送部

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

参加したい受講生 : 1820

カテゴリー

タグ

月額980円で、4,600本以上の授業が見放題

授業リスト

エンジニアとデザイナーが担ったジャーナリズム -3.11のヤフー-

2015年4月2日公開

90min.

3.11後、国民に伝えるべき情報は多様で日々変わりゆくものであり、計画停電の情報や電力利用状況など編集部のテキストベースのみで表現するのは困難でした。そこでデザインと技術の力によりジャーナリズムの役割を担えないか切磋琢磨いたしました。結果として「電力メーター(電気予報)」は2011年のグッドデザイン賞を受賞いたしましたが、それに至るまでの数々の失敗談も交えながらお話しいたします。

■この授業で学べること

・色味ひとつで国民の誤解を招くデザイナーの責任
・アプリをダウンロードさせるためのアクセント
・開発職・デザイナー職が担うべきプロジェクトマネジメント

■予定しているアジェンダ

・速く伝えるには(計画停電情報等)                        
・伝わりやすくするには(電力メーター・電気予報)                        
・届けやすくするには(防災速報等)                        
・いつも使ってもらうには(ニュースアプリ防災通知)

スライド資料

何が「ニュース」なのか Yahoo!ニュースに学ぶ価値判断と「見出し力」

2015年4月6日公開

90min.

1日4000本のニュース記事の中からトップに載せる「トピックス」を選ぶ編集部。その編集部の体制やトピックス作成の流れを解説します。

どんな基準でニュースを選んでいるのか。読まれるニュース、読まれないニュースとは何か。読まれないニュースでも掲載するのはなぜなのか。編集方針や判断基準について説明します。

ソーシャルメディアの登場やメディアの多様化で変容を続けるニュースの世界。その変容を概観するとともに、幅広い話題を一見して内容がわかるように13文字見出しに凝縮する技術を読み解きます。

■予定しているアジェンダ

・Yahoo!ニュースの編集部の体制や仕組み
・トピックスを選ぶ編集方針や判断基準
・ニュースの変容と13文字の見出し作りの難しさ

  • 自己紹介&アジェンダ
  • 03:57
  • Yahoo!ニューストピックスについて
  • 05:02
  • ニュース編集部の構成と新人教育
  • 04:52
  • Yahoo!ニュース編集部の歴史
  • 02:13
  • 「トピックス」の構成と掲出までの流れ
  • 05:40
  • Yahoo!ニュース編集部の特徴
  • 02:19
  • トピックスを選ぶ編集方針と判断基準
  • 03:14
  • 読まれているニュースのジャンル
  • 03:25
  • 見出しの学習効果
  • 03:47
  • ニュース価値をどう判断しているか
  • 03:18
  • ニュースの種類
  • 04:02
  • 同じようなニュースが複数の媒体から配信があった場合どうするのか
  • 03:42
  • ニュースの変容
  • 03:27
  • ネットにアップされる「現場」
  • 03:46
  • 不正確な情報が訂正されずに固定
  • 04:23
  • 「既報」という概念の変化
  • 03:42
  • 13文字の見出しを付ける[基本編]
  • 07:14
  • 13文字の見出しを付ける[発展編]
  • 02:40
  • 13文字の見出しを付ける[番外編]
  • 05:17
  • Q:政令指定都市ではない八戸に拠点をおいた理由を支障がなければ教えて下さい。
  • 01:05
  • Q:簡素にまとめる訓練などはあるのでしょうか?
  • 00:59
  • Q:競合するサイトを意識していますか?
  • 01:38
  • Q:漢字とひらがな、カタカナの配分などはどうなっていますか?
  • 00:45
  • Q:伝えるための文章力をつけるのに大事なものは何だと思われますか?
  • 01:20
  • Q:見出しの付け方がうまかったかどうかは、どう評価するのでしょうか?
  • 01:20
  • Q:PCとスマホで読まれる記事の傾向は異なるのでしょうか。
  • 01:03
  • Q:これからもスマホのPVが増える傾向にあると思われますか?
  • 00:45
  • Q:見出しを付ける際に一番気をつけている事を教えて下さい。
  • 00:55
  • Q:PCとスマホで記事を出し分けることはしないのでしょうか。

スライド資料

Yahoo!ニュースの事例で学ぶオウンドメディア立ち上げ術

2015年4月13日公開

90min.

Yahoo!ニュースでは昨年11月にスタッフブログをリニューアルし、新たにオウンドメディアカテゴリ「news HACK」をはじめました。

この授業では、自社ブログなどを立ち上げる際に決めておくべきポイントや、ユーザーに届くコンテンツ作成のポイントなどを、news HACKの経験をもとに解説いたします。

Yahoo!ニュースは月間100億PVのニュースサイトです。すでにある程度認知度のあるサービスがなぜ今オウンドメディアを立ち上げる必要があったのでしょうか。

顧客の認知度をあげたい、ブランド力を高めたい…オウンドメディアを立ち上げる動機はもちろんそれぞれ異なると思います。今回はYahoo!ニュースの事例をフックに、どの企業や個人にも応用できるような考え方をお伝えいたします。

■予定しているアジェンダ

・そもそもなぜ、Yahoo!ニュースはオウンドメディアをはじめたの?
・オウンドメディアをはじめよう!何から決めたらいいの?
・オウンドメディアでスタートダッシュを決めるためのポイントは?
・読まれるオウンドメディアのコンテンツを作るには?

スライド資料

Yahoo!ニュースが考える「コンテンツマーケティング」

2015年4月20日公開

90min.

昨今よく耳にする「コンテンツマーケティング」の構成要素である【作る→載せる→届ける→測る】に沿ってその全体像やトレンドを解説します。

その上で、なぜYahoo!ニュースがコンテンツマーケティングを提唱するのか、インターネット上では情報が溢れ返る中、これからのマーケティングはどのようになって行くかを、一部前回授業でも取り扱った「Yahoo!ニュースのオウンドメディア」を例に交え解説します。

最後に、コンテンツをユーザーへ届けるために考えるべきポイントやヤフーの持っているソリューションを事例とともにご紹介します。

コンテンツメーカーの方や、新しいマーケティングの形を考えたい方の一助になるような授業です。

■予定しているアジェンダ

・そもそもコンテンツマーケティングって何?                        
・コンテンツマーケティングが流行ってきているの?                        
・Yahoo!ニュースがコンテンツマーケティングを考えるってどういうこと? 
・これからコンテンツをユーザーへ届けるには?〜Yahoo!コンテンツディスカバリーの事例から〜

  • 自己紹介&アジェンダ
  • 05:12
  • コンテンツマーケティングとは
  • 02:48
  • コンテンツマーケティングのサイクル
  • 05:29
  • 広告との違い
  • 02:33
  • ネイティブアドとの違い
  • 05:02
  • コンテンツマーケティングにできること
  • 08:53
  • Yahoo!ニュースが考えるコンテンツマーケティング
  • 04:06
  • なぜメディアがマーケティングの主役になる新たなチャンスなのか
  • 05:19
  • Yahoo!ニュースがコンテンツマーケティングで提供する「届ける」の機能
  • 01:56
  • コンテンツを届ける上での課題
  • 05:00
  • Yahoo!コンテンツディスカバリー
  • 05:00
  • コンテンツマーケティング活用事例1 THEPAGE~ニュースサイト~
  • 04:54
  • コンテンツマーケティング活用事例2 おうちマガジン~不動産オウンドメディア~
  • 04:49
  • コンテンツマーケティング活用事例3 Full Lifeマガジン~生活情報メディア~
  • 03:25
  • 今回のふりかえり
  • 02:01
  • Q:良いコンテンツと評価する尺度はありますか?
  • 01:25
  • Q:効果の高いコンテンツと高くないコンテンツの違いはなんでしょうか?
  • 02:11
  • Q:ユーザーの思考にマッチしたコンテンツを提供するサービスということですが、会員登録したユーザーに対してですか?
  • 01:00
  • Q:コンテンツの中身を充実させるのと、スポンサーの広告やお知らせのバランス調整はどのように考えてますか?
  • 03:44
  • Q:素人が1からコンテンツマーケティングをするには何が必要ですか?
  • 01:14
  • Q:ユーザーファースト視点で、Yahoo!プラットフォームだからこそ可能になるマーケティング手法、という理解でしょうか?
  • 02:16
  • Q:コンテンツマーケティングと検索エンジン対策との関連性などなにかありましたら・・・
  • 02:56
  • Q:活用事例について
  • 01:22
  • Q:キュレーションメディアはどこがコンテンツマーケティングではないのでしょうか?

スライド資料

Yahoo!ニュースの育て方 データ分析の活用術

2015年4月23日公開

90min.

ひと月の閲覧数が100億ページの日本最大級のニュースサイトとして知られるYahoo!ニュース。パソコンのみならず、スマートフォンでも圧倒的な利用者数を獲得し、今もなお成長を続けています。

パソコン時代の王者といわれたYahoo!ニュースは、スマホ時代においてもなぜ成長を続けることができているのか?その鍵は「データ」にありました。

繰り返されるライブテスト、編集とデータの関係、そしてYahoo!ニュースが求めるデータアナリストとは?Yahoo!ニュースの担当者自ら、Yahoo!ニュースの育て方をスクーで初めてお話しします。

データ活用の基本から応用まで、実践に役立つフレームワークと、「圧倒的普通」なメディアであるYahoo!ニュースだからこそわかった事例をご紹介します。授業を通じて、データドリブンな成長につなげるヒントをつかんでいただけたらと思います。

■予定しているアジェンダ

・データ活用のフレームワークを理解する
・ライブテストの本質を学ぶ
・データを意思決定に活かす

スライド資料

プレミアム生放送

関連授業

人気の生放送授業

もっと見る

新着の生放送授業

もっと見る

アクティビティ